on 上棟から引渡しまで (no comments)

システムバス設置

上棟 26日目。

ようやく出張から帰って来たので、
もう周りは薄暗かったけど、その足で現場へ。

2013-0628=1918-29.jpg

夜の雰囲気も良い感じ

2013-0629=1031-13_20130629121605.jpg

こちらは翌朝の風景。

2013-0629=1021-38.jpg

2013-0629=1021-07.jpg

天井には木の枠が張られ、
また外壁の方でも、透湿防水シートの外に板が張られ始めた。

着々と出来てきてます。

2013-0629=1022-13.jpg

さて、こちらは先週に取り付けが完了した、TOTO サザナのシステムバス。
いざ中へ・・・!

2013-0629=1026-02a.jpg

2013-0629=1026-06a.jpg

ほぉぉお~~

さすが 1620 サイズ、広い!
今のお風呂の2倍近くある

壁のアクセントパネルは 「チアフル」、それ以外の三方の壁は 「プリエベージュ」。
天井は 「アーチ天井」 で、浴槽は 「ワイド浴槽」。

2013-0629=1030-06.jpg

2013-0629=1026-38_20130629124337.jpg

へぇぇえ~~

TOTO のショールームに行ったときに、同じ 1620 サイズの展示が2つあったのだけど、
なぜか片方の方が広く、もう片方は狭く見えた。

最初は理由が分からず、入口の向き? 浴槽の形? などと考えていたけど、
最終的に 「あ、これだ!」 と思ったのは、「鏡の向き」。

縦長タイプと横長タイプで、もう全くと言って良いほど広さの体感が違っていた。
で、実際に我が家に設置された鏡を見ると、、、

うん、やっぱり鏡で正解。
横向きの鏡のおかげで、横方向の長さが強調されて、広く見える。

+18,500円で縦長から横長に変更できるのだけど、
これは本当にコストパフォーマンスが高いと思う。

2013-0624=1029-23.jpg

こちらは、オプションのタオル棚。
+6,800 で、このメタリック調のタオル棚が付けられる。

2013-0624=1029-27.jpg

これで、冬、お風呂から上がるとき、ドアを開けなくてもバスタオルが取れる

2013-0624=1031-16.jpg

こちらは、ドア外のタオル掛け。
オプション価格は、確か 5,500円。

取り合えず今のところは 「これに使う!」 ということは無いけど、
絶対に 「あって良かったあ~」 としみじみ思う日が来るはず!

デザイン的にも、付いてた方がキレイだし。

2013-0629=1033-04.jpg

こちらは追炊き加工。

これを初めて見たときは、ちょっとショックだった。
というのは、本当はもっと下に付けたかったから。

冬に少しだけお湯をはって足湯をするのが好きなのだけど、ぬるくなったお湯を
追炊きで温めるには、その穴のある部分の上までお湯をはらないといけない。

穴を開けちゃった以上、今から高さを変えるなんてことは出来ないと思いながらも、
どうしても気になるので、TOTO に電話して聞いてみることに。

取り合えず、もう設置済みであることは告げず、
そもそも任意の高さに取り付けることが出来たのかどうかを聞いてみると、、、

「追炊き加工の高さは、浴槽の構造上、任意に調整することは出来ない」 とのこと。

ub_01.jpg

TOTO の技術の方が詳しく教えてくれたのだけど、追炊き加工ができる場所は、
ワイド浴槽の場合、浴槽の 「長辺方向」 と 「短辺方向」 のどちらかになる。(当たり前か…)

で、各々の場合の取り付け高さは、構造上、以下の位置で決まっているらしい。

 ・長辺方向 : リムから 310mm / 浴槽の底から 190mm
 ・短辺方向 : リムから 350mm / 浴槽の底から 150mm

リムというのは浴槽の縁のこと。 浴槽の深さはトータル 500mm。

2013-0620=1042-38.jpg

改めて少し前に撮ってもらった写真を見てみると、
家に到着した時点ですでに穴が開いているし・・・

要は、TOTO のサザナでワイド浴槽を選択した以上、
追炊きの穴が希望の位置より高くなってしまうことは避けられないらしい。 

残念なのは変わりないが、構造上もう決まってしまっていて
自分の努力ではどうにもならないと分かり、気分的にはかなり楽になった

まあそれにエコキュートの場合、タンクにたまっている高温のお湯で足し湯をした方が、
追い炊きをするよりも経済的らしいので、足湯に関しては別に心配しなくても良いのかも。

 #要は、「追い炊き」 よりも 「足し湯」 の方が、使う水の量は増えるが、使う電気は減る。
 #前者より後者の方が高額なので、トータルで見ると足し湯の方が経済的。

2013-0629=1037-33_20130629140254.jpg

気を取り直して二階へ。

二階にも断熱材が入ってきている。
長さが足りず、下の方に隙間が開いているところが・・・ (左から4個目)
どうする予定なのか、あとで聞いてみることに。
(追記:直してもらうことになりました)

2013-0629=1036-45.jpg

あと、透湿防水シートに、ところどころに穴が…

一通り、フロアから目視確認できるところを見て回ったら、
3箇所に補修が必要と思われる穴が開いていた。
(追記:こっちも直してもらうことになりました)

何はともあれ、今のところ、
ほぼ理想に近い形で家が出来上がって来てます

スタイルハウスさん、大工さん、
そしてサポートしてくれている皆さまに感謝!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。