on 家づくり その後 (no comments)

真鍮の表札を付けました

真鍮の表札」 の続きです。

DSC04610.jpg

ちょっと前のことなんですが、
ついに、ようやく、表札を付けました!

DSC04606.jpg
DSC04601.jpg

シャビーな塗装を施した木の板に、
真鍮を黒塗装したレターを貼り付けてます。

ちなみに、手前のポストは BOBI USA というもの。
門灯は、ゴーリキ・アイランドの 「BH1000 NV CL」 というマリンライトです。
 「ポストと外水栓が付きました

DSC04598.jpg

前回、養生テープで試しに貼ってみたときに、黒塗装部分が
剥がれてしまったので、改めて黒のスプレーで塗装し直します。

DSC04599.jpg

アスペンのつや消しラッカースプレー。
ど素人の私でも、上のように全くムラなく塗装できました。

数多のスプレーを試して比較したわけじゃないけど、
とても良い感じのスプレーです。

DSC04600.jpg

上の真鍮製のレターと、ベースの木の板は、
このクリアラッカーでこれでもかというくらいコーティングしました。

クリアなだけあって、塗ったあともクリアで透明だから、
正直こっちは使用感はよく分からない。。
とりあえず、泡が付いたり液ダレしたり、、ということは無かったです。

DSC04637a.jpg

貼り付けるのに使ったのはこちら。
ボンドの、「SU (エスユー)」 という接着剤。

「真鍮+木の板」 と 「木の板+漆喰」 の
両方ともこの接着剤で貼り付けました。

これは本当に良い。
何にでも使えるし、すぐにくっつくし、ゴムみたいな感じだから液ダレは皆無だし、
はみ出した部分はペリペリッて簡単に剥がせるし。

表札に使った木の板は、そんなに軽いものじゃなかったんだけど、
ズレ落ちてくるって感じは全くない。

「ウルトラ多用途・超強力接着剤」 という肩書きはダテじゃないです。
さらに用途が増えたり強力になったら、いったいどんな文句になるんだろうという疑問はありますが。。

DSC04611.jpg

木が腐っちゃったり、錆びが出ちゃったりしたら、
ひっぺがせば良いという安心感?もあります。
裏は漆喰だから、サンドペーパーで削ればほぼ元通りになるし。

取りあえずはこれで様子見です。
(特に何も処理しなかったから、木が反り返らないかが心配。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。