on Web内覧会 (1 reply)

リモコンキーの電池が切れたときの玄関の開け方

ずーっと書きたかった、玄関のカギの話。
(玄関の紹介もしないまま、いきなりカギの話ですが、、)

DSC01588.jpg

LIXIL の断熱ドア 「ジエスタ」。
カラーは 「エクリュアイボリー」。

ジエスタ含め最近の LIXIL の玄関ドアには、
リモコンキーで解錠できるタイプのものがあります。

リモコンで鍵を開けられるからとても便利なんだけど、
鍵(リモコンキー)の電池が無くなると、
「入れない!」 という事態が発生します。

我が家は、入居して早々、そういう事態になってしまいました。。

DSC01591.jpg

これが、リモコンキーの受信部。

リモコンキーの電池が切れると、当然開きません。

DSC01592a.jpg

そういうときは、上の写真のように、
まず、リモコンを受信部に密着させます。

次に、リモコンキーを密着させたまま、もう片方の手で
上のボタンを押し続けます (1秒くらい)。

これで、開くはず。

key.jpg

ちなみに、タッチキーの説明書には、上のように書いてます。

正規の方法は、ピッピッと2回鳴るまでボタンを押して、
その後にリモコンキーを受信部(リーダー)に当てる、と。

ただこの正規の手順より、上で書いたやり方の方が
覚えることが少なくて良いと思います。

また、これさえ覚えておけば、
リモコンの電池は 「切れてから取り替え」 で OK です。
(リモコンのランプが点滅してるかとか、普段見ないので…)

我が家は、これを知らずに締め出されてしまったので、困りました。。
ネットで、「ジエスタ リモコン 電池切れ」 で検索しても、
上のやり方が出て来ないんですね。。

しょうがないから、ちょうど外構工事をしていた大工さんに
リモコンのフタを開けてもらって、中から出てきた電池 (CR2032) を
コンビニで買ってきて、何とか開けることが出来ました。

ということで、、
電池切れでカギが開かなくなった人が、スマホなどで
この記事を見つけて、無事に家に入れることを祈って、、

“リモコンキーの電池が切れたときの玄関の開け方” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。