on 家づくり その後 (no comments)

ブースターが壊れました

久しぶりに、テレビアンテナについてです。

設置した当初は全く問題なかったんだけど、
半年ぐらい経った頃から、大雨とか風が強い日に、
テレビが映らなくなることがありました。

アンテナは、地デジ、BS/CS ともに自分で設置したんだけど、
その辺の記事がこちらです。(去年のもの)

石膏ボード貼り
アンテナ設置 DIY #01
アンテナ設置 DIY #02
漆喰の外壁などなど #02

DSC00120.jpg

DSC00179.jpg

DIY だから、アンテナの角度がズレたりとか
しちゃったのかなあ、、と心配だったんだけど、

調べてみると、どうもアンテナっぽくない。
というのは、

・テレビが映らなくなるときは、地デジ、BS/CS どちらも映らなくなる。
・受信レベルが低くなるのではなく、一気にゼロまで落ちる。

という症状があったため。

ただこの頃は、しばらく待つと何故か自然に回復して、
また見れるようになるので、放置してました。

が、先日ついに、受信レベルがゼロに落ちたまま回復せず、
ウンともスンとも言わない状態に。。

ということで、本腰を入れて調査することに。

DSC08229.jpg

我が家のブースターは、屋外に付いてます。
(ブースターは、アンテナの直近に付けるのが大原則)

二階の壁面に付いているので、長バシコを用意しないと
アクセス出来ないと思ってたんだけど、
先日ダメもとで、窓から身を乗り出してみたら、
窓枠に足を掛けると、アンテナマストまで手が届くことが分かりました。

上の写真では、念のため、
安全帯のフックをカーテンレールに引っ掛けてます。

もし落ちたら、きっとカーテンレールは引っこ抜けると思うけど、
レールが窓に引っかかって、地面には転落しないでしょう…

DSC08236.jpg

窓から身を乗り出したところ。

窓枠に足をかけると、ブースター部分に手が届きます。

設置当時はケアできて無かったんだけど、
こういうアクセスが出来るような位置への設置になってて、
本当に良かったと思う。。

ちなみに、アンテナの向きなどは、
別途設置した壁面はしごから大屋根に登って、
そこから調整できます。

DSC08239.jpg

こちらが、今故障を疑っている、
DXアンテナの 33dB ブースター。

しばらく確認して気が付いたのが、
「パイロットランプが付いてない…」

この機種は、電源部と増幅部が分かれていて、
電源部は屋内、増幅部は屋外に設置します。

DSC08244.jpg

こちらが電源部ですね。
この2つを同軸ケーブルでつないで、増幅部に電源供給します。

そのケーブルの断線の可能性を確認するために、
別のケーブルを使って電源部と増幅部を直結してみたんだけど、
やっぱりパイロットランプが点灯しない。。

念のためということで、
テレビと地デジアンテナを直結してみると、
やっぱり、、、ちゃんと映ります。

DXアンテナに問い合わせて、
不具合の絞り込みのために実施したことを伝えると、
故障の可能性が高いですね、という回答。

ということで、ブースターを交換することになりました。
保障期間内なので、無償交換してくれます

DSC08249.jpg

取りあえず、ブースターが届くまでは、
地デジのアンテナと、屋内引き込み用の同軸ケーブルを
接続しておくことにしました。

6分配しているので、信号強度の弱いチャンネルが
いくつか映らないんだけど、まあ当面はこれで問題なし。

今回、特に思ったけど、アンテナを DIY するときは、
不具合があったときに全部自分で調べられるように、
設置位置とかアクセス方法を考えておいた方が良いです。

長バシコを買えば、大抵のことには対応できるんだろうけど、
多分、結構邪魔になります。。

上の写真は、屋内引き込み用の同軸ケーブルに、
F型接線の中継コネクタを接続してるところ。
ケーブルを長めに切ってあったので、こうやって
窓まで持って来て、屋内で作業できました

on 家づくり その後 (no comments)

ウッドデッキ前のレンガスペース

もう一息で、外構ネタも一段落です。

先日ようやく、ウッドデッキ側が(ほぼ)完成しました。

DSC07743.jpg

こんな感じ。

こちらの出来るまでを少し。。

DSC07270.jpg

まず、アプローチの施工のついでに、
大工さんにパサを水平に敷いてもらいました。
(水勾配は付いてます)

何だかんだで、結局ついでにはならず、
これとまた別件のためだけに、わざわざ来てくれたんだけど。。

DSC07331.jpg

ここに敷くレンガを運びました。
ここからは DIY です。

ちなみに、この量では足りません。
ベルギーレンガを700個買いました」 で買ったレンガなんだけど、
アプローチやら花壇やらを全部あわせると、770個をほぼ使い切ります。。

DSC07402.jpg

レンガを置いて、イメージを練っているところ。

3日くらい掛けていくつかのパターンを検討した結果、
結局オーソドックスに、ある程度規則的に並べたのが
一番きれいだったので、それで作業を進めることに。

こういうところで、ゆっくり時間を置いて考えられるのが、
DIY の良いところ。

DSC00009.jpg

ようやく実際の作業に移るんだけど、
セメントだけを水で溶いた、ノロと呼ばれるものを作って、
レンガを土台に接着していきます。

ちゃんと直線状にレンガが並ぶように、と神経を使ったのと、
あと量が量なので、これに確か、3日くらい掛かったと思う。

本当は、土台を作るときにレンガもくっつけてしまえば
一気に終わったんだけど、途中でいろいろプランを変更したので、
こんな感じの二度手間になってしまいました。

# 最初は、レンガはぴったりくっつけて、
# 珪砂(けいしゃ)で目地を埋める予定だった。

DSC00008.jpg

で、その後、というか上の作業をやりながらだけど、
目地をある程度の高さまで埋めていきました。

途中までは、ホワイトセメントに砂を混ぜたものを使っていたんだけど、
それでも高価なホワイトセメント食いすぎてしまうので、
途中からは安価な普通の灰色のセメントを使うように変更。

周りのレンガに灰色のセメントが付かないように注意して
やらないといけなかったので、これも、確か2日くらい掛かった気が。。

この辺、仕事が忙しくて夜の遅くにしか時間が取れなかったので、
一週間くらい毎日、夜中の10時から1時くらいの間に作業してました。

ほんとにヘトヘトになってやってたんだけど、
別にいつまでにやり切る必要とかは、特にありません。

ほとんど、「早く完成した外構を見ながらビールを飲みたい」
という、ただその一心で動いてました。。

DSC07507.jpg

で、その次に、
ホワイトセメントで目地埋め&レンガの表面をコーティング。

きれいに目地を埋めるって、簡単そうに見えて何故か意外に難しくて、
これにまた3日くらい掛かりました。

最後に、「レンガのアプローチの撥水材」 で使った
コンクリート用の撥水材を塗布して、完成です

DSC07731.jpg

レンガ部分の施工が終わった後は、
周囲の土がどうしようもなく汚かったので、
またしても砂を入れることにしました。

ざっくり、コンマ8リューベくらい。

コメリで見つけた黒いベルギーレンガを並べて、
飛び石風にしています。

DSC07744.jpg

こんな感じ。
やっぱり、砂は良いです。

雨が降っても泥ハネしないし、
水はけが良くなって水たまりが出来なくなるし、
乾くと、白に近い明るい色になるから、スペースが広く見えるし。

普通の新築時は、外構の地面は真砂土(まさつち)で
カバーされることが多いと思うんだけど、少しお金を掛けて、
真砂土じゃなく砂にしてもらうのも良いのかな、と思う。

砂を持って来てくれる建材屋さん曰く、
真砂土は相当、安いとのこと。

単価としては、砂の半分か、それ以下の値段。

でも感覚的にはもっと安くて、砂だったら、
コンマ5リューベなら、コンマ5リューベをぴったり持ってくるけど、
真砂土だったら、適当にダンプ一杯とか持って来ることが多いらしい。

砂は高価だから、セメントを練るとかのために注文されることが多い。
うちみたいに、真砂土の代わりに入れてるお家は滅多にみない、と。

DSC00005.png

何はともあれ、ようやくこの最初のプラン通りの
庭が出来てきました

あともうちょっと、多分記事にして数本書いたら、
外構は一段落して、屋内のネタに移れそうです。。

on 家づくり その後 (no comments)

芝生のその後

芝生を植えました」 の続き。

芝生を植えてから、約10日経ちました。
今の様子です。

DSC07729.jpg

あっという間に、ものすごく緑が濃くなってきた感じ。

ほんと、いつの間にやらです。

DSC07748.jpg

ちょっと見にくいけど、芝の芽?みたいなのが
大量に生えてきてます。

最初見つけたときは、スギナの小さいのと勘違いして、
コノヤロウと2~3本引っこ抜いたんだけど、
よくよく見ると葉っぱがスギナじゃなく芝生っぽい。。

DSC07726.jpg

まだ目地が目立つけど、
緑が濃いからか、あんまり気にならない。

今のところは、順調に根を張りつつあるみたいです。

何ヶ月というスパンで徐々に緑になっていくものだとばかり思ってたので、
こんなにすぐに、これほど緑になるとは想像もしてませんでした

on 家づくり その後 (2 replies)

薪ストーブの最近

冬にとてもお世話になった、
薪ストーブのヴィンテージくん。

その節には、体の芯から暖めていただきました。

DSC07669a.jpg

オフシーズンにも、そこにあるだけで、
素敵なオブジェになってくれています。

ベビーゲートを外したので、すっかり広々になりました。

DSC07661.jpg

ヴィンテージのとびらのノブは、
こんな感じで取り外すことが出来ます。

オフシーズンには、こどもが勝手に開けたりできないように、
ノブだけを取り外すようにしてます。

DSC07630.jpg

ちょうど良いくらいの高さの机になるみたいで、
ときどきこんな感じで遊んでたり。。

DSC07674.jpg

あんまり関係ないけど、
庭に植えているバジルがどんどん大きくなって
間引かないといけなくなったので、一本切ってきました。

DSC07676.jpg

苦いらしい。。

オムレツに入れていただきます