on 家づくり その後 (no comments)

ドラム洗濯機を買いました

Come home!、ちゃんと載ってましたね。。
いやあ、よかったよかった、一安心です

ところで、ちょっと前にほぼ書いてた記事が
アップできてなかったので、先にそっちの話題を。

先日、ついにドラム洗濯機を買いました。
この辺のつづきです。

脱衣室について
洗面室と洗濯物の動線
洗濯物干しアイアンハンガー
洗濯物干しアイアンハンガー2
脱衣室の模様替え

DSC08947.jpg

ギリッギリです。

ドラムの左右の隙間は、合わせて2cm くらい。
入るのか心配だったんだけど、無事、入りました。

何だかこの部屋だけやけにモダンなんだけど、
これからちょこちょこと小物が入って、
いつの間にかナチュラルになってるんでしょう。。

DSC08933a.jpg

あまり綺麗な絵じゃないのでアレなんだけど、
洗濯機の排水パイプは、我が家ではこの辺に付いてます。

この周囲にあまったボード系断熱材を敷いてかさ上げして、
その上にドラム洗濯機を載せてるんだけど、
排水がこういう位置に付いてても、さっきの写真みたいに
ほぼ壁付けに近い形で設定が可能です。

最近なのか昔からなのかは知らないけど、
排水が真下にある場合も考えて設計されてるので、
パイプの取り回しはそんなに大変じゃない。

ちゃんと、この洗濯機用のかさ上げパーツも売ってるんだけど、
別売りパーツになっていて買うのが面倒だったのと、

あと洗濯機の下が床下点検口になっていて、
冬にはここから冷気がじわじわと上がってくるので、
出来れば断熱材でカバーしたかったというのがあります。
(冷気の入り方が、全くと言って良いほど違う)

こういう設置だけど、今のところ
脱水しても変なグラグラは無いみたいです。

DSC08956.jpg

向かって右側の、チェストとの境界。

よく100均とかに売っている、
椅子の下に貼り付けるタイプのクッションシートを
貼り付けてます。

振動を吸収してくれるとうれしいな、と。

DSC08965.jpg

機種は、パナソニックの NA-VX7300L-W というもの。
洗濯 10kg、乾燥 6kg。

型落ちで安いのと、
他社でも採用してる機能はちゃんと採用してると、
あと 15℃、40℃、60℃ で洗える温水モードが付いてるのが
決め手でした。

そう簡単に買い換えられる金額じゃないので、
7年保証に入ってます。

まだまだ試せてないから、何のおかげかは分からないんだけど、
15℃ モードで子どもの白のパジャマを洗ったら、
今までの縦型では落ちなかった黄ばみが落ちました

あと、レビューとかで 「うるさい」 という書き込みが
良くあったんだけど、ウチのは全くもって静かです。
普通の間仕切り戸を閉めると、もう音はほとんど聞こえない。

左右に揺れたり出来るスペースが無いからなのかな? とも思う。
ほとんど、ビルトインに近いレベルで固定されているので。
そういう意味だと、実はスペースぎりぎりの方が良いのかもしれない。

DSC08559.jpg

うん、かっこいい…

最近のドラム洗濯機の乾燥機能はすごいですね。
コインランドリーで乾かしてるみたい。
そんなにシワにもならないし。

on Web内覧会 (6 replies)

雑誌の発売日が決まりました

我が家が取材を受けた雑誌の、
発売日が決まりました!

雑誌の取材を受けました!

DSC05005_20141019190247b21.jpg

えーと、、
明日、2014/10/20 (月) です。。
直前のお知らせですみません。。

タイトルは
30代夫婦が予算内で建てた ナチュラル&シンプルな家

主婦と生活社さんの、
Come Home! HOUSING 本の第4弾。

そう、憧れの Come home! の別冊 です

編集部さんから、見本?を金曜日に
発送してくれているらしんだけど、まだ届かない。。

楽しみです

DSC08994.jpg

その、Come home! HOUSING 本の第3弾がこちら。

前もお話したとおり、
我が家が家を建てるときに、
いちばん参考にさせてもらった本です。

あらためてこの本を読んでて、
こんな本にホントに我が家が載るんだろうかと
ちょっと不安になってきた。。

(最終段階で実は不採用になってたりして・・・)

on 薪ストーブについて (5 replies)

薪棚を作りました

ようやく、ずーっと前から作ろう作ろうと思っていた
薪棚を作る時間が取れました。

DSC08888.jpg

コーナンで買ってきた SPF材。

2×4 と 1×4 と 30×40材? なるものが混じってます。

図面はこんな感じ。

Picture3.png

いろんなサイトを参考に、
出来るだけ簡単に作れそうな図面を考えました。

高さは、設置場所にある窓に掛からない高さになるように。

あと、何週間でこの薪棚1個分を消費するのか? が
分かりやすいように、あえて横幅は少し小さめです。

2×4 の 6フィートが 1820mm だから、ちょうど半分にカットしてもらえば
910mm になって無駄がない、というのもありますが。

あと、ホームセンターでは「斜めカット」は普通やってくれないので、
直線カットのみで作れるようになってます。

DSC08902.jpg

ガリガリ組み上げてます。

上みたいな図面だからだと思うけど、
ちゃんとした長さに切ってさえしまえば、
本当に簡単に作れる。

木を重ねて、ネジ(コーススレッド)で留めて、、
を繰り返してるだけで出来てしまう。

何だろう、IKEA で買ったチェストとかを組んだ経験のある人だと、
「それより簡単」 と言えば伝わるでしょうか。

IKEA だと、組み立てにいろんな種類のネジとかが入ってるけど、
上の薪棚だと、1種類のネジしか使わないんですよね。
それも数百本で数百円、みたいなネジだし。

DSC08908.jpg

(ほぼ)完成!
ど素人なのに、ここまで来るのに1時間も掛かっていません。

この後、いつもの白のキシラデコール(ワイス)で塗装&保護します。
ほんとは先に塗ってから組み上げた方が塗りやすいんだけど、
何となく、先に組んじゃいました。

ちなみに、買った木材とカット仕様はこんな感じ。

実際に買ったのは、上の写真の薪棚を2個分なんだけど、
分かりやすいように、1個分に直してます。

■購入した木材
・2×4 (6フィート、\328) x 3 = \984
・2×4 (8フィート、\480) x 2 = \960
・1×4 (6フィート、\198) x 1 = \198
・30×40 (6フィート、\198) x 1 = \198
-----------------------------------
合計 \2,527

ちなみに、
6フィートは 1820mm、8フィートは 2430mm ぐらい。

本当はもうちょっと端数があるんだけど、
もともとの長さにもバラつきがあるし(木の伸縮を含め)、
カットでも刃の太さ分が無くなっちゃうしで、
考えてもあんまり意味ないと思う。

そもそもそんなに精度を必要とするモノを作ってる訳じゃないし。。

で、次は木材のカット。
最寄のコーナンではやってくれなかったので、
一つ先のホームセンターに行ってきました。

■木材のカット
① 以下を半分にカット。
 ・2×4 (6フィート) x 1 → 910mm x 2本 (a)
 ・1×4 (6フィート) x 1 → 910mm x 2本 (f)
 ・30×40 (6フィート) x 1 → 910mm x 2本 (g)

② 2×4 (6フィート) の残り 2本を以下にカット。
 ・2×4 (6フィート) x 2本 → 1300mm x 2本 (e) + 520mm x 2本 (c)

③ 2×4 (8フィート) の残り 2本を以下にカット。
 ・2×4 (8フィート) x 2本 → 1500mm x 2本 (d) + 465mm x 4本 (b)

③は、「まず 1500mm を切り出してもらって、
残りを半分にして下さい」、という言い方をしました。

②は 「1300mm と残りにカット」、
①は 「ちょうど半分にして」、という感じ。

カットは、1箇所というか1回20円。
どういう計算だったか良く覚えてないけど、
上の薪棚2個分で、カット代は \120 でした(大したことない)。

上のカットだと (b) が2本あまります。
あと、(g) が図面より短くなっちゃってるんだけど、
取りあえずこれで良いやってことに・・・

DSC08976.jpg

設置予定場所に置いてみたところ。

屋根のトタンはまだ買ってないんだけど、
それと塗料を入れても、大体 3,000 円くらいで
上の薪棚を1個作れる計算ですね。

取りあえずこの設計で、使い勝手とか
耐久性とかを見ようかなと思ってる。

一冬での薪の消費量に加え、
来年の冬の分の薪のストックを考えると、
もっともっと作らないといけない。。

まあ、こういうのも含めて楽しいんだけど

※追記 (2014/11/16)
先日大工さんに見てもらって、いろいろご指摘を受けました。
勾配はもっと緩くて良いとか、屋根の向きが今だと家の基礎部分に水を集める形になっちゃってるとか。
ビスで締めるときは、最初に穴をあけてからの方が良いとか。。

いつ書けるか分からないので、取りあえず追記。

on 家づくり その後 (no comments)

脱衣室の模様替え

脱衣室を模様替えしました。

この辺のつづきです。

脱衣室について
洗面室と洗濯物の動線
洗濯物干しアイアンハンガー
洗濯物干しアイアンハンガー2

DSC08756.jpg

背が高めの棚の代わりに、
IKEA で買った黒のチェストを置きました。

当初置いていた棚に比べ、高さが半分くらいで、
かつ奥行きも浅いのに、今の状態の方が多くのものが収納できます。
(ただ横幅は、前の棚より 20cm 弱長い)

やっぱり、カゴの中に服を入れるより、チェストの引き出しの方が、
収納力は断然上ですね。

棚にピッタリのカゴなら、あまり差は無いのかもしれないけど、
うちの場合はあまりサイズが合ってなかったので、
デッドスペース(特にカゴの上側)がかなりありました。

DSC08779.jpg

背が低くなった分、脱衣所がかなり広く感じるようになりました。

あと、洗濯機と高さが同じというのも
スッキリ感にとても貢献してると思う。

この上で服が畳めるので、使い勝手も良いみたい。

色が黒なので、すぐにホコリが目立つようになるのは難点だけど、
洗濯前のタオルでさっと拭けば済む話なので、
実際のところはあまり気になりません。

新築のときに、この辺に気が付いていれば…!!
というくらい、今の方が機能的にもデザイン的にも良い感じです。

DSC08777.jpg

将来的には、というか良いモノが見つかり次第なんだけど、
このチェストの上には、吊り戸棚を付けたいなあと思ってます。

こっちは IKEA のじゃなく(くどくなっちゃうので)、
何かもっと華奢な感じの良いかなあ、と。

そろそろ、除湿機だけでは洗濯物が乾かない季節になってきました。
11月に入ったら、除湿機だけでは難しいだろうなあと思う。

いままでは薪ストーブの熱で乾かしてたんだけど、
今年はそろそろ、ドラム洗濯機を導入しようかなと計画中です。

というか、モノも決めていて、値段もほぼ底を打った感じなので、
明日あさってには注文してるような気が・・・