on 家づくり その後 (no comments)

ホームシアターについて2

ホームシアターの続きです。

ホームシアターについて

今回は、使用感云々ではなく、リアの配線の話ばかりですが。。

DSC00980.jpg

ソニーの BDV-N1B を買ったのが前回。

全体的にまだ 「取り合えず設置しました」 レベルだったので、
ひとまずリアスピーカーのケーブルを何とかすることに。

前回も書いたけど、BDV-N1B のスピーカー端子は、
本体側のみ専用のコネクタが使われています。

が、配線そのものは普通のスピーカー配線なので、
いくらでも切って貼っての延長が可能。

なんだけど、ちょっと面倒だったので、今回はソニーから直接
BDV-N1B 用の 10メートル・リアスピーカーケーブルを購入しました。

代引料金を含めて 5,000円くらいだったかな。
ちなみに、標準で付属のリアケーブルは 5メートルです。

20130714200849fc9_20150620223012fd3.jpg

ホームシアタースピーカーを設置している子どもリビングには、
こんな感じでテレビ側に複数の先行配管を通してあります。
(懐かしい… がんばって穴を開けました… )

この配管を使って、リアスピーカー用のケーブルを、
部屋の後方の壁まで持っていきます。

ちなみに 1階からは、今のところ
LANケーブルとテレビ用の同軸ケーブルが延びてきています。

LANケーブルは、ネット用じゃなく DLNA 用。
映画とかフル・ハイビジョンの映像の転送が可能です。

DSC00985.jpg

さっそく、導線ワイヤーを通します。

部屋の前方のテレビの裏から入れたワイヤーが、
部屋の後ろの壁に開けた穴から出てきたところ。

DSC00986.jpg

ワイヤーの先端にスピーカーケーブルを付けて、
ぐいぐい引っ張ります。

なんだけど、ここで誤算が…

ワイヤーは15メートルあるんだけど、
どう考えても12メートルくらいは配管の中に入ってる。。

10メートルのケーブルでは足りません。
ということで、ケーブルをカットして、標準で付いてきた
5メートルのケーブルで継ぎ足しました。

結局継ぎ足すんだったら、ソニーから10メートルケーブルを
買わなくても良かったじゃん…という話なんだけど、
まあ、仕方ないです。

DSC00988.jpg

で、完成

コンセント部分は、パナソニックのブランクチップの
中央に、ドライバーで穴を開けただけ。

DSC01507.jpg

適当に高さ決めをしたので、高さが違ってますが。。

音質は、素人の耳で聞く感じでは、
延長前後で全く変わらない。

DSC01510.jpg

リアスピーカー用の受信機は、テレビの真下に置いただけ。
電波の方向的に大丈夫かな?と思ったけど、
問題なく受信できています。

フロント側は、まだ配線見えまくり。。

2×4 で、部屋の端から端まである簡単な机(テレビ台)を
作ろうとしていて、それが完成すれば隠れるはず

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *