on 上棟から引渡しまで (no comments)

上棟 38日目

上棟 38日目。

DSC09436.jpg

梅雨らしい梅雨もなく梅雨が終わり、ものすごく良い天気

DSC09431.jpg

セメントか何かを混ぜていて、乾かないように日除けをしている。
ただのビニールシートなのに、何かすごく良い感じの空間ができている。

DSC09422a.jpg

そして、、、
ついに来た! アーチ!!

DSC09374a.jpg

大工さんがアーチに向かい、「今年もこの季節が来たかぁ」 的な言い方をしてたのが面白い
きっと、スタイルハウスさんと一緒にいくつもアーチを作ってきたんだなあ、と。

パントリーに洗面室と、アーチはまだまだ続きます

DSC09428a.jpg

そして次は、、、
ガラスブロック!!

DSC09368a.jpg

上が家の外から見たところで、下が家の中から見たところ。
ガラスの表面が汚れないように、接着には砂みたいなセメントを使うらしい。

DSC09366.jpg

かなり分厚い
これは玄関だけど、同じのがリビングにも付く予定。

pics (2)

そしてこちらは、いつもの差し入れ。

DSC09315.jpg

家の中に入ると、、、
キッチンの床に、メープルが!!

DSC09328.jpg

無垢のメープルの床材。
ラスティックグレードの、巾 130mm タイプ。

「ラスティック」 というのは、「節があったり色が均一じゃなかったりするよ」 という意味で、
逆に色ムラが少ないものは 「ナチュラル」 グレードと呼ばれる。

DSC09345.jpg

こちらは二階の床。
ラスティックが良い感じ  

どっちが良いか迷ったけど、「ラスティックの方が味があって良いですよ」 という
スタイルハウスさんの言葉を信じてラスティックを選んで正解だった。

130mm と広めの板幅も良い感じ

DSC09351.jpg

こちらはこの前がんばって開けた、CD管の先行配管と、同軸ケーブルの直配線。
2階から1階に向かっているのだけど、実はこういう2階と1階の貫通部分が、一番簡単だった。

というのは、大して力を入れなくても、体重を載せるだけで勝手に開いてくれるから。
下のように天井の梁に開けるには、脚立に乗って、頭の上に腕を上げて作業をしないといけない。

直配線だと φ15mm くらいの穴で良いから楽だけど、φ22mm の CD管だと φ30mm の穴を
開けないと通せなくて、かなり大変。 ドリルが重いから、とにかく腕が疲れるし。。

まあ、何十箇所も開けて、もう慣れたけど

DSC09313.jpg

DSC09397.jpg

次は、足場を登って大屋根の瓦を見に行くことに。

DSC09386.jpg

おおぉぉおっ!!

DSC09388.jpg

空がめちゃくちゃ青い…

DSC09402.jpg

足場の上から見た下界はこんな感じ。

DSC09438.jpg

最後に、最近届いた先行配管の次の材料を少し。

こちらは 「呼び線」 とか 「導線ワイヤー」 などと呼ばれるもので、
これを使って CD 管の中にケーブルを通したりする。

DSC09444.jpg

これは、壁の中に CD管を固定するためのもので、「スライドボックス」 と呼ばれる。
もちろん、こんなものを買うのは生まれて初めての経験

何だかんだでお金が掛かるけど、電気屋さんに頼むのと比べるとケタ違いに安上がり。
知識も増えるし

DSC09450.jpg

こんな感じで、アダプターを使わなくても、CD管をそのままスライドして固定することが出来る。
左が φ16mm で、右が φ22mm。 CD管と同じく、未来工業の製品。

HDMI を通そうと思っていたけど、今になってプラグ部分が通らないということが分かり、
ちょっとどうしたものかと思案中。。

プラグだけ別に買って、通した後ハンダ付けするか、
それとも LAN ⇔ HDMI の変換器を買って LAN を通すようにするか…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *