on 上棟から引渡しまで (no comments)

給水管と床断熱

今日は、撮ったままアップしていなかった写真をいくつか。

2013-0616=1207-30.jpg

こちらは、ユニットバスの設置予定場所に開いていた穴から、床下を撮ったもの。

2013-0616=1207-50.jpg

光の射し込みが綺麗、、、

床の断熱材も、しっかり綺麗に入っているようで安心

床を支えるこの金具は 「床束」 と言うもの。
穴は4箇所開いているが、留めるのは2箇所で良いらしい。

この角度だと良く見えないけど、上の押さえの部分は実はL字型になっている。

2013-0616=1202-23.jpg

こちらは、洗面室用の給水管と排水管。

ピンクの方が給湯用で、青い方が給水用。
灰色のパイプは排水用。

これは 「サヤ管」 と呼ばれる管で、この中にさらに、白い樹脂製のパイプが通っている。
実際にお湯や水が流れるのは、この白いパイプの中。

パイプの中をパイプが通っているので、外側のパイプの方が 「サヤ (鞘)」 と呼ばれる。
ちょうどCD管みたいな感じ。

分岐方式とかヘッダー方式とかあるみたいだけど、
戸建てだしヘッダーじゃなくても大丈夫でしょう。

我が家には洗面ボウルと水栓が2個ずつ付くので、配管も2個ずつ付いている。

2013-0616=1555-16.jpg

こちらは、ちょうどトイレの真下に当たる場所を、床下から撮ったもの。
青の給水管が向かう先には、エッセンスの水栓とボウルが付く予定。

2013-0616=1202-43.jpg

先ほどのトイレを上から撮ったものがこちら。
床下に伸びていた給水管が、こんな風に床上に上がってくる。

2013-0616=1059-40.jpg

最後に、壁用の断熱材、マグ・オランジュの切断面の接写を。
触ってみたけど、全然チクチクしない。

明日は、待ちに待ったユニットバスの施工です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)