on 家づくり その後 (8 replies)

庭にパーゴラ設置4

庭にパーゴラ設置1
庭にパーゴラ設置2
庭にパーゴラ設置3

の続き。

ついに電気工事が完成しました

DSC01446_20150712140047f5d.jpg

こちらが、外壁に近い方の照明。

「UNION ムーバブル ブラケットライト」 というもの。
ブラケットとシェードを別々に組み合わせられます。

DSC01483_20150712140051aea.jpg

こちらが外向きの照明。

「IEPE-FW レトロ ブラケットライト」 というものです。

口金 E26 なので、基本的には40W や 60W などを想定されているんだけど、
どうもそれだと、明る過ぎて雰囲気を損なってしまうので、
E26 10W という、非常に暗めの照明を付けています。

これだと小さいから、シェードの中にすっぽり隠れるので、
電球が頭に当たってしまうことも無い。

DSC01374.jpg

スイッチは、外壁に穴を開けて、
通気層を通して配線してくれました。

DSC01581.jpg

完成したところ。

一連の工事は、家を建ててくれたスタイルハウスさんに頼んでいるから、
来てくれる電気屋さんも、新築時に来てくれたのと同じ方。
だから、隠蔽配線に出来たところがあります。

旧ウッドデッキである、縁側の下に潜って隠蔽配線してくれたんだけど、
普通はどこにどういう配線が通っているか分からないから、こういうことは出来ないと。
安全に、外からモールを這わせることになっちゃうらしい。

DSC01582.jpg

DSC01579.jpg

別の角度から見たところ

DSC01475.jpg

DSC01587.jpg

ロールスクリーンも付きました!!

タチカワブラインド製のロールスクリーンです。

DSC01441.jpg

これは、雑貨屋さんで買った、、何ていうんだろう、、?
アイアンフレーム??

DSC01420.jpg

DSC01423.jpg

もとはただのフレームで、立て掛けてしか使えなかったので、
こんな感じで蝶番を付けてもらいました。

閉じたり開いたりできます。

DSC01399.jpg

あと、ついでに、ガーデンライトも設置してもらいました。
いつも通り、部材は施主で購入。

普通の柱を白く塗って、
その上にマリンライトを設置

DSC01407.jpg

DSC01462.jpg

パーゴラの奥の照明は、
積み上げたレンガの上にマリンライトを置いたもの。

DSC01468.jpg

右奥のオリーブの横にも、
白の柱の上にマリンライト

どれも取り合えず、E17 の 25W クリプトンを付けています。

10W でも大丈夫かなあ。。
クリアの LED で良いのが出れば、それにするんだけど。。

DSC01403.jpg

でも、庭の隅に照明があると、夜がすごいですね。
ものすごく広く感じるようになりました

DSC01584.jpg

ちなみに今日は、今年初めてプールを出しました。

やっぱり屋根とシェードがあると良い感じです

on 家づくり その後 (no comments)

ホームシアターについて3

ホームシアターについて
ホームシアターについて2

の続き。

今回は使用感などを。。

と言っても、他の機種等々と比較できている訳でもなく、
ホームシアター初心者のただの感想ですが。

まず、肝心の 5.1CH の音について。

映画では正直、2CH と 5.1CH の違いは
ほとんど分かりませんでした。

でも、ライブ Blu-ray では、
5.1CH の効果がはっきり分かった感じ

DSC01563.jpg

まず映画の方だけど、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 の、デロリアンの初登場シーンで、
デロリアンが正面から後ろに通り抜けていく場面。

あそこで、「あ、後ろに行った!」 とはっきりと
感じたぐらいで、それ以外のタイトルでは、それほど
「おー、さすが 5.1CH!」 という感じはなかった。

確認したタイトルは何だったかなあ。。

 「ゼロ・グラビティ」
 「アナと雪の女王」
 「インセプション」

、、他にもいろいろあったはずだけど、忘れた。。

よく、グラディエーターとかパールハーバーとかが
効果が分かりやすいというけど、別にそこまでして
効果を確認したい気も徐々に無くなってきた感じ。

テレビのスピーカーと、BDV-N1B の違いは
もう天と地ほどの差があるけど、2CH と 5.1CH の違いを
感じれる瞬間はあんまり無かったです。

あるときは、リアスピーカー用の受信機の電源が
抜けちゃってたことに、映画の最後まで気付かなかったし。。

DSC01520.jpg

で、ライブ Blu-ray の方。

こっちは、2CH と 5.1CH で、全っ然違います。
囲まれ感が、もうはっきりと違う。

ソースが 5.1CH でなくても、自動で 2CH を 5.1CH に
してくれるんだけど、それでも十分にサラウンド感がある。

同じ Blu-ray に、2CH LPCM と 5.1CH Dolby の両方が入っていたので
聴き比べてみると、5.1CH 音声の方が重低音が効いていて、
あとちょっとサラウンド感が増す感じ。

ここは何か、好みな気がするので、
ソースが 2CH か 5.1CH かはあまり関係ない気がする。

DSC01507.jpg

「オールフロント」 という並べ方は試したことが無いけど、
ライブ Blu-ray を地響きがし続けるくらいの大音量で聴いていると、
やっぱり後ろにスピーカーがあるとないとでは全然違う、とは感じます。

映画を見ているときは、今のところそれほど
「早くスクリーンか大きい 4K で観たい!」 と思わないけど、
ライブ BD のときは強くそう思います。

DSC00234.jpg

Blu-ray とかではなく、CD音源そのものについては、
やっぱり付属のスピーカーでは、物足りない感がある。

シャリシャリ感があると言うのかな?
ダイニングで使っている Pioneer のスピーカーの方が良い音です。

まあ、この価格でこれだけの機能が付いて、
さらに単体で売ってるようなスピーカーと互角のクオリティだったら、
その方がすごすぎですが。。

BD 再生機能その他は問題なく満足しているので、
そのうちフロントの2本だけ、スピーカーを買い換えると思います。

DSC01568.jpg

ちなみに、PC に保存した音楽のネットワーク経由での再生には、
foobar2000 というソフトのサーバー機能を使っています。

数ある音楽サーバーソフトの中から foobar2000 に落ちついたのは、
ナビゲーションツリーが自由に作成できるから

上の画面で選択しているところは、
 「レートが★4個以上のファイルだけを、ジャンル → アーティスト → アルバム → 曲、の順番に絞り込みできる」
ように作成したナビゲーションツリーを選択したところ。

話は戻って音楽再生についてだけど、
どうも iTunes でロスレスでリッピングした Apple Lossless (ALAC) が、
BDV-N1B では再生できない感じ。

サポートの人は 「出来る」 と言うんだけど、どうしても出来ない。。
このファイルはサポートしていません、と言われる。

ということで、foobar2000 側で mp3 や wav に変換して配信させるんだけど、
そうすると、アルバム名などのタグが抜け落ちる。。

まあ、再生中ファイルのアルバム名が表示されないだけだから
別に良いんだけど、まあそういうことがありました。
ちなみに、MediaGo という SONY 謹製のサーバーソフトでもダメでした。

DLNA については、当初の目論見通り、
動画の配信も問題なく使えています。

この 「動画のクライアント機能」 はほとんどの
AVアンプが持っていない機能なので、これで良かったなと。

Playstation Media Server (PMS) の v1.90.1 で、
PC 内の動画を特に問題なく配信できています。
ちなみに REGZA の方へは、PMS for REGZA で配信。

ちなみに、テレビ (BLAVIA) にも DNLA 機能は付いているけど、
プロジェクターで映せなくなるので NG。

、、、ざーっと書いたけど、こんな感じですね。

総合すると、大変満足の行く製品でした。

on 家づくり その後 (no comments)

ホームシアターについて2

ホームシアターの続きです。

ホームシアターについて

今回は、使用感云々ではなく、リアの配線の話ばかりですが。。

DSC00980.jpg

ソニーの BDV-N1B を買ったのが前回。

全体的にまだ 「取り合えず設置しました」 レベルだったので、
ひとまずリアスピーカーのケーブルを何とかすることに。

前回も書いたけど、BDV-N1B のスピーカー端子は、
本体側のみ専用のコネクタが使われています。

が、配線そのものは普通のスピーカー配線なので、
いくらでも切って貼っての延長が可能。

なんだけど、ちょっと面倒だったので、今回はソニーから直接
BDV-N1B 用の 10メートル・リアスピーカーケーブルを購入しました。

代引料金を含めて 5,000円くらいだったかな。
ちなみに、標準で付属のリアケーブルは 5メートルです。

20130714200849fc9_20150620223012fd3.jpg

ホームシアタースピーカーを設置している子どもリビングには、
こんな感じでテレビ側に複数の先行配管を通してあります。
(懐かしい… がんばって穴を開けました… )

この配管を使って、リアスピーカー用のケーブルを、
部屋の後方の壁まで持っていきます。

ちなみに 1階からは、今のところ
LANケーブルとテレビ用の同軸ケーブルが延びてきています。

LANケーブルは、ネット用じゃなく DLNA 用。
映画とかフル・ハイビジョンの映像の転送が可能です。

DSC00985.jpg

さっそく、導線ワイヤーを通します。

部屋の前方のテレビの裏から入れたワイヤーが、
部屋の後ろの壁に開けた穴から出てきたところ。

DSC00986.jpg

ワイヤーの先端にスピーカーケーブルを付けて、
ぐいぐい引っ張ります。

なんだけど、ここで誤算が…

ワイヤーは15メートルあるんだけど、
どう考えても12メートルくらいは配管の中に入ってる。。

10メートルのケーブルでは足りません。
ということで、ケーブルをカットして、標準で付いてきた
5メートルのケーブルで継ぎ足しました。

結局継ぎ足すんだったら、ソニーから10メートルケーブルを
買わなくても良かったじゃん…という話なんだけど、
まあ、仕方ないです。

DSC00988.jpg

で、完成

コンセント部分は、パナソニックのブランクチップの
中央に、ドライバーで穴を開けただけ。

DSC01507.jpg

適当に高さ決めをしたので、高さが違ってますが。。

音質は、素人の耳で聞く感じでは、
延長前後で全く変わらない。

DSC01510.jpg

リアスピーカー用の受信機は、テレビの真下に置いただけ。
電波の方向的に大丈夫かな?と思ったけど、
問題なく受信できています。

フロント側は、まだ配線見えまくり。。

2×4 で、部屋の端から端まである簡単な机(テレビ台)を
作ろうとしていて、それが完成すれば隠れるはず

on 家づくり その後 (no comments)

庭にパーゴラ設置3

庭にパーゴラ設置1
庭にパーゴラ設置2

の続き。

DSC01222a.jpg

屋根が付きました

雨どいも付けてくれています。

DSC01102.jpg

最初は、こんな感じで透明の屋根だけだったんだけど、
ちょっと汚れが気になり過ぎる?
雨ならまだしも、黄砂の季節とかやばいかも??

という話になって、スタイルハウスさんがこの上からさらに、
乳白色のポリカーボネイト板を取り付けてくれました。

この下に、サンシェードとして
ロールスクリーンが付く予定です。

ちなみに、透明の方はアクリル板。
両方合わせた強度は相当なもので、普通にその上に乗っても大丈夫らしい。
(実際、大工さんが普通に乗ってた…)

DSC01243.jpg

道路から見たところ。

ウッドデッキだけだった頃よりも、
明らかにプライベート感は上がってる感じ。

DSC01293.jpg

床も出来てきました!!

東京水産の、
VENEZIA (ヴェネツィア)」 というタイル。

非常に良い感じです
玄関とかに使うとすごく良さそう。

DSC01296.jpg

転ばぬ先の杖ということで、アプローチのレンガでも
使ったサーファポア (撥水材) を塗布。 (残りもの)

アプローチのレンガについては、
ガラコみたいに水を弾いていたのは本当に最初だけで、
その後は効いてるのかどうか分からない感じでした。

でも、他の場所で野ざらしにされているレンガと比べると、
もう雲泥の差で汚れの付き方が違う。

パッと見では弾いてなくても、ちゃんと撥水してるっぽいと
いうことで、その後もタイルとかレンガとか目地とかには
サーファポアを使うようにしています。

DSC01298.jpg

乳白色のサラサラの液体。
塗るそばから乾いていくから、どこまで塗ったのかが
すぐ分からなくなっちゃう。。

このタイルは自然石なので、
タイル本体にも撥水効果がありそうです。

ここでBBQをする予定で、
油やら何やらがいっぱい飛び散るはずなので、
少しでも汚れが付きにくくなると良いなと

DSC01342.jpg

枕木の周りには、防草シート (ザバーン) の余りを敷いて、
その上に瓦チップ、さらにその上に、くるみの殻を敷き詰めました。

DSC01343.jpg

6月中に完成予定!と言いながら、
連日の雨で思うように進んでいなくて、
7月に入っちゃってます。。

今は電気工事待ち。

on 家づくり その後 (no comments)

マジックホースの破裂と修理

マジックホース」 の続き。

使い始めてから約1ヶ月半。
ついに? マジックホースが破断しました。。

DSC01347.jpg

工務店さんにパーゴラの設置をしてもらってるんだけど、
多分誰かが、普通のホースの感覚で、無理に引っ張っちゃったんでしょう。

中はゴムで出来ているので、引っ掛かったまま引っ張ると、
一箇所に負荷が掛かって、簡単にゴムが切れちゃうんだと思う。

最初は、穴が開いて水漏れする感じだったんだけど、
その後 1~2回だましだまし使ったら、完全に真っ二つになりました

ただ、ホース自体は、布チューブの中にゴムチューブが
入っているだけの、超簡単構造。

一度ジェットで Stop & Go を繰り返していたときに、
シャワーヘッドが吹っ飛んでびっくりしたことがあったんだけど、
この構造だと破れても簡単に直せそうだな、という感触がありました。

ということで、布地をハサミで切って、
ゴムチューブを露出させたのが上の写真。

DSC01349_20150701221045e40.jpg

こちらは、水栓への取り付け部分。
回せば簡単に外れるので、外します。

DSC01353.jpg

こんな感じ。

その後、もともと付いていたチューブを外して(途中で断裂してるので)、
シャワーヘッドに繋がっている方のチューブを取り付けます。

上の写真は、そうやって作業した直後なんだけど、、
もうシワみたいに薄い部分が見える。。

うーん、、見るからに脆そうですね。。

DSC01358.jpg

何はともあれ、ちょっと短くなったけど元通り!
全然問題なく使えます

手探りで作業を始めてから5分くらいしか掛かってない。
組み立てに迷いようのないほど簡単な構造です。

これは、あれですね。
破裂と修復を繰り返すとともに、ホースがどんどん短くなって、
最後に腕の長さぐらいのホースになって、その一生を終えるという。。

まあ、一回破れたぐらいなら、もっとも運が悪くても
ホースが半分になっちゃうだけなので、
そういう意味ではそこそこ長く使えるのかも。。

あと、マジックホースに、引っ張りは厳禁ということがよく分かりました [emoji:i-280]
普通に水を出しているときのゴムの膨張で、限界な感じがします。

ちなみに、3つに分かれているうち真ん中の1つは、布地だけです。
ゴムチューブが布チューブの奥に入って取りにくかったので、
面倒になって切っちゃいました。