on 家づくり その後 (no comments)

子どもリビングの小屋裏収納3

漆喰塗装がはじまりました!

この辺の続きです。

子どもリビングのロフト計画
子どもリビングの小屋裏収納
子どもリビングの小屋裏収納2

DSC09263.jpg

結局、正面の壁一面を塗りなおしてもらうことになりました。

大工さんのミスなので、費用の請求はなし。

当初は、アールの内側部分だけを塗る予定だったんだけど、
おかげさま(?)で全面を塗れることになったので、
継ぎ目とかがすごく綺麗に仕上がることになりました。

大工さんはこってり怒られてるんでしょうけど、、
ウチからすると、グッジョブ!です

DSC09253_20141129171223f36.jpg

塗ってる途中のところ。
内装をやってもらったときと同じ左官屋さんです。

日本漆喰と比べて、西洋漆喰は難しいみたいですね。

「普通に壁を塗るだけでも難しいのに、しかも、こんなアールでしょ?
 それもいっぱい。。ほんま大変ですわ、がっはっは」

と、満面の笑みでおっしゃられてました

DSC09270a.jpg

左官道具。

DSC09284a.jpg

こちらの面だけだけど、時間があるからということで
内側も塗ってくれました!

DSC09283a.jpg

アールの部分はこんな感じ。

madori2_2014112917451678b.png

ちなみに、小屋裏収納を作ったのはこの部分です。

大体、3.6メートル x 2.7メートル ぐらいの空間になっています。

DSC09273.jpg

入って右側は、こんな感じ。

まだ掃除も何も出来てない状態ですが。。

スタイルハウスさんの想定より、柱一つ分、
奥まで床を張ってもらっています。

剥き出しの柱は、やすりを掛けて、
キシラデコールの白(ワイス)で塗ろうかなあ、、と計画中。
(その前に、早く照明を決めないといけないんだけど・・・)

DSC09282.jpg

こちらが、左側。

通路部分も一面収納にしたいなと思ってたんだけど、
いざ小屋裏に上がってみると思っていた以上に狭くて、

せっかく床を張っても突き当たりにしかモノを置けないということで、
910ミリだけ廊下部分にせり出す感じにしてもらいました。

今回は、間にコーディネーターさんが入っていない分、
普段よりちょっと段取りが悪くて、まだ大工作業が終わっていません。

次の金曜日に、ドアおよび窓の塗装と、
はしごを引っ掛ける用のパイプの取り付け、
それに、コンセントと照明の取り付け作業が入る予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。