on 家づくり その後 (no comments)

壁面本棚を作成しました

壁面本棚を作成しました。

いきなりだけど、こちらが完成した本棚の写真。



高さは約2.5メートルで、横幅は約1.8メートル。
掛かった費用は1万4千円くらい。

なかなか良い感じ。
ということで、以下詳細です。

まず、こちらが設計イメージ。

コンセプトというかイメージは、「カフェっぽくて圧迫感がない本棚」。
同時に、出来るだけ大収納にしたいなあ、という感じ。

中途半端な高さよりは、天井まで伸ばした方が圧迫感なくスッキリするので、高さは天井まで。
奥行は出来るだけ浅く。
家具というよりは、「壁の一部」というイメージで考えています。

棚の支えは、コの字型のパーツを、トントンと上に積み上げていく感じ。
本も重量物だし、棚板そのものも相当重いので、ダボレールとかアングルを使うのはちょっと怖い。
何が頑丈かというと、やっぱり側面ではなく、地面というか下方向で支えるのがベストだよなあ、、
ということで、こういう形にしました。
2×6 のこの支えがひしゃげる事はあり得ないので、相当頑丈です。


ホームセンターで買ってきた 2×6 材。

木についてはいろいろ考えたんだけど、
全体を白のペンキで塗る=木目や木の質感はあまり重要ではない、
ということで、普通にホームセンターに売っている SPF材 (+ホワイトウッド) にしました。

使うサイズは、2×6 (ツーバイシックス)。
よくある 2×4 (ツーバイフォー) より、幅が少し広いです。

まず厚みだけど、普通の本棚であれば 1x〇 (=ワンバイ、厚み18ミリ) が一般的だと思う。
でも、ナチュラル系のカフェっぽい感じを出すなら、棚板はもっと板が太い方が良い。
ちょうど 2×4、2×6、2×8 辺りの規格モノは値段が手頃だし、デザイン的にも 2x〇 (=ツーバイ、厚み38ミリ) がちょうど良かったので、あまり悩むことなくこの厚みにしました。

高さと奥行はかなり悩んだんだけど、それはまた後で。。


下準備として、サンドペーパーで端の面取りと、表面の下地調整をします。

手が触れないところは 120 くらい、手が触れるところは 240 くらいでペーパーを掛けると良い感じでした。
と言っても面積が広いので、正直オービットサンダーとか電動で作業しないとやってられない感じ。。

今使っているのはマキタのオービットサンダーだけど、これは本当に買って良かった。
手で押さえてるだけで木がスベスベになるというのは、素晴らしい。。

塗装にはこのペンキを使っています。
カンペハピオ (ハピオフレンズ) の、水性ウレタン塗料

真っ白で、ベタツキが無くて、匂いがきつくないもの、ということで
家を建ててくれた工務店さんに相談したら、この塗料を勧められました。

このサイズ (0.7L) で、1800円くらい。
家の近くだと、コーナンには置いてなかったけど、コーナンプロには置いてました。
Amazon でも普通に売ってます。

ペーパーを掛けて下地を整えた 2×6 に、上の塗料を塗ってるところ。

塗ってから30分くらいで表面がサラサラになって来るので、これだけの量であれば、
一通り全パーツを塗り終わると、最初に塗ったものはもう渇いてる。

水性なので匂いも無いし、よく伸びて塗りやすい。
ウレタン被膜を構築するのでベタツキもなし。

そこそこ水で薄めて塗れば木目を出せるし、
あまり薄めず塗ったり二度塗りしたりすれば、木目が出ないようにも出来る。

ということで、
表面+側面1つ → 裏面+もう片方の側面 → 表面+側面を二度塗り、
という感じで、連続して作業が出来ました。

素晴らしい作業性。すごく良い。

今までは、何かとよく目にする「バターミルクペイント」を使ったりしてたんだけど、
刷毛の後は付きやすいし、モノによってはペリッと簡単に剥がれたりするしで、
実はあまり好きじゃなかった。

この水性ウレタンは、刷毛の後はかなり付きにくいです。
水で薄めすぎたり、木目に沿わず円を描いて塗ったりしたら当然刷毛の模様が出ちゃうけど、
普通に気を付けて塗ってれば、刷毛の後はほとんど見えません。
鉄みたいな金属にも OK ということで、被膜も相当強い。

工務店さん曰く、「さくら色」とか「うすわかくさ色」みたいな微妙な風合いの色もあるから、
白やクラシックホワイトをベースにこういうカラーを少し混ぜることで、
ナチュラル風味の自分好みの色も作りやすいらしい。

ちょっと万能すぎてビックリする感じ。今後は、

・腐食が気になるところはキシラデコールのワイス(=白)、
・シックで深みのある茶色にしたい時は、ワトコオイル+ブライワックス (WATCO + BRIWAX)、
・それ以外は全部、このカンペハピオの水性ウレタン

で良いんじゃないかな、と思ってます。


塗装が終わったら、最後のペーパー掛け。
320 かそれ以上で、表面を軽くヤスリ掛けします。

この作業で、刷毛から抜けた毛が付いてるのは取れるし、微妙な凹凸も解消される。
固く絞った濡れタオルで拭き取ると、触ってて気持ちが良いくらいにスベスベになります。


そう言えば一つ、2×6 を使う時の注意点。
2×6 くらいに太くて幅のある木材になると、反りや歪みは元に戻せないと思っておいた方が良いです。

U字型にほんの少し反ってるレベルなら、水で濡らして強制すれば、ちょっとはマシになるかもしれない。
でもそれ以外は、カンナで削ったり、接合部をノミで水平にしたりと、物理的に削る以外に手が無くなります。
そのため、「購入時に出来るだけ反ってない真っ直ぐなモノを選ぶ」 というのが、とても重要。

今回購入したときは、選りに選りました。
だって、4本中3本くらいは反ってるんですよね。。
店頭にはちゃんと真っ直ぐなのを並べろよ!と、だんだん腹が立ってくるレベル。
2×6 の 12フィート (3.6m) ともなると結構重いから、棚に戻すのも一苦労だし。。

で、上の写真は、めんどくさくなって適当に買ったものが見事に反っていて、
何とかならないかと万力で固定して重しを載せているところ。
1.5日がんばりましたが、全く解消されず。 結局ビクともしませんでした。。

逆に言えばそれだけ頑丈ということで、「本の重みで棚がしなる」 なんて事はあり得ないレベルの強度です。
大人が乗って思い切りジャンプしまくっても、足が痛くなるだけで、棚板の方はビクともしない。
多分、車で踏みつけても平気な顔してると思う。

塗装も終わったので、最後の工程、組み立て。
と思ったら、巾木のことを考えてなかったので、もう一度外に出して、巾木の分をのこぎりでカットしました。

と同時に、天井の高さを測り間違ったみたいで、40ミリほど足りない。。
仕方ないので、足りない分のパーツを切り出して、裏から長さ 60ミリくらいのコーススレッドで止めてます。

組み上げて本を入れてみたところ。
奥行きについては、2×6 (=幅140ミリ) か 2×8 (=幅184ミリ) がで、結構悩みました。

文庫は奥行き105ミリ、マンガは少年誌系が113ミリで、
青年誌系が128ミリ。ハードカバー系は145ミリ前後。。

出来るだけ薄くしたいので 2×6 を使いたいんだけど、
ハードカバーを入れることを考えると 2×8 が無難、、??

検討の結果、「ハードカバー系も置くけど、メインは文庫とマンガだよね」 ということで、
ここは奥行き優先、2×6 (140ミリ) に決定。
下段だけ 2×8 にする、という案も検討したんだけど、接合部の強度が心配なのと、
デザイン的にも微妙になりそうだったので、やめました。

で、実際置いてみると、ハードカバー (これは辞書だけど、、) は予想通りちょっとはみ出るけど、正直気になりません。
これならハードカバーメインでも大丈夫なんじゃないか、というぐらいに気にならない。

あと、2×6 の奥行だと、こんな感じでドアを開いたときに、ほとんどドアの厚みと同じになります。
だから、ドアを開けたときに 「何か家具がある」 という感じがしなくて、すごく圧迫感が小さい。

この辺も、奥行きを小さくして良かったなと思う。

高さについても結構悩みました。

上がスカスカだと見た目が悪いので、文庫 (高さ148ミリ) を入れてもスカスカにならないようにしたい。
本を取り出すときに斜めに傾けて取り出すことを考えると、対角線の長さが入るくらいの余裕も欲しい。。

実際に高さをいろいろ変えて、見た目と取り出しやすさを検討した結局、
マンガの高さ (182ミリ) プラス 30ミリは余裕があった方が良さそうなので、最低でも 210ミリ。
ただ、210ミリだとピッタリハードカバー系の本 (高さ 210ミリ) が入らず使い勝手が悪いので、
10ミリ追加して 220ミリに統一することにしました。

雑誌とか教科書系は高さ 260~270ミリぐらいなので、こちらも 30ミリ余裕を持って 300ミリ。
A4 は入るけど、A4 を収納するクリアファイルとかは、微妙に高さが足りないかな、ぐらいの高さです。

ということで最終的には、文庫+コミック+ハードカバー用には高さ 220ミリ、
それ以外の雑誌や教科書、絵本用は 300ミリで決定。

まあこちらは奥行きと違って、左右の板を短くしたり、棚板の間にちょっと薄い板でも噛ませたりすれば
簡単に高さを変えられるので、使ってみて気に入らなかった変えればいいかな? という感じ。


あと、組み上げについて。
改めて、設計イメージがこちら。

実は、この本棚全体で、右側の側板固定用のアングル1個所しか、ネジ止めはしていません。
元々はいろいろネジ止めするつもりだったんだけど、取りあえずということでドンドン棚板を載せて見たら、
もうそれだけでネジ止めとか全然要らないレベルで安定してました。

さすがに右端の側板は、放っておくとドア側に倒れてしまうので壁に固定しないといけないんだけど、
それ以外、本の重さは下方向に掛かるので、側板はあくまで 「ガイド」 的な感じで、力はほとんど掛かりません。
そのため、側板を保持するアングルは、さっきの一つで十分。

あと、普通の家具としての本棚だと、棚板を持って手前に引っ張ると本棚全体を倒すことが出来るけど、
これはコの字型のパーツが一段一段組み合わさっているだけなので、棚板を持って手前に引っ張っても、ビクともしない。

まあ、地震に備えて一番上の棚にくらいは壁に固定するアングルを付けるかもだけど、それナシでもすごい強度。
少なくとも子どもの力では、この本棚は絶対倒せない。
この本棚でロッククライミングしても倒れないと思う。

あとは、ブックエンド。


棚板の支えに使っている木の板に、こんな感じでアングルを付けると完成。

このアングル部分が上に来るように、本棚に差し込んで使います。
そのままだと高さがピッタリすぎるので、1ミリくらい削っておけばスッと入って良い感じ。

もちろん、アングルじゃなくても、真っ直ぐな金属板を上部に付けるとかでも良いと思う。
今回は、このアングル2個の方が安かったので、これを使ってます (2個で90円くらい)。
ちなみにこのアングルも、カンペハピオの水性ウレタンで白に塗装。

最後に、全体のサイズと費用について。

両サイドは天井までなので、我が家の場合は 2470ミリ。
棚板は、ドアに干渉しない最大の長さである 1670ミリ。
2×6 は厚みが 38ミリくらいあるので、実際の本棚の長さは、38 x 4 = 152ミリを足した 1822ミリになっています。

棚の高さは、一番下が 100ミリ。掃除機のノズルが入る高さということで、この高さにしました。
後々はこの奥に間接照明を仕込んで、本棚の下からふんわり灯かりが漏れるようにしようかなと考えてます。

本を入れるところの高さは、文庫本やコミック系は 220ミリ、大き目の本を入れるところは 300ミリ。
最初の写真だと、一番下と一番上が 300ミリで、それ以外の高さは全て 220ミリです。

ということで木材パーツとしては、

・側板 : 2470ミリ * 2枚 = 4,940mm
・棚板 : 1670ミリ * 8枚 = 13,360mm
・棚の支え (100) : 100ミリ * 1段 * 左右で2枚 = 200mm
・棚の支え (220) : 220ミリ * 5段 * 左右で2枚 = 2,200mm
・棚の支え (300) : 300ミリ * 2段 * 左右で2枚 = 1,200mm
・ブックエンド (220) : 220ミリ * 6枚 = 1,320mm
・ブックエンド (300) : 300ミリ * 1枚 = 300mm

で、合計 23,520ミリ。

12フィート (=3,658ミリ) が税込み 1,600円くらいだったので、木材費は、12フィート 1600円 * 7枚= 1万1200円くらいでした。
ペンキは 0.7L でちょっと余るくらいなので、まあ一缶分と考えて 1800円。
あとは、刷毛とかアングルとか木材カット費などの細々したものが 1000円以内。

合計で1万4000円です。

この半分くらいの横幅で、天井まである本棚が、これよりちょっと安いかな? くらいの値段なので、
パーティクルボードじゃなくて、ちゃんとした木を使ってることを考えても、
費用的にもなかなか良い感じかな、と思う。

on 未分類 (no comments)

ブログ移転しました

ご無沙汰しております。。

家づくりの備忘録として fc2 でブログを始めたんですが、
更新してないと 1ヵ月で広告が出ちゃうのがどうもイヤで、
このたび fc2 からこっちのサイトにブログを引っ越してきました。

どれぐらいの頻度で更新できるか分かりませんが、
今後ともよろしくお願いいたします。

# 広告が出なくなったら、さらに更新頻度が落ちるかも。。

on 家づくり その後 (2 replies)

キッチンエイドのスタンドミキサー2

キッチンエイドのスタンドミキサー」 の続き。

US版アマゾンから、キッチンエイドのミキサーが届きました!

kithenaid3 (1)

すごい。超速い。。

7/16 (土) に注文で 7/23 (土) に届いたから、1週間で届いたことになる。

kithenaid3 (1)

送料 55.64 ドルの一番安い発送プランにしたのに、このスピード。

9~14営業日って書いてたのに、実際は 7日しか掛かってないし、
そもそも普通に土日も発送&配達作業してくれてるし。。

これ、楽天で倍近いお金払って買った場合よりも速いんじゃない? って思う。。

kithenaid3 (7)

普通に Amazon のダンボール。
日本に着いてからは、いつも通り佐川らしい。

kithenaid3 (2)

kithenaid3 (3)

懸念していた初期不良だけど、
何の問題もなく、普通に動きました

kithenaid3 (4)

電源プラグはアメリカタイプ。

なんだけど、うちはデザイン的に、アメリカンタイプのコンセントプレートを
いっぱい使っているので、変換プラグとか必要なく、そのまま使えました。

ちなみにコンセントプレートは、この凹みタイプのものではなく、
ESSENCE というメーカーが出しているフラットタイプのプレートがお勧めです。

DSC09616.jpg

これですね。
In the bottle lamp
エッセンスの、「ブランカ」 というコンセントプレートです。

理由は単純で、大きい電源プラグを挿すときに、
上の凹みタイプは、周りの盛り上がった部分がプラグに干渉するから。

あとこちらのフラットタイプの方が、すっきりしていて飽きが来ないから、
このフラットタイプを7~8割、凹みタイプをアクセントとして2~3割、
というのが、バランスの取れた使い方かな? と思う。

kithenaid3 (8)

結局、価格は送料込みで 38,885円でした。
日本での実売価格が7万くらいなのに。。

ちなみに、アメリカは 120V / 60Hz なので、大概のものは日本でも動きます。
関西はアメリカと同じ 60Hz だし。

日本の製品 (100V) をアメリカ (120V) で使い続けるなら、
若干 AC/DC コンバータ部分の寿命が短くなるかもだけど、
120V 想定が 100V にドロップしたぐらいで、どうにかなるものでも無いし。

on 家づくり その後 (no comments)

キッチンエイドのスタンドミキサー

キッチンエイドのスタンドミキサーを買いました!
(まだ届いてないけど)

kithenaid (3)

↑キッチンエイドの公式ページ

KithcenAid、Artisan (アルチザン) シリーズの、「KSM150PSAC」 というもの。
ボールの容量が 5クォート (=約4.7リットル) なので、
パン生地を 300~400g ぐらい、一度に捏ねれるかなという感じ。

って、何でそんなことをわざわざ記事にしてるかというと、
今回は日本ではなく、あえて海外(アメリカ)のサイトで購入してみたから。

日本での販売だと、このタイプはどこも 69,980円くらいします。
それも、日本用に開発されたものじゃなく、ただの並行輸入品。

高っ! と思って US版の Amazon.com で調べてみると、
全く同じものが何と 279.98ドル!
3万円もしないので、何と日本で買うときの半額以下!

マジでかー!と思って、取り合えず、日本発送が可能なのかと、
送料がどれくらいなのかを確認することに。

kithenaid (4)
kithenaid (5)

まずは、US版 Amazon のアカウントを取ります。
日本版 Amazon とはアカウントが別なので、US版を別に取る必要がある。

ここで取ったアカウントに日本の住所を入れて、
Amazon の注文画面で住所選択まで行くと、日本に送れないものには
ワーニングが出てきて、カートから削除しないと次に進めなくなります。

kithenaid (6)

スタンドミキサー本体は、日本発送可能!
ただ残念ながら?、2年保証は海外発送できないみたい。

うん?と思って、キッチンエイドの公式サイトで取扱説明書とか保証書を見てみると、
USとカナダとプエルトリコ以外での使用は、そもそも保証対象外なんですね。
日本ではメーカー保証も効かないんだから、当然2年保証も不可。

というか、楽天とかで並行輸入品を売ってるのはどうするんでしょうね。
楽天の販売サイトを見ると、明確には書いてないんだけど、
どうも基本的に新品交換になるっぽい。

そういうのも含めて、アメリカで買うと3万円以下のものを、
日本では7万円で売ってるのかもしれないけど、
それにしてもちょっと差が大き過ぎる。

ということで、楽天のショップに保証の詳細を問い合わせするのは止めて、
もうこのまま Amazon で買うことに。
壊れても、新品をもう一台、買えちゃうからね。。

そもそも、そんなに精密じゃない、こういう工具に近いようなものは、
かなりタフに作られてるし、壊れても自分で修理することを意識して作られてるし。

KitchenAid は、もうすぐ創業100年になろうかという老舗メーカー。
そこのヒット商品の初期不良率が、そんなに心配するほど高いはずがない!

US版 Amazon のレビュー (6,000件超) を見ると、
何か親子2代で使えるぐらいに、タフ&修理のしやすい商品っぽいし。

まあ、ものすごい確率でハズレを引いちゃったら、
それはその時ということで。。

kithenaid (2)

ってことで、購入画面まで来ました。
配達にざっくり 2週間ぐらい掛かるのが一番安くて、送料6,000円くらい。

追記:2016/7/24
結局、↑の配達プランでも1週間で届きました!
キッチンエイドのスタンドミキサー2

Amazon では、自動で日本円に両替して決済してもらうことも出来るんだけど、
それだと 1ドル約 110円と、ちょっと割高になります。

kithenaid (1)

ということで、Amazon ではドルのまま決済して、
クレジットカードの方のレートを使うことに。

MasterCard のレートを見ると、手数料込みで1ドル105.50円くらい。
5円くらい違うので、1800円くらいの差になります。

ということで、送料込みで、約38,000円!
送料まで含めると、半額とまでは行かなかったけど、
日本プライスより 3万円くらい安くなりました

もし初期不良に当たったとしても、今後何十年も使うことを想定すると、
部品用として捉えればいっかーっと思ってます。

YouTube で検索したら、修理方法の動画がすごいいっぱい出てくるしね。
見た感じ、やっぱりすごくメンテナンスしやすい感じに作られてるし。
やたらと古いモデルの動画も多いので、やっぱりタフなんだなあと思う。

on 家づくり その後 (2 replies)

月桂樹のカイガラムシの退治

ローリエを植えました」 と、
ローリエの剪定と収穫」 の続きです。

DSC08595a.jpg

さて、購入当時からカイガラムシがついていた、我が家の月桂樹。

「ルビーロウ カイガラムシ」 という種類のカイガラムシなんだけど、
知識が無かったために大繁殖を許したのが、去年の夏。

ほとんどの枝が、びっしりカイガラムシの覆われていたんだけど、
今年は何とか、まったく見当たらないレベルにまで退治することが出来ました。

その辺のことを少し。

まず、カイガラムシを退治するのに一番効果的だったのは、
「手で物理的にこすり落とす」 です。

大繁殖しちゃってるなら、なおさら。
ルビーロウカイガラムシは、気になるレベルの
大きさになった後は足が退化して歩いたり出来ないので、
枝や葉っぱから落とせば、それで終わり。

ということで、まずは、目に付いたカイガラムシを、
軍手でもはめて擦り落としましょう。

こう、「お茶碗についたまま乾燥したご飯粒を、指で落とす」
感じに似てるかな…
ぐっと力を入れると、ポロッと落ちるので。

DSC04036.jpg

でもやっぱり、見逃しもあるし、まだ小さいのは退治しにくい。
ということで、薬剤も併用するのが良いのかなと思う。

うちで使った薬剤の中で、一番カイガラムシに効果があったのが、
住友化学園芸の 「カイガラムシエアゾール」 でした。
ジェット噴射で、薬剤が出てくるタイプ。

どうせ虫刺されスプレーみたいに、ちょっとしかジェット出ないんでしょ?
だったら枝全部にスプレーを掛けるなんて無理だよ。
、と思って買ってなかったんだけど、、、

よく行く園芸屋さんに相談すると、これが一番効くとのこと。
今販売されているものは、浸透移行性もプラスされているらしい。

いざ使ってみると、スプレーじゃなくて、ジェットですね。
こう、火炎放射器の勢いを、1/5 くらいにしたみたいな感じ?
いや、ラッカースプレーの強力版、の方が分かりやすいか。。

ちょっとプッシュしただけで、ターゲットの枝の周囲2~3本まとめて
しっかり濡れるぐらいのレベルで薬剤が掛かる。

量もそこそこあって、我が家の ↓ の月桂樹全体に使っても、
まだ多分、1/3 くらいは残っています。

DSC04020a.jpg

で、その効果なんだけど、しっかり効いてるみたい。

掛けてから一週間後くらいに、目に付いたカイガラムシを落としていたら、
どうも死んでるみたいで、触れただけでポロッと取れる感じ。

「何かカイガラムシが元気が無いというか、乾燥してカサカサに
 なってる気がするなあ、、落としやすくて良いけど、、」

なんて、最初は完全に忘れてたんだけど、
ふと 「あ、あの薬剤か!!」 と思い当たった感じです。

見にくい位置にいたヤツの中で、ときどき生きてるのもいたけど、
かなり効いてる印象があります。
ベニカ J スプレーとは大違い。
まあこれはオリーブのハマキムシにはよく効くから良いんだけど。。

この記事を書いてるのは、剪定&収穫から一ヶ月?くらいなんだけど、
去年あんなにいたカイガラムシが、今年はほぼゼロに近いレベルにまで
いなくなったんじゃないかと思う。

ということで、月桂樹についた、
ルビーロウ・カイガラムシの退治方法をまとめます。

* * *

① 要らない枝や葉っぱを剪定する。
  内向きに生えている枝と、汚い葉っぱを落とした後に、
  重たい部分をすく感じで。

② 軍手を嵌めて、目に付いたカイガラムシを擦り落とす。
  歯ブラシとかじゃなく、軍手そのままが一番効率的。
  このとき、小さい白い斑点みたいなのも、しっかりこすり取る。
  これが、ルビーロウカイガラムシの赤ちゃんなので。

③ カイガラムシ・エアゾールを噴射。

④ その後、毎朝とかじゃなくても良いので、ちょっと時間があるときに
  カイガラムシがいないかチェック。
  見落としてたヤツらが大きくなって見つけやすくなるので、
  見つけ次第こすり落とす。

⑤ 1ヶ月後にもう一度、カイガラムシエアゾールを噴射。
  カイガラムシエアゾールの浸透移行性の効果は、1ヶ月くらいらしい。

⑥ カイガラムシがいなくなるまで、④ と ⑤ を繰り返す。

DSC04023.jpg

ぐっと新芽が出るのが4月。
5月に入ると、新しい葉っぱが一気に大きくなります。

↑の写真の明るい緑のが、今年出た新しい葉っぱなんだけど、
この子たちがカイガラムシの餌食になったり、
すす病で黒くなったりさせないためには、

4月までに ③ まで終わらせておいて、
4月に入ってからは ④~⑥ を行う感じが良いのかなと思う。