on 家づくり その後 (no comments)

換気扇からの冷気

興味の無い人には、どうでも良い話です。。

我が家では、コストとメンテナンス性から、
第三種換気を採用しています。

DSC05288.jpg

で、この24時間換気の換気扇、付けてる間は良いんだけど、
消すと、ここからフワーッと冷気が降りてきてしまいます。

最近、家の気密を高めようと思っていろいろしてるんだけど、
そうやって気密性が上がってくるほど、これが顕著になりました。
(薪ストーブもあるために、かなり屋内が負圧になっている)

DSC05280.jpg

24時間フル稼働で排気しないといけない程
室内の空気が汚れていくとは到底思えないので、
「控えめに」 換気してるんだけど、外の冷気が降りてくるのは困る。

で、何とかならないものかということで、試してみたのがこちら。

いきなりだけど、カバーを外して、裏にペーパータオルを貼り付けてみました。
このペーパータオルが、ちょうど栓になることを期待してます。

で、結果としては、これはダメでした。
ペーパータオルが奥で引っ掛かって、換気扇を OFF にしても戻って来ない。。

DSC05283.jpg

真ん中のバーが邪魔なので、取りあえず外して作戦を練ります。

まず、この真ん中の辺りは複雑なので、養生テープで完全に塞ぐことに。
ついでに、日頃から排気量が多いと感じていたので、半分は完全に塞ぐことに。

ということでこれでトライするも、失敗。。
どうも外周側に開口部を持ってくると、枠に当たって上手くいかないみたい。
通気の穴が少な過ぎるのか、ピュー…という笛みたいな音が鳴るし。。

DSC05291.jpg

その後いろいろ試して、最終的にうまく言ったのがこちら。

羽?を4つにして、内側に開くようにしました。
ただあまり内側に持って来ると、換気扇を OFF にしたときに
ペーパータオルが落ちてきてくれないので、真ん中は養生テープで塞いでます。

あと、ちょっとでも戻りやすくなるように、羽の先にテープで重りを付けました。

DSC05289.jpg

こちらが実際に設置してみたところ。

今は換気扇は ON です。
羽がちゃんと上にあがってます。

DSC05287.jpg

で、こちらが換気扇を OFF にしたところ。

羽がさがって、冷たい風をシャットアウトしてくれてます

DSC05293.jpg

放射温度計で、換気扇の温度を確認。

今までは換気扇を OFF にすると、みるみるうちに温度が下がって
あっという間に 10℃とかになってたんだけど、
あきらかに温度が下がるスピードが遅くなってます。

まあ、向こうが透けて見えるような薄い紙なので、
いずれは冷えては来るんだけど、冷え方が緩やかなので、
室温マイナス 2℃くらいで落ち着いてるようです。

とにかく今までのように、10℃とかの冷たい空気が
そよそよと降りてくることは無くなりました。

逆流防止弁のついた換気扇を買って付け替えようかなあと
考えていたんだけど、ひとまずはこれで様子を見ることにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *