on 引渡しから外構完成まで (no comments)

外構工事 #03 と薪ストーブ検討

外構工事の続きです。

IMG_0438.jpg

まずは、門扉。

IMG_0318.jpg

結構大きいタイプなので、
必然的に階段の幅も広くなりました。

開くときに 「ギー」 と音が鳴るので、油をささないと。。。

カギも付いてるので、よじ登らない限り、
子どもは外へ出れないです。

IMG_0373.jpg

そしてこちら、ついに門灯が付きました!

IMG_0397.jpg

明かりを付けるとこんな感じ。
かなりきれいです

夜はもっと綺麗なんだけど、iPhone じゃこの暗闇は撮れない。。
早くカメラ直らないかなあ。。

IMG_0421.jpg

もう一つ。
ついに1階のリビングにも
シーリングファンが付きました。

2階と同じオーデリック製の DC シーリングファン。
WF811 という機種で、2階の WF813 より直径が一回り小さい。
こちらも 30センチの延長パイプ (WF713) を使って、
天井から離しています。

でも、さすがはオーデリック。
ゆったりした回転数でも、しっかり風が来ます。

しかも、扇風機みたいな風じゃなく、
そよ風みたいな、さらさら~っとした感じの風。

IMG_0472.jpg

それにこのシーリングファンは、
DC モーターのおかげかは分からないけど、
本当にものすごく静か。

「静か」 というよりは、
「無音」 と言った方が近い感じ。

夜に風量を 「強」 にして、
耳を澄ましながら ON/OFF を繰り返してみても、
モーターの駆動音や風切り音は全く聞こえなかった。
冷蔵庫の方がよっぽどうるさいです。。

当然ながら、場所も取らないので、基本的に、
サーキュレーションのために一日中付けておく予定。
DC なので、電気代も全然かからないし。。
(引越し前に買った無印のサーキュレータは、早々に撤去しました

話は変わって、
薪ストーブの設置について。

IMG_0484.jpg

どこに本体を設置するか、炉壁と炉台はどうするか、
などなどを検討しているところ。

採用予定の、ドブレ社のヴィンテージ50という薪ストーブは、
横幅が 690mm なので、大体パンパース2箱と同じくらい。

当初は煙突をまっすぐ伸ばすつもりだったので、
キッチン側の壁から20センチと、かなり左に寄った位置に置く予定だったのだけど、
実際にパンパースの箱を置いてみると、やっぱり近すぎる。。
(写真のパンパースの位置は、壁から60センチ離している)

ということで、下のように 45度のエルボーパーツを使って、
もうちょっと右にズラそうかと検討中。

Picture4.png

この位置で、大体壁から50センチくらい。

炉壁にはベルギーレンガを使おうかと思っていたけど、
ブリックタイルの方が薄い分薪ストーブを後ろに出来そうなので、
今のところ、ブリックタイルを採用する可能性が高い。

SnapCrab_NoName_2013-10-28_0-59-14_No-00.png

で、こちらは、配置をちゃんと数字で考えているところ。

ドブレのヴィンテージ50の場合は、後ろ側はかなり壁に近づけることが出来て、
25mm の通気層(空気による断熱層)を設けた壁の仕上がり面から
8センチ離すだけで良いことになっている。

キッチンの仕切り壁の長さが 66センチなので、ブリックタイルにして薄くすれば、
仕切り壁より7センチくらい本体を奥に置けそうな感じ。

左右は、50センチ以上離せば通気層を作らなくても良いらしいので、
壁に直接ブリックタイルを貼っちゃっても大丈夫。

外構とは何の関係もないけど、、
まあ、こんな感じで考えてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)