on 家づくり その後 (no comments)

庭に砂を入れました

さて。
この一ヶ月は、もうずーっと外構というか庭いじりはっかりしてます。

書きたいことがいろいろあるんだけど、
上手く順を追えないので、忘れそうなことから書いていきます。

DSC07412.jpg

まずはこちら。
ようやくアプローチの周りを綺麗に出来ました。

敷き詰めているのは、砂です。
要は、一面がお砂場になった感じ。

DSC07244.jpg

アプローチにレンガを敷きました」 と、
レンガのアプローチの撥水材」、「撥水材の効果」 の辺りで
何とか形になったアプローチ。

我が家の庭は、何故か極端に水はけが悪くて、
少し雨が降ると、庭がプールみたいになる。

そこで、水はけの悪い土を掘り返して、
土壌改良することに。

DSC07260.jpg

一番最初に施工したアプローチの土台だったモルタルとか、
何かやたらと硬い層があって苦労していたら、
別件で来てくれていた大工さんが、工具を貸してくれました。

モルタルも硬い地面も、まるで豆腐のように、、
というと大げさだけど、スイスイ掘れる。

さすが、電動工具

DSC07368.jpg

掘り返していくと、こんな粘土の層が。。

DSC07255.jpg

ザ・ねんど。
粘土質というよりは、粘土そのもの。

本当にその辺に売ってる粘土が埋まってる感じ。
こんなのが埋まってたら、そりゃ水を通すはずが無い。

DSC07291.jpg

一通り粘土の層まで掘り起こして、勾配を付けて転圧。
右の方(ブロック塀の方)は、少し深めに掘って、途中で出た石を詰めてます。

ここはバケツ一杯の水をバシャッと流しても、
川が地下にもぐるように一瞬で水が無くなるので、
そちらに向けて勾配をつけることで、水が他の場所にたまるのを防いでいる。

この写真では、土と石の境界に、余った防草シート(デュポン)を使ってるけど、
最終的にはコーナンで280円?で買った、網戸用の網を使いました。

続く。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *