on 家づくり その後 (no comments)

ローリエの剪定と収穫

ローリエを植えました」 の続き。

DSC04019a.jpg

庭の月桂樹を剪定して、
↑ のようなローリエの瓶詰めを作りました。

月桂樹を植えて、はや2年。
モサモサになって来たので、まずは剪定を行うことに。

DSC03701.jpg

モサモサの月桂樹。

曇りだからちょっと色が悪く見えるんだけど、
実際はもっと、緑がキレイです。

風の通りが悪いからか、カイガラムシの餌食に。。
うちの月桂樹に付いたのは、「ルビーロウカイガラムシ」 という種類。

去年(植えた次の年)に大発生したんだけど、薬剤があまり効かないので、
軍手をはめて、物理的に思い切りこすり落としました。
あまり「虫」という感じがしないので、気持ち悪い感じはない。

どうしてもいくつかは取り損ねちゃうから、なかなか全滅は出来ないんだけど、
絶対数がぐっと減ったからか、今年は控えめの発生でした。

DSC08595a.jpg

、、てかですねぇ、、

月桂樹を買ったときの写真(↑)を改めて見てみると、
梱包をほどいて植えた直後の写真で、
もうすでにカイガラムシが付いているんですけど。。

知識がなかったから気付けなかった。。
くやしい。。

※追記:
カイガラムシ、ほぼほぼ撃退できました。
月桂樹のカイガラムシの退治」 を参照。

IMG_1788.jpg

何はともあれ、剪定。

すごい勢いで枝を伸ばしていたみたいで、
いざ剪定すると、すごい量を切り落とすことに。

DSC03745.jpg

切り落とした枝から、きれいな葉っぱを選んで、水洗い。

どうも、熱湯に通すと香りが強くなるらしいので、
熱湯に通した後に流水で冷やして、ザルに上げました。

すごい量があるけど、これでも上で剪定した枝の
1/3 くらいしか処理出来ていません。。

DSC03749.jpg

水切りネットに入れて、縁側に干しています。

一応比較のために、水洗いだけ(熱湯なし)の
ローリエも干してみてます。

DSC03953.jpg

上の写真が、大体一週間目。

伸ばした状態で乾燥させている訳ではないから、
店で売っているローリエのような真っ直ぐではなく、
かなり丸まってしまっているけど、
まあ、料理に使えればそれで良いかな、と。

DSC04012_20160515110932858.jpg

乾燥から二週間経って、ビンに移し変えたところ。

100均 (セリア) で買った、1000ml のビンに入れています。
これ3個に入れたんだけど、それでもギリギリだったので、
かなり詰め込んだ感じに。。

このビンは、ガラスも分厚いし透明度も高いし開けやすいしで、
100均だけどかなり良い感じで、オススメです。
中には、同じく 100均で買った、乾燥剤も入れてます。

ちなみに右側でスタッキングしているのは、無印の小瓶。

水洗いだけ(熱湯なし)のローリエと比較してみたんだけど、
もう圧倒的に、熱湯に通した方が香りが強いです。

熱湯に通した方を嗅いだ後に、水洗いオンリーの方を嗅ぐと、
これは無臭か? と思うくらいに香りが弱い。

DSC04019a.jpg

少なくとも、2年分くらいは作れたかな。。

これだけ詰めて入れているからか、ふたを開けると、
ものすごく強くローリエの香りがします。

月桂樹を植えている人には、おすすめです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *