on 家づくり その後 (no comments)

マキタのコードレス掃除機について4

またまた、マキタのコードレス掃除機についてです。

この機種は、本体内部にフィルターが付いていて、
それが目詰まりを起こすと吸引力が低下します。

これまで2回ほど、本体を分解してフィルターを水洗いしたんだけど、
そもそもこのフィルターって、何のためにあるんだっけ??

と疑問に思ったのがきっかけで、、

DSC05534.jpg

取ってみました。

結果としては、すごく良い感じ。

どんな粉末を吸い込んでも、目詰まりすることが無い(当たり前だけど)。
吸引力は、購入した当初より 「ちょっと強いぐらい」 を、ずーっとキープしてます。
ただ、音はちょっとだけ大きくなった気がする。。

細かい粉末を吸い込んだときに、それを本体内部のフィルターで止めるか、
そのまま外(室内)に排気するかの違いだと思うんだけど、

どんどん吸引力が低下していくぐらいなら、
そのまま外に排気してくれた方が良いと思う。

そういう微小粒子は、空気清浄機に任せます。

これで心おきなく、薪ストーブの炉台の灰を吸えるようになりました

※追記 2014/4/6

マキタ掃除機のその他の記事です。

マキタの掃除機を買いました
マキタの掃除機を分解修理
マキタのコードレス掃除機について3
マキタのコードレス掃除機について4」  ←

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *