on 上棟から引渡しまで (no comments)

壁紙と水栓

朝に現場を見に行った後、ATC 輸入住宅促進センターへ。

相変わらず、人がいない。
促進する気が感じられない。

それはともかく、まずはテシードで気になっていた壁紙を確認。

“The Bloominghouse 4” というシリーズで、
アメリカの YORK Wallcoverings というメーカーが、テシードのためにプリントしたもの。

と、YORK の担当者が言っていた。

fg61604

fg60101

fg61706

こんなのがあって、どこかにアクセントウォールとして使いたいなと思っていたのだけど、

2013-0608=1305-46

紙だった、、、

何というか、本当に、紙。
ここまで紙だとは思わなかった。

その場で他のシリーズをいろいろ見てみて、この材質良いな、と思うものは、全て塩化ビニル。
やっぱり塩化ビニルの方が良いのかなあ、残念だなあ、、

ということで、とても残念ながら、The Bloominghouse 4 を採用する可能性は、かなり低くなった。
また探さないといけない。。。

次は、歩いて数秒のところの KOHLER へ。

2013-0608=1322-51

2013-0608=1322-57

2013-0608=1324-39

陶器の質感がめちゃくちゃ綺麗。
ピッカピカに輝いている。

ただ、やはり陶器なので、すぐに欠けたり傷が付いたりしてしまいそうな感じがあった。
「鑑賞」 するだけなら良いんだけど、毎日 「使用」 するのは厳しい感じ。
まあ、どっちにしろ高いから買えないのだけど。

で、最後はグローエ。

2013-0608=1316-31

言わずとしれた、グローエのアラベスク。
こちらは洗面用ではなくキッチン用なので、ネック部分が長い。

我が家の洗面所には、水栓が2個付くのだが、そのうちの一つには、
グローエ・アラベスクの洗面用を採用しようとしている。

気になっているのは、カタログからアラベスクが消えていること。
変わりに COSTA というシリーズが追加されているのだけど、
似ているようで結構違っていて、やっぱりアラベスクの方が良い。

結局これを使えるのかどうかは、スタイルハウスさんからの回答待ち。
(追記 : 在庫ありました)

シンフォニアとかなり迷ったのだが、
「ボテッ (=シンフォニア)」 と 「スラッ (=アラベスク)」 のどちらを選ぶかで、
我が家には 「スラッ」 の方が合っているのでは?
という話になって、アラベスクに決まった。

あと、アラベスクで前から思っていた疑問がようやく解決。
中央に付いている白地に 「GROHE」 のロゴ。

これ、「シール」 です。
ちょっとやそっとじゃ、剥がれなさそうだけど。

2013-0608=1318-25

、、、気が付いたら、
隣でホースが目いっぱいまで伸ばされている。。

2013-0608=1318-43

これが、max までホースを伸ばされたグローエ水栓。
なかなか良い感じ。

ちなみに ATC の駐車場は、土日祝日は 30分で200円。
同じ店で 3000円以上買い物をしないと割引が受けられない上、
その割引も最大で一時間まで。

結局、上記のワンコーナーを見たあと、モスバーガーで
テイクアウトを買っただけで、600円も駐車料金を取られてしまった。

都会の真ん中だったら分かるけど、
こんな辺鄙なところでこの値段設定は、ちょっと無い。
少し前まで住んでいた横浜の方が、よっぽど良心的だった。

ららぽーと横浜とか、すごく地価の高いところに建っているのに、
もっと簡単に割引が受けられる上、最大5時間とか6時間とかまで割引を受けられる。

雑貨千円、食事千円ぐらいに 「普通に」 買い物を楽しめば、
2~3時間いても駐車料金はゼロ円のことが多かった。

輸入住宅抑制センターだけじゃなく、
施設全体が、ちょっと残念。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)