on 家づくり その後 (no comments)

キッチンエイドのスタンドミキサー

キッチンエイドのスタンドミキサーを買いました!
(まだ届いてないけど)

kithenaid (3)

↑キッチンエイドの公式ページ

KithcenAid、Artisan (アルチザン) シリーズの、「KSM150PSAC」 というもの。
ボールの容量が 5クォート (=約4.7リットル) なので、
パン生地を 300~400g ぐらい、一度に捏ねれるかなという感じ。

って、何でそんなことをわざわざ記事にしてるかというと、
今回は日本ではなく、あえて海外(アメリカ)のサイトで購入してみたから。

日本での販売だと、このタイプはどこも 69,980円くらいします。
それも、日本用に開発されたものじゃなく、ただの並行輸入品。

高っ! と思って US版の Amazon.com で調べてみると、
全く同じものが何と 279.98ドル!
3万円もしないので、何と日本で買うときの半額以下!

マジでかー!と思って、取り合えず、日本発送が可能なのかと、
送料がどれくらいなのかを確認することに。

kithenaid (4)
kithenaid (5)

まずは、US版 Amazon のアカウントを取ります。
日本版 Amazon とはアカウントが別なので、US版を別に取る必要がある。

ここで取ったアカウントに日本の住所を入れて、
Amazon の注文画面で住所選択まで行くと、日本に送れないものには
ワーニングが出てきて、カートから削除しないと次に進めなくなります。

kithenaid (6)

スタンドミキサー本体は、日本発送可能!
ただ残念ながら?、2年保証は海外発送できないみたい。

うん?と思って、キッチンエイドの公式サイトで取扱説明書とか保証書を見てみると、
USとカナダとプエルトリコ以外での使用は、そもそも保証対象外なんですね。
日本ではメーカー保証も効かないんだから、当然2年保証も不可。

というか、楽天とかで並行輸入品を売ってるのはどうするんでしょうね。
楽天の販売サイトを見ると、明確には書いてないんだけど、
どうも基本的に新品交換になるっぽい。

そういうのも含めて、アメリカで買うと3万円以下のものを、
日本では7万円で売ってるのかもしれないけど、
それにしてもちょっと差が大き過ぎる。

ということで、楽天のショップに保証の詳細を問い合わせするのは止めて、
もうこのまま Amazon で買うことに。
壊れても、新品をもう一台、買えちゃうからね。。

そもそも、そんなに精密じゃない、こういう工具に近いようなものは、
かなりタフに作られてるし、壊れても自分で修理することを意識して作られてるし。

KitchenAid は、もうすぐ創業100年になろうかという老舗メーカー。
そこのヒット商品の初期不良率が、そんなに心配するほど高いはずがない!

US版 Amazon のレビュー (6,000件超) を見ると、
何か親子2代で使えるぐらいに、タフ&修理のしやすい商品っぽいし。

まあ、ものすごい確率でハズレを引いちゃったら、
それはその時ということで。。

kithenaid (2)

ってことで、購入画面まで来ました。
配達にざっくり 2週間ぐらい掛かるのが一番安くて、送料6,000円くらい。

追記:2016/7/24
結局、↑の配達プランでも1週間で届きました!
キッチンエイドのスタンドミキサー2

Amazon では、自動で日本円に両替して決済してもらうことも出来るんだけど、
それだと 1ドル約 110円と、ちょっと割高になります。

kithenaid (1)

ということで、Amazon ではドルのまま決済して、
クレジットカードの方のレートを使うことに。

MasterCard のレートを見ると、手数料込みで1ドル105.50円くらい。
5円くらい違うので、1800円くらいの差になります。

ということで、送料込みで、約38,000円!
送料まで含めると、半額とまでは行かなかったけど、
日本プライスより 3万円くらい安くなりました

もし初期不良に当たったとしても、今後何十年も使うことを想定すると、
部品用として捉えればいっかーっと思ってます。

YouTube で検索したら、修理方法の動画がすごいいっぱい出てくるしね。
見た感じ、やっぱりすごくメンテナンスしやすい感じに作られてるし。
やたらと古いモデルの動画も多いので、やっぱりタフなんだなあと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *