on 薪ストーブについて (5 replies)

薪ストーブでお肉とグラタン

またまた薪ストーブ料理の話です。

前回食べたお肉がめちゃくちゃ美味しかったので、
またしてもお肉を焼いてみました。

ブロック肉に、塩・胡椒を大量にふって、炉内に入れるだけで、、

DSC02822.jpg
DSC02827.jpg

こんな感じに出来上がります!
(途中で一回だけ、裏表をひっくり返した)

その場でスライスして食べるのだけど、
もう、やばいほどの美味しさでした

DSC02834.jpg

ある程度食べ進んだら、中央のレアがちょっと気になってきたので、
半分に切って再度炉内へ投入。

「ちょっと味見」 のつもりが止まらなくなって、
結局全部、キッチンの中で平らげてしまいました。。

こちらは、また別の日の夕食。
makiさんにおすすめされたグラタンを作ってみました。

DSC02850.jpg

こちらもキッチンで完食。。。

ほんと、これだけで薪ストーブを導入した甲斐が
あったと思わせてくれる程、何を作っても美味しいです。

炉内の汚れは燃えて無くなってしまうから、掃除はいつものガラス掃除のみ。
煙は煙突から抜けていくから、調理中に匂いがキッチンに充満することもない。

わざわざオーブンをプリヒートする必要が無いのも素晴らしくて、
部屋を暖房する 「ついでに」 オーブン料理が出来てしまう。

お正月は、これで鯛を焼く予定です

“薪ストーブでお肉とグラタン” への5件の返信

  1. 美味しそうな薪ストーブ料理を連発していますねぇ。

    お正月の鯛も楽しみですね~。

    その前に一度、スーパーで買ってきた、干物で練習しておきましょう。

  2. とりあえず焼いてしまえば何とかなるものばかりですけどね。。
    微妙な火加減が要求される料理は、まだまだこれからです。

    明日からは、鯛、ピザ、ステーキと、薪ストーブ料理が目白押しです [絵文字:i-278]

  3. グラタン!お上手にできましたね。
    様々な料理にトライしておりますね~。
    励みになります。

    我が家でもカミサンが正月用の黒豆が上手にできたと喜んでいました。
    天板料理で鍋を安定しておけるようにするために
    来シーズンは煙突を後ろ出しにしようか真剣に悩んでいます。

  4. makiさん、
    煙突後ろ出しに変更できるんですか!?
    ヴィンテージは、水平に近いところが煙突のところだけなので、天板料理はちょっとしにくいですよね。
    特に IH 対応の鍋は裏がツルツルしてることが多いので、滑って大変です。

    また記事にしようかと思ってましたが、我が家では磁石をストッパー代わりにしています。
    これでひとまず、滑り落ちることはなくなりました。

  5. 我が家は排気を極力スムーズにするために天板出しにしましたが、海外の画像などをみると背面出し結構おおいようですよ。でも部屋が狭くなる事を考えると現実的じゃないような・・・。

    次回の記事も楽しみにしています。

maki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)