on 家づくり その後 (3 replies)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

DSC03382.jpg

薪ストーブがフル稼働。
火が見たくて付けるものの、暑い!と言われて窓を開けられる。。

DSC03404.jpg

お正月には薪ストーブで鯛を焼きました。

DSC03414.jpg

完成!

魚はあまり、「焼き過ぎる」 ということが無い。
ピザと違って焦げるのはうろこだし、焦げてるのがまた美味しい。
調理する方としては気が楽です。

DSC03298.jpg

調子に乗って、次はお肉を。

DSC03309.jpg

いざ焼いてみたのだけど、熾き火が少なく、残念ながら火力が弱い。。
どんどん肉汁が出てくる上、中央までなかなか火が通らなくて、焦る。。

こういう良い天気の日は、ストーブの火力を上げると
窓を開けても追いつかないくらい暑くなってしまう。
焼く直前に小さい薪でブーストをかけたのだけど、
やっぱりそれだと熱量が足りなかったみたい。

この後、試しにお肉をスライスして IH で焼いてみたんだけど、
こっちの方が火加減を調整できて美味しかったです。

外気が氷点下とかなら、ガンガン焚けるんですけどね。。
「無理にストーブで焼く必要は無い」 という良い教訓になりました。

DSC03331.jpg

夕方、小腹が空いてきた辺りで、次はピザを焼きます。
さすがにずーっと窓を開けていると、少しだけヒンヤリしてきたので
今度は炉内をしっかり暖めてからのトライです。

お肉と違って、ピザはやっぱり、薪ストーブで焼いた方が美味しく感じる。
まあ、そんな気がするだけで、ブラインドテストすると「有意差なし!」になるかもだけど。。

DSC03378.jpg

こちらは、翌日の朝食(ブランチ)。

DSC03396.jpg

DSC03376a.jpg

“あけましておめでとうございます” への3件の返信

  1. お肉は、塊のままではなく、ある程度の適当な厚みにスライスしてから、適度の熾き火で焼けば、IHに負けない焼け具合になったと思います。

    調理のタイミングと炉内の熾き火の量をコントロールするのがポイントです。(調理の時間から逆算して薪を焚く)

    ある程度、慣れてくると自然にできるようになると思います。

  2. かわはらさん、
    熾き火の量に合わせて、お肉の分厚さを調節する、という発想がありませんでした。
    ご指摘の通り、スライスすればちょうど良い焼け具合になっていたと思います。

    我が家の場合、ストーブ料理を連続で行うと
    どうしても室温が希望よりも上がってしまうようなので、
    IH と適度に使い分けするのがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)