on 上棟から引渡しまで (1 reply)

アンテナ設置 DIY #02

前回のアンテナ設置の続き。

まず最初に、BS/CS アンテナの方向の調整を行う。

このアンテナチェッカーの仕様として、BS/CS の受信レベルの確認のためには、
テレビやブースターなどから、同軸ケーブルを経由して電源を受け取らないといけない。

まあ何か理由があるんだろうけど、
UHF (地デジ) は単4電池で行けたので、面倒ではある。

DSC00179.jpg

ということで設置したブースター。
DXアンテナの 「GCU33L2」 という機種で、UHF と BS/CS の混合、及び増幅が出来る。

これでチェッカーへの電源供給を行い、アンテナの方向を調整することに。

DSC00184.jpg

アンテナを適当に左右に動かしていると、一瞬チェッカーの LED が真っ赤に。

LED が光るところまで少し戻り、チェッカーの感度を落として微調整。
こちらも地デジと同じく、本当にあっという間に調整ができてしまった。

ちなみに、上下方向は 「仰角」 で、左右方向は 「方位角」。
仰角は地域によって 41.5度などとはっきりと決まっているので、
地面に対してアンテナを垂直に設置できている限り、微調整は要らない。

今回調整したのは、方位角。

今回のチェッカはあくまで角度調整用の簡易チェッカーなので、
レベルが最大になる向きは分かっても、受信レベルの絶対値は分からない。

電気屋さんとかなら、ちゃんと絶対値を測定できる機器を持ってるんだけど、
そんなものを買う余裕はない。 (あったら自分で設置せず頼んでる)

ということで、実際にテレビに接続して、映るかを確認すると、、、

DSC00206.jpg

映った!!

しかし、ギリギリの感度で映っているのか余裕があるのかは、これだけでは分からない。
そのため、テレビに付いているレベル確認機能を使ってレベルを見てみる。

DSC00224.jpg

最大値 72 に対し、ピークが 68。
ブースト前でこの数値は悪くない
結構マージンがある。

BS/CS に切り替えてレベルを見てみるが、こちらも問題なし!

DSC00209.jpg

地デジの自動チャンネルスキャンの結果、想定していたチャンネルは全て検出できている模様。
一つ一つのチャンネルでレベルを確認するが、どれも問題ない。

、、、どうやら、上手く設置できたらしい

ただ、わざわざ重いテレビをここまで運んだのだから、念には念を入れて、
すべての経路を実際の入居後の経路と同じにして、確認することに。

DSC00273.jpg

同軸ケーブルが足りなくなってきたので、新たに作成。
こちらは、ブースターに付属していた、S-5CFB 用の F型接線。
作るのは慣れればとても簡単。

1階の室内にテレビを降ろし、負荷はないものの分配器を間に挟んで、
いざ、電源オン!

DSC00261.jpg

映った~!!

DSC00251.jpg

UHF/BS/CS すべて、アンテナレベルも問題なし!

あとは最後に、コーキングなどでサイドベースの
ネジ止め部分の防水処理を行い、すべて完了。

壁面取り付け用のサイドベースと 1.6m マスト、
地デジアンテナ、BS/CS アンテナ、ブースター、分配器、、

全て合わせても、ざっくり2万5千円くらい。
ちゃんと映ってくれて、本当によかった。。

“アンテナ設置 DIY #02” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。