on 家づくり その後 (3 replies)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

DSC03382.jpg

薪ストーブがフル稼働。
火が見たくて付けるものの、暑い!と言われて窓を開けられる。。

DSC03404.jpg

お正月には薪ストーブで鯛を焼きました。

DSC03414.jpg

完成!

魚はあまり、「焼き過ぎる」 ということが無い。
ピザと違って焦げるのはうろこだし、焦げてるのがまた美味しい。
調理する方としては気が楽です。

DSC03298.jpg

調子に乗って、次はお肉を。

DSC03309.jpg

いざ焼いてみたのだけど、熾き火が少なく、残念ながら火力が弱い。。
どんどん肉汁が出てくる上、中央までなかなか火が通らなくて、焦る。。

こういう良い天気の日は、ストーブの火力を上げると
窓を開けても追いつかないくらい暑くなってしまう。
焼く直前に小さい薪でブーストをかけたのだけど、
やっぱりそれだと熱量が足りなかったみたい。

この後、試しにお肉をスライスして IH で焼いてみたんだけど、
こっちの方が火加減を調整できて美味しかったです。

外気が氷点下とかなら、ガンガン焚けるんですけどね。。
「無理にストーブで焼く必要は無い」 という良い教訓になりました。

DSC03331.jpg

夕方、小腹が空いてきた辺りで、次はピザを焼きます。
さすがにずーっと窓を開けていると、少しだけヒンヤリしてきたので
今度は炉内をしっかり暖めてからのトライです。

お肉と違って、ピザはやっぱり、薪ストーブで焼いた方が美味しく感じる。
まあ、そんな気がするだけで、ブラインドテストすると「有意差なし!」になるかもだけど。。

DSC03378.jpg

こちらは、翌日の朝食(ブランチ)。

DSC03396.jpg

DSC03376a.jpg

on 家づくり その後 (2 replies)

Ra90 の LED 電球

白熱電球とかハロゲンランプとか、
省エネの真逆を向いている我が家。

久しぶりに調べたら良さそうなものがあったので、
試しに LED を買ってみました。

DSC04013a.jpg

東芝の 「キレイ色」。
演色性は Ra 90。
この演色性の高さに魅かれました。

DSC04218.jpg

取りあえず、今までミニクリプトンを付けていた
PC ルームの電球を LED に交換。

点けてみた感じ、さすが Ra90、かなり自然な色。
ホワイトバランスが上手くいかなくて、写真はちょっと黄色が強いけど、
実際はもうちょっと赤みがあるというか、もっと自然な色です。

前も書いた気がするんだけど、

・ダイクロハロゲン → 「キラキラ、ピカピカ」
・白熱電球 → 「暖かい、落ち着く」
・Ra90 の LED → 「自然な色、ニュートラル」
・蛍光灯 → 「ちょっと寂しい」

今のところ、こんな感じの印象。

DSC04207.jpg

蛍光灯は、写真では結構キレイに写ってるんだけど、
やっぱりどこか、寂しい感じがあるんです。

写真だけ見ると、さっきの Ra90 の LED の写真より
こっちのブラケットライトの蛍光灯の方が好み。
なんだけど、肉眼で見ると、Ra90 の LED の方がなぜか断然心地いい。

ダウンライトで使っている Ra85 の LED は、
まだちょっと 「作った」 感のある色味な気がする。
それでも寂しい感じは無いし、作った感も Ra90 と比較すると分かる
というレベルなので、蛍光灯よりも Ra85 の LED の方が好きです。

ところで最近、パナソニック以外で LED のクリア電球を
販売しているメーカーを見つけました。

CRI=85Ra だそうで、なかなか期待が持てます。
(取り寄せなら CRI=90Ra もあるみたい)

パナのクリア電球は、演色性の値が仕様表に書いてなくて、
きっとまだ仕様として載せれるような値じゃないんだろうな、と想像してる。

CRI=85Ra の LED クリア電球は、近いうちに購入すると思うので、
そのときにまたレビューします。

on 家づくり その後 (no comments)

雪が降りました

雪が降りました

DSC04264.jpg

雪が降ると、庭が二割増しでキレイに見えます。

ベンチがあるだけで、すごく風景が変わる気がする。

DSC04263.jpg

DSC04278.jpg

ただそれだけのエントリーでした

on 家づくり その後 (2 replies)

アイアンハンガーの下地の補修

洗面室のアイアンハンガー。

重い冬服を掛け過ぎたせいか、
壁から抜けかけてます。。

DSC04320a.jpg

こんな感じ。
服を結構掛けていたせいか、上側のネジが壁から抜けてきてます。

工務店さんに電話したら、「直しに行きますよー」 とのことだったのだけど、
何だかとても忙しそうだし、これぐらい自分でやろうかな、ということで、やってみました。

DSC04321.jpg

使ったのはこちら、「どこでも下地 完璧ネジロック」。

硬化液で石膏ボードを硬くして、そこにアンカーを打ち込むらしい。
だから、下地が無くても、ネジ一個で35kg まで耐えられるとのこと。

8箇所用で大体 1500円くらい。
Amazon で頼んだら翌日に来ました。

DSC04350c.jpg

アイアンハンガーを外したら、石膏ボード用のアンカーが付いてあったので、
まずはそれを外します。

で、説明書の通りに7~8ミリの穴を開けようと思ったのだけど、
試しに7ミリのドリルビットを挿し込んだらピッタリ入ったので、
このままで次に進むことに。

このとき気付いたのだけど、何だか下地のベニヤが入ってない気が。。
入れ忘れてはないと思うので、高さが違うかったのかな、、

DSC04344.jpg

付属の綿棒で、硬化液を石膏ボードの断面に染み込ませたところ。
ちょっとはみ出てるけど、、まあ良いでしょう。。

ちなみに、綿棒はすぐにダメになります。
予備を用意しておいた方が良いと思う。
ネジ一箇所に綿棒1本あると安心かな?という感じ。

DSC04443_20140209155654b3d.jpg

硬化液を塗ったら、10分程度以内にアンカーをねじ込みます。

これで一通り完成。
あとは約一時間半、石膏ボードが硬化するのを待ちます。

DSC04448.jpg
DSC04457a.jpg

付属のネジでアイアンハンガーを固定します。

DSC04476a.jpg

完成!!

ネジ1箇所あたり 35kg の強度があるらしいので、
このハンガー掛け全体で、140kg の重さに耐えられることになるはず。

DSC04533.jpg
DSC04538.jpg

まだまだ 「準備運動」 みたいな量だけど、今までと違ってビクともしない!
冬物を20着くらい掛けても余裕そうな感じ。

今後、補強の入ってないところに何か重いものを付けたくなっても、
これだと後付けで結構何とでもリカバリーできそうです。

on 家づくり その後 (2 replies)

今度は大雪が降りました

DSC04692.jpg

またしても雪が降りました
記録的な大雪らしい。

DSC04684.jpg

雪の中、この道を原付で帰って来ましたよ。。

もちろん最徐行です。。

DSC04675.jpg

やっと撮れた、雪化粧の BOBI!

DSC04670a.jpg

ソチの合間に、寒い中がんばって長時間露光でいっぱい撮ったのに、
最初の一枚以外は、ほとんどこんな感じでピンボケ。。

後ろの風景に焦点が合ってるのがくやしい。。

DSC04691.jpg

DSC04664.jpg

夜中に、ドンッ…ドンッ…って音が聞こえるから、
いったい何だろうと思ってたら、屋根に積もった雪が、地面に落ちる音でした。

  * * *

DSC04709.jpg
DSC04713.jpg

一夜明けて、、、
BOBI の上の雪は溶けてました。

DSC04717.jpg

DSC04735.jpg

平屋部分に積もった雪は、ほとんど全部
ウッドデッキの上に落ちたみたい。

DSC04723.jpg

何だかんだで未だに屋根を付けれていないログラック。。

薪はウッドデッキや玄関やストーブの横で乾かしてから使うので、
雨に濡れるのはあまり気にならなくなってきました。

関西に住んでると、やっぱり雪は嬉しい