on 家づくり その後 (no comments)

ウッドデッキを白で再塗装

DIY ネタが続きます。

先日降った大雪。(そのときの記事
この子がやってくれました。

屋根に降り積もった雪が、ウッドデッキに落ちてきたんだけど、
その雪、裏というか屋根に接してた部分がめちゃくちゃ汚くて、
雪を除けて溶けた後に見てみると、ウッドデッキがエライことに。。

DSC06106.jpg

ゴシゴシやっても取れない。。
雪の日を境に、一気にウッドデッキが黒ずんでしまいました。

よーく見ると、若干カサカサしてる気もする。
ということで、この辺で油分の補給というか補修することに。

DSC06097.jpg

塗るのはこちら。
キシラデコールの 「ワイス」 です。

前評判?というか工務店さんに聞いていた通り
近くのホームセンターには置いていなかったので、ネットで購入。
この1.6リットル缶で、4,500円くらいでした。

DSC06112.jpg

コテバケで塗っていきます。
右側が塗った後で、左側が未塗装。

このコテバケは、自力で二階の床を塗装したときの余り。
あの頃は本当によくがんばったなあと思う。。(「漆喰と無垢床と電気工事 #01」)

DSC06135.jpg

全面の塗装が終わったところ。
薄汚れた感じは無くなったけど、まだ 「真っ白!」 とは言えない感じ。

もっと輝く白さを!ということで、
翌日もう一回上から塗ることにしました。

あと、塗ってる途中で雨がポツポツ降ってきて、
軽く雨の後がついちゃったのも二度塗りの理由です。。

DSC06202b.jpg

ということで、こちらが次の日に二回目の塗装が終わったところ。

DSC06200a.jpg

もう一回くらい重ね塗りしても良いかな?とも思うけど、
他にもいろいろと DIY やっていて疲れてきたので、
取りあえずはこんなところにしておきます。。

DSC06221a.jpg

ちなみに、ネジの頭が見えていたところは、
こんな感じで白のボンドコークで埋めました。
(まだ全部は出来てないけど、、)

ヒビ割れしていたところもこのボンドコークで穴埋め。
実はこの作業の方が、コテバケでキシラデを塗るより断然大変だった。。

DSC06222a.jpg

ついでに外構の柵も、キシラデコールでメンテナンス。

こちらは何とか、気になる隙間は全部ボンドコークで白に埋め終わりました。
(写真ではまだネジの頭が残ってます)

ネジの頭とかヒビ割れた部分が白くなるだけで、全然印象が変わります。
いずれは全ての隙間を白で埋めたい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。