on 薪ストーブについて (4 replies)

薪ストーブの冬支度

我が家が建つ町は、ゴミの減量の一環として、
薪をタダで提供してくれます。

DSC09013.jpg

ということで、いっぱいもらってきました。

袋はおなじみの IKEA バッグ。
私は、ゆで落花生さんのブログ で教えて頂きました。

車も汚れないし、超絶便利…

DSC09016.jpg

薪は、近所のゴミ収集センターで配ってます。
去年に伐採して、割ってあった薪と言っていたかな。

何回も往復して、薪棚を埋めて行くんだけど、
車で 10分もかからない距離にあるので、かなり助かります。

今年は屋根付きの薪棚を量産したので(今のところまだ4個だけど)、
結構な量を備蓄できます。(それでもまだ、来年度分は無い感じ)

いろんな木が混じっていて、長さもてんでバラバラなんだけど、
ヴィンテージ50は 50cm と言わずもっと長い薪まで入るので、余裕です。

DSC09085.jpg

薪ストーブの冬支度ということで、
ハースゲートも出してきました。

これを出すと、何だか 「冬!!」 という感じがしてきます。

でも、受ける印象は、冬の寒さ、ではなく、
寒さの中の暖かさ、という感じですね

雪山の温泉みたいな感じ (何だかズレて行ってる気もするけど。。)

そうそう、そう言えば、転ばぬ先の杖ということで、
炉台の目地とタイル本体に、
コンクリート用の撥水剤を塗っておきました。

こちらは、アプローチの煉瓦に使ったときの写真。
これが余っていたので、同じものを使っています。

転ばぬ先というか、実はすでにちょっとだけ転んだあとでして、
先日気が付いたら、目地に何か染み込んだ後があったんですよね。。

多分、子どもが食べたミカンが何かの果汁だと思う。

目立つところではなかったのと、範囲が少しだったので、
歯ブラシでゴシゴシこすって、目立たないレベルにはなったけど、
これはちょっと危ない、と。

雨ざらしの (当たり前だけど) アプローチがほとんど汚れないので、
なかなかの信頼を寄せている一品です。

DSC09118.jpg

今年の初火入れ。

最初は、ホコリなのかな? 少し焦げくさいにおいがしたんだけど、
30分くらいで分からなくなりました。

火を入れると、子どもたちが興味深そうに寄ってきます。
まあ、すぐに飽きて、またバタバタ走りまわってるんだけど。。

ちなみに、キッチンとかのゲートは、強引に入って来ようとするんだけど、
こっちは入って来ないですね。

やっぱり、誰に教えられなくても、原始的な感覚として、
これは近付き過ぎるとヤバイと感じるんでしょう。

だからゲートしては、押されたり転んだりした時に、
うっかりストーブに当たれないようになれば十分だと思う。

今年は、試しに外気導入をしてみました。
これで、エアフローが改善して、各部屋の温度差が
少しでも小さくなることを期待です。

“薪ストーブの冬支度” への4件の返信

  1. 我が家のストーブは、まだ冷たいままです。

    薪も自力でかき集めています。

    薪の心配がない素晴らしいストーブ生活ですねぇ

  2. Mrうーさんへ、
    薪の配布事業は、ここ2~3年前に始まったばかりらしく、ちょうどタイミングが良かったです。
    薪はどうしようかなあ、、と思っていたら、ごみ収集カレンダーの右下に、「薪をどうぞ(無料)」の文字が。。
    これだけでも、この町に越して来た甲斐がありました [絵文字:i-278]

  3. うちも、とりあえずは薪を購入なんですが、1日だいたい何本ぐらい薪って使っていますか?

    最初にガツンと温度をあげるためには、かなりの薪を必要とする感じで、その後も結構、燃えが早いので、どんどん消費していっちゃいます。

  4. tm74さんへ、

    薪は想像以上に減るのが速いですよね。
    うちの場合は、炊き付けのときに太薪を3~4本、中薪を3~4本、その上に火が付きやすそうな細い薪(炊き付け)を何本か載せてる感じですね。その後は、太薪2~3本を、1~2時間に1回、という感じでしょうか。(太薪3本で2時間放置だと、熾きしか残ってない感じですが)

    関西は数日前から一気に冷え込んだんですが、まだ薪の追加は今のところ2~3回です。ですので、ざっくりで15~20本/day、という感じでしょうか。

    それでも今のところ家の中は、1階は20℃を切った事がなくて(早朝でも)、2階で下がって18℃くらいです。ストーブの熱が家全体に蓄熱されてるみたいで、1日家を空けても冷えないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)