on 家づくり その後 (no comments)

足場板のテーブルとキャベツボックス

最近、ブログの更新は全然できていないんですが、
ゴソゴソといろいろやってはいます。。

そのうちの一つ、まだ未完成なんだけど、
キャベツボックスと杉の足場板で、
テーブルというかテレビボードを作りました。

DSC01858.jpg
DSC01854.jpg

こんな感じ。

自作のキャベツボックスを5個と、
杉の足場板を2枚使っています。

たぶん、キャベツボックスはこの上から白を塗って、
足場板には淡いブルーを塗ることなるかなと考えてます。

DSC01851.jpg

今いろいろと試行錯誤中で、
こちらの白いのは、キシラデコールのワイスで塗ったもの。
手前の茶色いのは、ワトコのダークウォルナットで塗ったもの。

DSC01846.jpg

こっち側の奥は、まだ無塗装状態のもの。
無塗装のときにしか試せないことを試すために、
方針が固まるまでこのままにしておくことに。

壁一面をテーブルにすることで、
明らかに部屋の広がり感が増しました。

ちなみにここは、柱の芯々で 3640mm なんだけど、
石膏ボードとか漆喰とかもろもろの厚みを引くと、
内寸は 3495mm になっていました。

ここは、オーダーメイドというか DIY。
ぴったりのサイズに出来てます。

DSC01858a.jpg

こちらがキャベツボックス。
SPF の 1×4 と 1×6 で作成。
塗料はワトコのダークウォルナット。

材料としては、普通にホームセンターで売っている
1×4 を 2本と、1×6 を 1本、あと 30×40材を 1本で、
キャベツボックスが1個作れます。
(長さは全部6フィート=1820mm)

木材が合計で確か1200円くらい。
ネジと塗料などなどを含めて 1500円あれば
1個作れる感じです。

巷に売っているキャベツボックスよりガッシリしてる感じ。
華奢な方が良いと思ってたんだけど、出来上がってみると、
こっちの方が安定感があって好きでした。

あと、本当は裏面にチキンネットを張らないと完成じゃないんだけど、
面倒な割に、いざ張ってみると 「別に無くても良いんじゃない?」 という
感じだったので、やめちゃいました。

このネット部分が結構高く付いちゃうし。。

DSC01800.jpg

こちらがキャベツボックスを作っているところ。

まず、1×4 2枚と 1×6 1枚の合計 3枚をすべて、
「(510mm * 2枚) + (310mm * 2枚)」 にカットしてもらいます。
丸ノコが無いので、これはホームセンターでカットしてもらいました。

30×40材からは、330mm を 4つ切り出してもらいます。
(長さ的には 5つ切り出せる)

カットした後の断面は、バリが出ていて汚いので、
サンダーで軽く面取りをして、その後ワトコで塗装。
その後、まず短い方の板を、こんな感じでビス留めします。

ネジは、たまたま見つけた、黒のコーススレッドを使用。

140本で450円と、普通のコーススレッドの10倍くらいするんだけど、
いくつかのネジを試した結果、やっぱり黒がかっこよかったので、
これを使うことにしました。

普通のコーススレッドの皿頭を黒スプレーで塗装しても良いんだけど、
ドライバーを使うとどうしても剥げちゃうし、数も多いので、今回は断念。

まあ、コーススレッド以外の普通のネジよりは断然安いし、これで良いかと。。
ちなみに、このボックス1個で、ネジを48本使います。。

DSC01804.jpg

長い方の板をネジ留めして、完成!

完成サイズは、
幅 510mm、高さ 350mm、奥行き 330mm です。

1×4, 1×6 は厚みが大体 19mm なので、
短辺側は 310mm + 19mm + 19mm = 約350mm。

あっと言う間、ということもないけど、最初の方は 1個1時間くらい。
何個か作って慣れてきたら、1個30分もあれば組み立て出来るかな?
結局、この日 1日で、合計5個作りました。

まあ、大変というか面倒なのは、塗装ですね。
5個分も一気に塗ったので、なかなか大変でした。

ちなみに、今の時点ですでに直したいと思っている箇所が一つだけあって、
それは、ちゃんとネジの頭が出ないように、皿を取る処理をしていなかったこと。

ネジの下穴は開けているので、ヒビ割れは無いんだけど、
皿を取っていないので、ネジがほんの少しだけ、
板より出っ張ることがあります。

普段は別に気にしないんだけど、このボックスを家の中で使う場合、
当然、床に置いた状態で引きずることがある訳です。
そのときに金属製のネジが出っ張ってると、床に引きずった後が
思い切り付いてしまう。

ということで、後で面取りカッターを購入して、
出っ張ってるネジをちゃんと処理しようと考えています。

DSC01819.jpg

こちらは、同じくホームセンターで買ってきた杉の足場板を、
オービットサンダーでサンディングしているところ。
奥が after で、手前が before。

もう、びっくりするぐらいにガサガサなので、
サンディングしないと使えたもんじゃありません。

でも、安い。
幅200mm、長さ4メートルで、1500円ぐらい。
(古材の足場板も検討したけど、高かった…)

厚みは 20mm はあるので、ガッシリ感も十分。
このままだと車で運べないのと、家の中での移動が大変なので、
2200mm と 1295mm にカットしてもらいました。

最初の写真は、これを2枚使って奥行き 400mm にしているので、
これだけの長さのテーブルなのに、木材費は約 3000円。

ちなみに、この足場板、反ってないのを見つけるのが本当に大変でした。。

DSC01822.jpg

サンディングが終わって、キシラデコールを塗るところ。
このキシラデの白は、今のところ、ただの下地になる予定です。

DSC01857.jpg

問題は、小屋裏収納のドアのフレンチブルー?と、
どうやって統一感を持たせるか、なんですよね。。

だから今のところは、
キャベツボックスはこの上からミルクペイントでホワイトに塗装。

テーブルトップの足場板は、小屋裏収納と同じブルーを
使おうかなと検討しています。

あと、ぐちゃぐちゃに見えているケーブル群も
隠れるようにしないといけない。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *