on 薪ストーブについて (3 replies)

ヴィンテージ開閉レバーについて2

薪ストーブのヴィンテージについて。

こちらの記事 に書いた、
扉のレバー部分の操作感の違和感についての続報です。
(かわはらさんも、こちらの記事 で触れられています)

これまでは、上下だけじゃなく前後方向にも
ガチャガチャ動く感じで、あまり心地よい操作感じゃなかった。

その旨を販売店さんに電話して聞いてみたら、
販売店さん経由で、メトスさんに問い合わせてくれました。

メトスさんによると、熱膨張時の引っ掛かり等の防止の為に、
ドアノブは上下と前後に動くのが 「仕様」 らしい。

ヴィンテージ揺れ幅

もちろん、先方も 「どれだけグラついてるのか」 が
分からないので、まだ一般的なことしか言えなくて、
これが正常の範囲内なのかの結論は出ていない。

上は、我が家のヴィンテージのグラつき具合を
写真に撮ったもので、上側は何も力を加えていない状態、
下側はノブを奥に押したときの状態。 (手前には動かない)

ブレ幅は、ラッチとイモネジの間で、大体3ミリぐらいある。

取り合えず販売店さんに上の写真をお送りして、

1)
「カタカタ」 というより 「グラグラ」「ガチャガチャ」 という
レベルでノブが動く。 (かなり気になるレベル)

2)
完全に冷えた状態と、天板中央が250℃オーバーで巡航運転している
状態で比較してみたけど、グラグラ具合は変わらない。
(あそび以上のグラつきがある、あるいはもっと締めても問題ない?)

点をお伝えしています。

あくまで 「正常の範囲内で」 だけど、グラつきが出来るだけ
小さくなるように調整できると良いなあ、と思っています。

ところで、この点について何か書いてないかな? と思って
Dovre 社のホームページから英語版の Vintage の仕様書を
ダウンロードしてきたんだけど、、

結構、日本語版に書いてない情報が載ってますね。
それはまた後日。。

“ヴィンテージ開閉レバーについて2” への3件の返信

  1. Mrうーさん、

    こんにちは、初めまして。
    まだ「症状」と言って良いものなのか分かりませんが、
    より気持ち良い操作感になるなら、嬉しいですよね。

    近々、販売店の方が確認に来てくれることになりました。
    そこで、いろいろと話を聞いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)