on 家づくり その後 (no comments)

マキタの工具が増えました

我が家の掃除機は、マキタの掃除機です。

早いもので、購入してからもう一年。
今でも全く問題なく現役でがんばってくれています。

マキタの掃除機を買いました
マキタの掃除機を分解修理
マキタのコードレス掃除機について3
マキタのコードレス掃除機について4

この 14.4V Li-ion バッテリーの掃除機を買うときに考えていたことだけど、
ようやく同じバッテリーを使える工具を増やすことが出来ました。

DSC09925.jpg

一つ目がこちら。
DIY の必需品、インパクトドライバー。

14.4V の充電式で、TD134DX2W という機種です。
(14.4V 充電式インパクトドライバ TD134DX2)

標準小売価格 53,800円(税別)、なんだけど、
充電器+バッテリー無しで良かったので、税込み 8,000円で購入できました。

DSC09927.jpg

一応、最新のものから比べると型落ちではあるんだけど、
それでもマキタのインパクトが 8,000円というのは、かなり安い。
使用感は、さすがマキタ、すばらしいです。

掃除機と充電池をシェアしているので、
インパクトを使ってる間は掃除機は使えないんだけど、
まあ困ることはないです。
充電も速いし

DSC09915.jpg

二つ目がこちら。
14.4V 充電式ランダムオービットサンダ BO140DZ

充電器+バッテリー付きの 「BO140DRF」 が定価 43,000円なのに対し、
本体のみのこの 「BO140DZ」 は、定価で18,500円。

バッテリと充電器なしだと、
やっぱりランダムオービットサンダでも半額以下になる。
ちなみにこちらは、税込みで 13,000円だった。

DSC09916.jpg

三段階の変速機能が付いてます。
「0」 ボタンがストップ。

もう、今まで地道にサンディングペーパーを掛けてたのは
何だったんだ… というくらいに、本当に便利。

DSC09920.jpg

集塵機能も付いていて、かなりしっかり集塵してくれる。
家の中で使っても、うっすらと積もることはあるけど、
ブワーッと木の粉が舞い上がることはない。

DSC09989.jpg

こんな感じで、バッグの中に粉が溜まる。

ランダムオービットサンダ

他の機種はこんな感じ。
この充電式のオービットサンダは、
14.4V 以上にしかラインナップがありません。

掃除機でよく売れてる 10.8V Li-ion には、
オービットサンダはないので、要注意。

ちなみに替えのサンディングペーパーのサイズは、
どれも φ125mm みたい。

DSC09951.jpg

ということで、我が家のマキタ 14.4V Li-ion シリーズは、
これで3機種になった。

あともう一つ、木材カット系の工具を追加できると
良いなあと思ってます。

on 家づくり その後 (no comments)

EEスイッチを追加しました

子どもリビングの電気配線をしてもらったときに、
ついでにコンセントを追加してもらった、と書きましたが、、

それだけではなく、EEスイッチも追加してもらってました。

DSC09727a.jpg

これです。
門灯を、自動で点灯・消灯させるために使います。

Pana_EE.png

こんな感じ。
型番は EE4518W です。

DSC09730.jpg

ここの半透明部分にあるセンサーが、
明暗センサーになっています。

DSC09731.jpg

消灯する時間は、ここのつまみで変えられます。

防犯のことを考えて、とりあえず今のところは、
明け方 (3時~5時に消灯) に合わせています。

ちなみに、照度の調整については、
今門灯に使っている 40W の白熱電球では、
つまみをどう動かしても照度は変わりませんでした。。
(使い方がまだよく分かっていない)

EE4518W.jpg

いつ点灯するか、がセンサー任せなので、
消える時間も、ぴったり何時、という感じでは無いみたい。

いろいろ、後から追加できるものなんですね。。
しばらくこれで試してみます [emoji:i-221]

on 家づくり その後 (no comments)

コンセントを追加しました

小屋裏収納の電気配線をやってもらうときに、
ついでにリビング・ダイニングに、
コンセントを追加してもらいました。

DSC09772.jpg

これがそうです。

ここには元々コンセントが無くて、ただの壁だったんだけど、
今回電気屋さんに、新設してもらいました。

そう、コンセントは後から追加できるんです!!

ただ、大掛かりな工事をせずに追加するには、
同じ壁内空間に、コンセントやスイッチなどの電気配線が
来ていることが条件らしい。

同じ面の壁でも、柱などで区切られた空間の中に
電気配線が通っていない場合は、柱に穴を開けたり
そのために石膏ボードを剥がしたり、という必要が出て来る。

DSC09781.jpg

ここはたまたま、この裏にキッチン用のコンセントがあったので、
難なく追加が可能でした。

ここにコンセントを付けなかったのは失敗だった…
というほどでもなくて、
ここにコンセントがあればもっと便利だな、
ということで、追加することに。

DSC09790.jpg

コンセントを追加したキッチンカウンターの左側には、
こんな感じでカウンターに穴が開いていて、
その下に付いているコンセントから延長ケーブル etc. を
伸ばしています。

普段はこれで事足りてるんだけど、
お客さんが来たときの携帯の充電とかのためには、
こういう目に付く位置にコンセントがあると便利だなと。

DSC09792.jpg

ちなみに普段は、こんな感じでフックに掛けて、
スッキリ見えるようにしています。

今後はクレイドルとかが増える予定。

DSC09783.jpg

ここにも、コンセントを追加してもらいました。

さっきのコンセント追加は間仕切り壁だったので、
中がスカスカで追加しやすかったみたいなんだけど、

こちらは外壁で、グラスウールがギュウギュウに詰まっているので、
ちょっと難しかったみたい。

、、ということで、

コンセントについては、新築時に失敗しても、
ある程度であれば、リカバリーは可能です

on 家づくり その後 (no comments)

子どもリビングの小屋裏収納6

子どもリビングの小屋裏収納、
電気工事が入りました!

ここの続きです。

子どもリビングのロフト計画
子どもリビングの小屋裏収納
子どもリビングの小屋裏収納2
子どもリビングの小屋裏収納3
子どもリビングの小屋裏収納4
子どもリビングの小屋裏収納5

DSC09761.jpg

前回もご紹介した、
アンティークの陶器スイッチ。

DSC09742.jpg

小屋裏の 「中」 に付けてしまうのは
何だかもったいなかったので、外側というか、
子どもリビングの壁に付けてもらいました。

DSC09757.jpg
DSC09750.jpg

こちらは、主照明のブラケットライト。
松本船舶の「ゼロデッキライト」のシルバーです。

DSC09756.jpg

こちらが、小屋裏収納用のコンセント。

右側の4口が普通のコンセントで、
左側の2口が、スイッチ連動コンセントになっています。

つまり、入り口の陶器スイッチを ON にしたときだけ、
このコンセントが通電するようにしてもらいました。

色んな使い方が考えられて、
例えば、、

DSC09800.jpg

こちらは、ゴーリキアイランドのマリンライト。
外灯に付けてあるものの、白タイプです。

こちらは、本当は壁とかに付けて使うものなんだけど、
コンセントに挿せるように改造して、使おうと考えています。
延長コードの先に、このマリンライトが付いてる感じ。

そうしてこれを、さっきのスイッチ連動コンセントに挿せば、
自由に移動できるマリンライトが出来上がる、と。

一応予定では、これを白い木箱か、枕木とかの上に置いて使う予定。
なので小屋裏収納の照明は、さっきのシルバーのライトと、
この白のマリンライトの2つになります。

他にも、ホットカーペットをスイッチ連動コンセントに挿して
使うようにすれば、「消し忘れ」 がありません。
照明が消えてれば、確実にホットカーペットの電源も切れてると分かる。

DSC09505.jpg

ということで、ひとまずこれで、大工さんや
電気屋さんが入るような工事は終わりです

あとは気長に DIY で、
梁を白にしたり、壁紙を貼ったり、漆喰を塗ったり、、
をしていく予定です。

子どものアルバムとかを収納するのに、
本棚もあった方が良いよなあ、、作ろうかなあ、、と思ってる。
(今はダンボールに入れての収納なので、アクセスしずらい)

大変と言えば大変だけど、好き勝手できて、
失敗してもあまり気にならない空間なので、
いろいろ楽しみでもあります

DSC09746.jpg

あ、あと、子どもリビングの入り口の壁に、
こういう棚板も付けました。

ペンキ屋さんが持ってるような古材です。

良い感じです

on 家づくり その後 (no comments)

Ra90のクリアLED電球と演色性

結構前のことになるんだけど、、(5月くらい)
前々から気になっていた LED のクリア電球を試してみました。

照明についての他の記事はこの辺です。

In the bottle lamp
Ra90 の LED 電球
ダイニングとリビングについて2
ペンダントライト

DSC06261.jpg

試してみる気になったのは、Ra (平均演色指数) が
東芝キレイ色と同じ、 90Ra のクリア LED 電球を見つけたから。

一番左が 60W の白熱電球、
中央が 10W で 810ルーメン (60W相当) のクリア LED 電球、
右が 40W の白熱電球 (耐震電球)。

サイズは白熱電球とほとんど同じ、という謳い文句告だったんだけど、
やっぱり LED 電球の方がまだ大きいです。

DSC00056.jpg

この写真は前のアパートのときの写真だけど、
我が家でダイニングに使っているこの照明は、
天井や壁への光の広がりがとても綺麗です。

これが LED でどうなるかな?というところなのだけど、、

DSC06265.jpg

まずこちらが、先ほどの照明器具 (他の記事で詳しく紹介しています) に、
60W の白熱電球を付けたときの様子。

DSC06257a.jpg

で、こちらが 810ルーメン、Ra90 の LED クリア電球。
うーん。。

330度の広角配光らしいのだけど、やっぱり配光が足りない。
輝きが弱くて、キラキラ感と温かみが足りない感じ。。

これで消費電力 1/6 に出来るかな??、と淡い期待を抱いていたのだけど、
残念ながら、やっぱりまだ白熱電球の代替にはなりませんでした

DSC06748.jpg

ただこういう、壁や天井への映り込みを
楽しむ訳ではない照明器具の場合は、
代替にならないことも無いかもです。

追記:2016/2/26
大分前のことで、すっかり忘れてたんだけど、、
このLED電球、使い始めて6ヶ月くらいで壊れました。

点かなくなる、のではなく、ピッピッピッという感じで、
周期的に明滅を繰り返す感じ。

予想していた通り、LED そのものは長寿命でも、
LED の制御基盤がダメダメなんでしょう。

東芝のキレイ色 (LED電球) は、10個くらいあるはずだけど、
未だに一つも壊れていません。

ここまで耐久性に差があるとは、、って感じです。
LED電球については、もう無名メーカーは買わないですね。。

DSC06744.jpg

電球部分はこんな感じ。

ただ、今回東芝以外のメーカーの 90Ra の電球を使って思ったのは、
同じ 90Ra でも、結構違いがあるな、ということ。

気が滅入る・滅入らないで見ると、同じ 90Ra でも、
東芝のキレイ色の方が、明らかに勝っていると感じます。
(絶対にブラインドでも分かる)

Ra で表されるのは R1~8 だけで、R9~15 は非公開だし、
好ましい方にズレても不快な方にズレても、Ra にすると同じになることもあるみたいだし。

R9 (鮮やかな赤) とかが、あんまり良くないんじゃないだろうか。。
このクリアLED電球は、何だか赤みが不自然な気がする。

cl-500a_01.png

ちなみに、、

CRI は、Color Rendering Index の略で、「演色評価数」 のこと。
ある光源で、R1 から R15 で規定された色見本を照らしたときに、
どれだけ理想の色からのズレが少ないか、を評価している。

R1~15 のうち、R1~8 の平均を取った値が、Ra (平均演色評価数) と呼ばれていて、
R9~15 は、特殊演色評価数と呼ばれている。

厳密にはちょっと違うっぽいけど、この演色性が高ければ高い程、
太陽光に近い、ということになるらしい。
(ダウンライトを選ぶときに、散々調べました…)

上記の画像は、コニカミノルタさんのサイト からの抜粋です。

CCS2.jpg

こちらは、CCSさんのサイト からの抜粋。
Ra が良くても、R9 とかがダメダメな LED も存在するということが、良く分かります。
(Ra を公開してないのは、多分ほとんどこんな感じ)

美術館とかで使うのは、一番下みたいな LED なんでしょうね。

最後に、パナソニックさんのサイト から抜粋です。

こちらは、字だけですが、Ra はあくまで色の再現性であって、
好ましさの指標じゃないんだよ、ということが分かりやすく説明されています。
Ra という数値で全てが語れると思わないように、ということですね。

「演色評価数は、物体の色の見えの好ましさの程度を表わす指数ではありません。

Raの値は、対象とする光源の基準光源に対する色ズレの大小を数量的に表わしたものであるため、その色ズレが好ましい方向の色ズレであっても、好ましくない方向の色ズレであっても、Raの値は小さくなります。
したがって、Raの数値の大小で色彩を好ましく見せるかどうかを判断することはできません。

例えば、人間の顔色は少し本来の色彩よりもややピンク系にずれている方が好まれますが、黄色もしくは緑色にずれた場合には非常に不快に見えます。
演色評価数は色ズレが好ましいか不快かについて全く関係なく計算されているので、演色評価数が同じ値であってもその実用価値は全く異なります。」

Ra 信者にならないように、ということですね。
Ra だけでは、そのズレが良い方向なのか悪い方向なのかは判断できない。

すごく分かりやすいんだけど、
ただこんなに 「演色性は重要だ」 と強調しておきながら、
EVERLEDS とかのパナさんの LED 電球には Ra が載って無いのが、
ちょっと、、、ねぇ? というところなんですが。。

「光色や演色性を十分に考慮する必要があります」 と言うなら、
考慮するためのデータを公開してくれよ、と。。

あと、もちろんこれは、Ra が低い=太陽光からのズレが大きい、場合の話であって、
Ra98 とかまで来れば、LED だとメーカーごとに差が出るなんてことは無いんでしょう。

Ra90 レベルだと、ズレの方向による好ましさの違いは、
無視できないレベルになるということが今回のクリアLEDで分かりました。

あ、でも、R9~R15 が極端に悪いだけかもしれないのか。。
メーカーは隠さず全部公開して欲しいですね。。

とにかく今は、CRI が表記されていない LED が多すぎるので、
早く CRI の表示が当たり前になるくらいに、演色性というパラメータが
一般的になってほしいです。

on 家づくり その後 (no comments)

ウォールシェルフを買いました

こんなの買いました、です。

DSC09585.jpg

木の、、棚??

何て呼ぶのか分からないけど、
小物を置ける木の棚を買いました。

DSC09593.jpg

こんな感じ。

、、という、ただそれだけの記事でした。

ほぼ衝動買いだったので、
大した考察もなし。。

on 家づくり その後 (6 replies)

In the bottle lamp

In The Bottle Lamp を追加購入しました。

DSC09463.jpg

ダイニングとリビングについて2
ペンダントライト

DSC00202.jpg
DSC00201.jpg

こちらは、引渡し当時から使い続けているランプ。
ダイニングとリビングについて2 と同じ写真)

DSC09581.jpg
DSC09605.jpg

で、今回新しく2個、追加購入しました。

これで全4種類コンプリート!!

DSC09614.jpg

これはまだ、取りあえず置いてみただけだけど、
追加の2個は、普通のコンセントに挿して、
棚とか机の上に置いて使う予定です。

DSC09616.jpg

こんな感じ。

引っ掛けシーリングを普通のコンセントの形状に
変換してくれるプラグが付いてくるので、
それを使ってコンセントに挿すだけ。

DSC09630.jpg

昼白色を入れてデスクライトにするか、
電球色を入れて常夜灯にするか、、

いろんなところに置いてみながら考えているところなんだけど、
常夜灯にするなら、白熱電球はちょっと電気代が気になるので
(と言いつつ、費用対効果は高いと思うので、大して気にしてないんだけど…)、
上の写真(点灯と消灯の両方)では、LED を入れています。

入れているのは、「Ra90 の LED 電球」 で少し書いた、
東芝の 「キレイ色」。 Ra90、E17、5.5W。

今年の2月くらいにこの電球を使い始めた後、
他にも Ra90 の LED クリア電球とか、いくつか試しはしたんだけど、
未だにこのキレイ色が一番、色がきれいだなあと感じる。

クリアじゃないのはちょっと残念だけど、
置いて使う分には、ほとんど気になりません。
(上から見ても、電球はほとんど見えないので)

1ヶ月フル点灯で、電気代は 88円です。
(※我が家の電気プランの場合。計算は下にあります)

DSC09485.jpg

こちらは、残りの1個を棚に置いてみたところ。

電球は、付属で付いてきたシャンデリア球。
E17、15W。

1ヶ月フル点灯で、電気代は 241円。

DSC09488.jpg

さすが、どこに置いても様になる。。

一晩、常夜灯として使ってみたけど、
すごい良い感じでした。

hapie_time.jpg

ちなみに、我が家の電気料金プランは、
関西電力の 「はぴeタイム」 というもので、
時間帯によって 1kWh 当たりの単価が変わります。

消費電力 1W のものを 24時間使い続けると、
1日あたりの電気料金は、
平日だと0.551円、休日だと0.493円。
(平日と休日で、料金単価が変わる)

1W を 1ヶ月使い続けると、16.1円。
(平日22日、休日8日として計算)

なので、この In the bottle lamp の 15W シャンデリア球だと、
1ヶ月点けっ放しのときの電気代は、約241円になります。

241円で、1ヶ月のあいだ、心地よい明かりでリラックスできるなら、
安いもんだと思うんですよね。
スタバのコーヒー1杯で1ヶ月ですよ。
抹茶ティーラテだったら、1杯分で2ヶ月近くもちます

コストパフォーマンスが高いと書いたのはそういう意味で、
白熱電球は、演色性100Ra という超ハイスペックな照明なのに、
「省エネ」 という観点でばかり語られてしまって、
フェアじゃないというか、あまりに議論が一面的すぎるよなあ、と思う。

ただまあ、1個だけで見ると (しかも 15W) 大したことなくても、
使う数が増えると、じわじわと効いてくるんだけど。。

ということで、早くキレイ色のクリアが出ないかなあ。。
というところです。

DSC09722.jpg

もう一つちなみに、、
白熱電球が 100Ra と言っても、それは各波長の光がバランスよく入っている
という意味であって、太陽光と同じ自然な色合い、という意味ではないみたい。

理由は、色温度が違うからで、カメラだったらホワイトバランスを
2700K くらいにすると、太陽光に近い自然な色合いになる。

上は、キレイ色の電球色を 2700K で撮ってみた写真だけど、
すごく自然な色合いで、全く気が滅入る感じの色味がなくて、
さすが 90Ra だなあ、という感じです。

on 家づくり その後 (no comments)

子どもリビングの小屋裏収納5

窓枠とドアの塗装ができあがりました!

この辺の続きです。

子どもリビングのロフト計画
子どもリビングの小屋裏収納
子どもリビングの小屋裏収納2
子どもリビングの小屋裏収納3
子どもリビングの小屋裏収納4

DSC09637.jpg

淡いパステルブルー? というのか、
何と言うか分からないんだけど、
ものすごく良い色。。

スタイルハウスさんのコーディネイターさんのブログ に、
ドアをこの色に塗ったお家の写真がアップされていて、

「ここのお家のドアと同じ色が良いです!!」

とお願いしました。

DSC09670.jpg

近くで見ると、こんな色。

お施主さんの希望の色になるまで、
スタイルハウスさんが調合を繰り返して作った色らしいです。

DSC09666.jpg

こちらは、フローラガラスの窓。

ついに我が家で唯一の室内窓ができました。

ホワイトで塗装すると、全然印象が変わります。

DSC09716a.jpg

ただの白ではなくて、
ここはシャビーな白にしてもらいました。

茶色を塗った後に白を塗って削るかとか、
いろいろ話していたんだけど、スタイルハウスさんが
ちょっとこれを試してみたい、ということで、、

DSC09475.jpg

こちら、「エイジングリキッド (Imagine Aging Liquid)」 を
試すことになりました。

壁紙屋本舗と、ターナー色彩株式会社のコラボ製品みたいなんだけど、
かなり良い感じでアンティーク調になる。

しかも施工に掛かる時間も短くて、
朝に白を塗って、2時間くらい乾かした後に、
これをちょちょっと塗れば完成。

半日も掛からずに(実際に掛けた時間は1時間ぐらい)、
こんな感じになるとは思ってなかったので、
ちょっと驚きでした。

DSC09651.jpg

はしごは、前回もご紹介したとおり、
パナソニックのロフト用はしご、CWL282 です。

向かって右側の壁に収納されます。

ちょっと下が切れちゃってるけど、完全に浮かすんじゃなくて、
少しだけ脚を床に付けることで、パッと見た感じの
安心感が増すみたいなので、そうすることに。

女性一人でも持ち運びできるくらいに軽い。

引っ掛けているポール部分は、
はしごと接触して剥げちゃわないように、
あえてアルミそのままになっているらしいです。

DSC09697.jpg

ステップ部分に蓄光素材が使われていたりして、
細かいところもなかなか凝っています。

大分前から使ってきたけど、
最近のはずいぶんと良くなりました、
と言ってました。

なかなか高いけど、まあ高いだけのことはあるな、と。

一つだけ苦言を呈すとすると、
ステップの滑り止めのための凹んだ部分と、
はしごの左右の間にたまるホコリが
ちょっと掃除しにくそうかなあ、と思う。

滑らかになってなくて段差があるので、
手とかタオルじゃ取れないですね。
ブラシヘッドを付けた掃除機じゃないと無理。

まあでも、マイナスはそれぐらいで、
全体的な満足度はかなり高い一品です。

DSC09652.jpg

これが、はしごを掛けてない状態の
ちょっと引きの写真で、、

DSC09659.jpg

こちらが、はしごをセットしたところ。
かなり安定しています。

両手に荷物を持つのはちょっと怖いけど、
片手であれば、ダンボール一杯に本が入ってても、
あまりグラグラせずに上れちゃう。

最大 150kg まで大丈夫らしいです。

DSC09699.jpg

ちなみにこちらは、
来週の電気工事で取り付け予定の、
ブラケットライトと照明スイッチ。

照明の方は、松本船舶の、
「ゼロデッキライト」 というもの。
重厚感があって、かなりかっこいいです。

右は照明用の陶器スイッチ。

この形の白いタイプは、廃盤?になっちゃったか何かで
もう全然手に入らなくなっていて、ようやく見つけたのが、
こちらのシルバーのアンティークのもの。

このシルバーがあまりにもかっこ良かったので、
それに合わせて、急遽マリンライトもシルバーに変更しました。

ちなみにこのスイッチは、
パステルブルーのドアとフローラガラスの窓の間の、
黄色のマスキングテープで×を付けているところに付く予定です。

on Web内覧会 (no comments)

キッチンについて3

思い出したかのように、
Web内覧会の続きです。

キッチンについて
キッチンについて2

の続き。

DSC09356.jpg

これは絶対に付けたい!という希望で、
我が家のキッチンには、タッチレス水栓を付けています。

LIXIL の、ナビッシュというもの。

うちが水栓を検討していた去年の春くらいの段階では、
A7 と B7 というタイプがありました。

台座が付いてるかどうかと、
「ルミナスサイン」 という、吐水中の水・お湯の温度をライトの色で
示してくれる機能が付いてるかどうか、の違いなんだけど、、

Picture1_20141130171142cfa.png

こんなのですね。

ルミナスサインの有無でかなり見た目の高級感が違っていたので、
我が家では A7 (SF-NA571S) にしてもらいました。

使い始めて1年経ちましたが、すごく便利です。

汚れた手でレバーを触る必要が無いところの便利さとか、
期待していたのとまったく同じ使用感。

ルミナスサインも良い感じで、光ってるのが単純にキレイというのもあるけど、
お湯を出したときに、赤だと熱すぎ、青だとまだ水のまま、と分かるので、
手で吐水に触れて温度を確かめる必要が無い。

説明書によると、27℃以下だと水色、47℃以上だと赤色、
その間だと黄色、ということになっているらしい。
確かにそんな感じです。

DSC09458.jpg

あと、これは、ナビッシュ以外にはあまり無かったのかな、
水専用のセンサーと、水・お湯 (レバーで事前設定できる) 用の
センサーが分かれてる点が、とても使いやすい。

水の方のセンサーに手をかざすと、
固定量の水 (1分間に4リットル) が出てくるんだけど、

お湯の方のセンサーだと、
上の写真の調整レバーで事前調整した
温度+流量で出てきます。

あと、ホースが伸びてハンドシャワーになったり、
整流とシャワーを切り替えれたり、、
という基本機能も、もちろんちゃんと入ってる。

DSC09359.jpg

ただ一つ、不便に感じたことがあって、
それは、ON/OFF のスイッチが無いこと。

タッチレスと言っても、水飛沫は掛かるので、
本体表面に少しずつ水垢汚れが付いてきます。

で、タオルとか拭くんだけど、
センサーが反応してバシャーッと水が出てしまう、と。。

結局、原始的だけど、本体を拭き磨きするときは
根元から電源を OFF にしてしまう、という案に落ち着きました。

ということで、ナビッシュの電源とコンセントの間に、
スイッチで ON/OFF できる電源タップをかませています。

DSC09365_20141130173243c5d.jpg

話は変わって、、

洗面室でご紹介した DULTON のウォールペーパーホルダーを、
キッチンにも付けています。

キッチンタオル代わりなんだけど、
これもとても便利です。