on 上棟から引渡しまで (no comments)

アイボリーの屋根瓦

次は、アイボリーの屋根瓦の写真を。

2013-0704=1028-08.jpg

7/4 (上棟 31日目) は、久しぶりの雨。

なかなか決まらかった煙突の位置がようやく決まったので、
この日からようやく、屋根瓦が付けられることになった。

2013-0704=1028-39.jpg

こちらが、敷地に積み上げられた瓦。
早速いい感じ

選んだのは、三州野安セラマウントの European Classy シリーズ
カラーは、アイボリーの一色。

DSC09242.jpg

普通は、アイボリー 65%、オレンジ 35% などと、カラーを混ぜることが多いらしい。
「いいな」、と思うカラーが2色以上あると、「両方使おうか」 となるのはよく分かる。

我が家も一度は2色の組み合わせを考えていたのだけど、
いろいろと検討した結果、色は混ぜず、アイボリーの一色にすることに決めた。

一番大きな理由は、2色以上のカラーを使って、
何だかヘビみたいな感じになっちゃった屋根を見掛けたから。

それもあって、様々なカラーの組み合わせの写真に目を通した結果、
アイボリー一色が一番シンプルで綺麗そうだという結論に。

DSC09246.jpg

壁も、真っ白の漆喰だから、窓サッシと合わせて、真っ白な外観になる予定
焼き物の本物の瓦だから、耐久性も抜群らしい。

あと、瓦の断熱性能についても調べたのだけど、
瓦という素材自体の熱抵抗率は、そんなに高くない。

だけど、瓦のおかげで屋根の下地と屋根の表面の間に空気層ができるため、
それが室内への熱の伝導を、著しく下げてくれるらしい。

DSC09229.jpg

2013-0704=1102-08.jpg

こちらは、板金屋さんが、雨じまいの水切りを設置してくれているところ。

既製品をポンッと付ければ良いという訳ではなく、一箇所一箇所、
その場の形状に合わせて調整しないといけないらしい。

2013-0704=1650-56.jpg

完成!
すごく良い感じの職人さんだった

2013-0704=1651-59.jpg

正面のシングルハングの下はこんな感じ。

DSC09247.jpg

こちらは、二階の北側、階段上部の FIX 窓。

DSC09256_20130706233424.jpg

最後にこちらは、家の正面にあたるところ。
煙突(本物!)とアイボリーの瓦… 早くみたい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *