on 家づくり その後 (no comments)

足場板のテーブルとキャベツボックス

最近、ブログの更新は全然できていないんですが、
ゴソゴソといろいろやってはいます。。

そのうちの一つ、まだ未完成なんだけど、
キャベツボックスと杉の足場板で、
テーブルというかテレビボードを作りました。

DSC01858.jpg
DSC01854.jpg

こんな感じ。

自作のキャベツボックスを5個と、
杉の足場板を2枚使っています。

たぶん、キャベツボックスはこの上から白を塗って、
足場板には淡いブルーを塗ることなるかなと考えてます。

DSC01851.jpg

今いろいろと試行錯誤中で、
こちらの白いのは、キシラデコールのワイスで塗ったもの。
手前の茶色いのは、ワトコのダークウォルナットで塗ったもの。

DSC01846.jpg

こっち側の奥は、まだ無塗装状態のもの。
無塗装のときにしか試せないことを試すために、
方針が固まるまでこのままにしておくことに。

壁一面をテーブルにすることで、
明らかに部屋の広がり感が増しました。

ちなみにここは、柱の芯々で 3640mm なんだけど、
石膏ボードとか漆喰とかもろもろの厚みを引くと、
内寸は 3495mm になっていました。

ここは、オーダーメイドというか DIY。
ぴったりのサイズに出来てます。

DSC01858a.jpg

こちらがキャベツボックス。
SPF の 1×4 と 1×6 で作成。
塗料はワトコのダークウォルナット。

材料としては、普通にホームセンターで売っている
1×4 を 2本と、1×6 を 1本、あと 30×40材を 1本で、
キャベツボックスが1個作れます。
(長さは全部6フィート=1820mm)

木材が合計で確か1200円くらい。
ネジと塗料などなどを含めて 1500円あれば
1個作れる感じです。

巷に売っているキャベツボックスよりガッシリしてる感じ。
華奢な方が良いと思ってたんだけど、出来上がってみると、
こっちの方が安定感があって好きでした。

あと、本当は裏面にチキンネットを張らないと完成じゃないんだけど、
面倒な割に、いざ張ってみると 「別に無くても良いんじゃない?」 という
感じだったので、やめちゃいました。

このネット部分が結構高く付いちゃうし。。

DSC01800.jpg

こちらがキャベツボックスを作っているところ。

まず、1×4 2枚と 1×6 1枚の合計 3枚をすべて、
「(510mm * 2枚) + (310mm * 2枚)」 にカットしてもらいます。
丸ノコが無いので、これはホームセンターでカットしてもらいました。

30×40材からは、330mm を 4つ切り出してもらいます。
(長さ的には 5つ切り出せる)

カットした後の断面は、バリが出ていて汚いので、
サンダーで軽く面取りをして、その後ワトコで塗装。
その後、まず短い方の板を、こんな感じでビス留めします。

ネジは、たまたま見つけた、黒のコーススレッドを使用。

140本で450円と、普通のコーススレッドの10倍くらいするんだけど、
いくつかのネジを試した結果、やっぱり黒がかっこよかったので、
これを使うことにしました。

普通のコーススレッドの皿頭を黒スプレーで塗装しても良いんだけど、
ドライバーを使うとどうしても剥げちゃうし、数も多いので、今回は断念。

まあ、コーススレッド以外の普通のネジよりは断然安いし、これで良いかと。。
ちなみに、このボックス1個で、ネジを48本使います。。

DSC01804.jpg

長い方の板をネジ留めして、完成!

完成サイズは、
幅 510mm、高さ 350mm、奥行き 330mm です。

1×4, 1×6 は厚みが大体 19mm なので、
短辺側は 310mm + 19mm + 19mm = 約350mm。

あっと言う間、ということもないけど、最初の方は 1個1時間くらい。
何個か作って慣れてきたら、1個30分もあれば組み立て出来るかな?
結局、この日 1日で、合計5個作りました。

まあ、大変というか面倒なのは、塗装ですね。
5個分も一気に塗ったので、なかなか大変でした。

ちなみに、今の時点ですでに直したいと思っている箇所が一つだけあって、
それは、ちゃんとネジの頭が出ないように、皿を取る処理をしていなかったこと。

ネジの下穴は開けているので、ヒビ割れは無いんだけど、
皿を取っていないので、ネジがほんの少しだけ、
板より出っ張ることがあります。

普段は別に気にしないんだけど、このボックスを家の中で使う場合、
当然、床に置いた状態で引きずることがある訳です。
そのときに金属製のネジが出っ張ってると、床に引きずった後が
思い切り付いてしまう。

ということで、後で面取りカッターを購入して、
出っ張ってるネジをちゃんと処理しようと考えています。

DSC01819.jpg

こちらは、同じくホームセンターで買ってきた杉の足場板を、
オービットサンダーでサンディングしているところ。
奥が after で、手前が before。

もう、びっくりするぐらいにガサガサなので、
サンディングしないと使えたもんじゃありません。

でも、安い。
幅200mm、長さ4メートルで、1500円ぐらい。
(古材の足場板も検討したけど、高かった…)

厚みは 20mm はあるので、ガッシリ感も十分。
このままだと車で運べないのと、家の中での移動が大変なので、
2200mm と 1295mm にカットしてもらいました。

最初の写真は、これを2枚使って奥行き 400mm にしているので、
これだけの長さのテーブルなのに、木材費は約 3000円。

ちなみに、この足場板、反ってないのを見つけるのが本当に大変でした。。

DSC01822.jpg

サンディングが終わって、キシラデコールを塗るところ。
このキシラデの白は、今のところ、ただの下地になる予定です。

DSC01857.jpg

問題は、小屋裏収納のドアのフレンチブルー?と、
どうやって統一感を持たせるか、なんですよね。。

だから今のところは、
キャベツボックスはこの上からミルクペイントでホワイトに塗装。

テーブルトップの足場板は、小屋裏収納と同じブルーを
使おうかなと検討しています。

あと、ぐちゃぐちゃに見えているケーブル群も
隠れるようにしないといけない。。

on 家づくり その後 (no comments)

足場板のテーブルとキャベツボックス #2

足場板のテーブルとキャベツボックス

の続き。

DSC01948.jpg

キャベツボックスを追加して、
残りの杉の足場板の天板にも塗装をしました。

DSC01942.jpg

無塗装だった杉板には、小屋裏収納のドアを塗装したときに、
スタイルハウスさんに分けてもらった塗料を使用。

DSC01911.jpg
DSC01910.jpg

庭で塗っているところ。
IKEA で買ったビンが思った以上に使いやすい。

詰めてから10ヶ月近く経ってるけど全く乾燥していないところを
見ると、ちゃんと密閉されているっぽいし、
ビンが小さいから、塗料を混ぜるために振りやすい。
(写真では割り箸で混ぜてるけど、必要なかった)

あと、刷毛がそのまま入るから、わざわざ別の容器への
移し変えが不要で、ちょっと塗りたいときにサクッと塗れる。

ワトコとかプラネットカラーも、このビンに詰め替えようかな、と。。
(ミルクペイントはそのままの容器で OK)

DSC01929.jpg

ケーブルの整理には、いろいろと考えたんだけど、
配管パイプ用のサドルを使うことにしました。

たまたまホームセンターで見つけた、真っ白のサドル。
アカギの PPサドル、GP-15 というもの。

結構な硬さがあるので、電源コードとか HDMI ケーブルを
ここに通しても、ふにゃっとすることなく保持してくれます。

DSC01903.jpg

追加のキャベツボックスを作っているところ。。
これで合計で11個作成です。。

DSC01918.jpg

今回はちゃんと、ネジの皿頭を取るようにしました!
ちょっとした手間で、きれいになるもんですね。

今後は、もっと深く掘って、上からダボ埋めしようかなと計画中。。
それだと安価な普通のコーススレッドを使えるし。

こういうのが出来るというか自分でやるようになると、
ショップで売っている既製品の丁寧さとか適当さが、
ちょっとずつ分かるようになってきました。

DSC01905.jpg

ちなみに、こちらが以前も使っていた真っ黒のコーススレッド。

ホワイトもあったので一応購入。
さっきの PPサドルとかは、この白のコーススレッドで留めてます。

DSC01978.jpg

キャベツボックスの白塗装は、ちょっと面倒なので中止。。
これでひとまず完成です。

左右のスピーカーの高さが違うけど、音的には別に気にならない。
というか、ブラインドだったら違いが分からない。。

ツヤ出しには BRIWAX (ブライワックス) が良いらしいので、
その辺を今後は試してみようかなと考えてます。

あ、あと、適度に使い込まれた感を出すために
傷を付けた後に塗装すると良いんだけど、
コンクリートとかレンガの上をズルズル引きずると
良い感じの(意図的っぽくない)傷が出来ることを発見。

この辺も、いかに経年で付いたっぽい傷を付けれるかを
いろいろ試してみようかな、と。。

on 家づくり その後 (3 replies)

プロジェクターを買いました

ご無沙汰しておりました。。
とうとう、プロジェクターを買いました!!

DSC02600.jpg

DSC02601.jpg

買ったのは、EPSON の EH-TW5350 という機種。
緑の風が通るお家」 さんに相談して、お勧めされたもので、
送料を入れて、大体9万5000円くらい。

1080p の Full HD。
真っ白できれいなボディーです。

DSC02603.jpg

昼間に試し投影してみたところ。

カーテンを透けて思い切り光が射しているのに、
すごい明るさ!!

2,200lm というスペックが、明るいのかどうかよく分からなかったんだけど、
これは相当明るい気がする。。

DSC02607.jpg

DSC02605.jpg

夜に投影したところ。

すごい!!
やばいです。めちゃくちゃキレイ。。。

本当に、びっくりするぐらい綺麗で、
テレビと同じぐらいに綺麗だと思う。

ちょうどお正月で家族が泊まりに来てたので、
床に布団を敷いてるんだけど、
寝転びながら映画が見れます

DSC02604.jpg

常夜灯にしている 25W 相当の LED (電球色) を付けたところ。
ちょっとくらい明かりが付いてても、全然楽しめるレベル。

(あえて言うなら、電球色より昼白色の方が良さそうだけど)

DSC02666.jpg

今度はベイマックス。

本当に、ここまで綺麗とは、、っていうくらい綺麗。

ちなみに、この部屋、横幅が 3.5メートルくらいなので、
ざっくり 140インチ (3099×1743) くらいで映ってます。

DSC02650a.jpg

それを見る子供たち。

ひとつ前の写真の視聴位置では、ちょっと首が痛くなりそうなので、
椅子を出して強制移動。

別の日に、ジュラシック・パークの恐竜のシーンに飛ばしたら、固まってました。。

DSC02646a.jpg

プロジェクターの設置場所はここ。

分かるでしょうか?
真正面からじゃなく、横側の壁に取り付けて、台形補正を掛けてるんです。

もともと取り付けようとしていたのは、この写真の中央にあるこの太い梁。
でもこれだと、投影したい壁から 2.7メートルくらいしか離れていなくて、
この距離だと価格ドットコムに掲載されているどのプロジェクターを選んでも、
最大で 100インチにしかならない。

(超短焦点プロジェクターもあるんだけど、そうすると 2.7メートルだと
画面が大きくなり過ぎて、壁に横幅に収まらない)

ということで、
「100インチで我慢できるなら吊り下げる。
もっと大画面にしたいなら、毎回使うときに出してきてセッティングする」

という計画で買ったんだけど、買ってみて初めて 「台形補正」 という機能が
付いていることに気付いて、いろいろいじってるうちに、
「あ、これなら横の壁からでも映せるかも。。」 と。

EPSON のホームページの画像だけど、これですね。
左右で約30度以下なら、補正が出来るらしい。

説明書には、
「映像品質を落とさないためには、スクリーンと本機が平行になるように設置して下さい」
と書かれているけど、正直、素人の目には全然違いが分からないです。

「焦点が合いにくくなる」 という記載もどこかにあったんだけど、
それも分からないですね。 素人の目には、全く気にならない。

これは本当に、嬉しい誤算

DSC02756.jpg

別の角度から。

「アメリカン・スナイパー」のブルーレイ。
ちょっと台形補正の調整が甘いかな…??
ささっと調整しただけなので、もうちょいっぽい。。

今はこんな感じで、プロジェクターから下にケーブルが
延びてるけど、ゆくゆくは隠蔽配線にするつもりです。

一つ前の写真では、プロジェクターの上に小さい穴が
開いてるのが見えると思うんだけど、実はこの穴のところまで、
天井裏を通ってアクセス出来るようになってます。

なので、ケーブル類は全部、
天井裏(廊下の上に当たる)を通して配線できる。

Φ22mm の CD管に HDMI ケーブルを通すのに苦労しているだけで、
電源はすでに、あの穴から電源コードを伸ばしてます。

Φ36mm にしておけば…と、これは本当に後悔。。
でも Mini HDMI (TypeC) を使えばリカバリーできるので、
もうどうにもならないミスじゃなくて良かった。。

DSC02748.jpg

最後にもう一つ、スクリーンについて。
これ、スクリーンではなく、漆喰の塗り壁に投影しています。

でこぼこしてるから厳しいかな、、無理だったらスクリーン買おうかな、、
と思ってたんだけど、全然大丈夫! まったく気になりません。

これは、壁から 50センチくらいの距離から撮ったところなんだけど、
全然漆喰だって分からない。

目は両方 1.5 あって、かなり良い方なんだけど、
間近で見ても全く違和感が無いです。
(まあ、今回が初ホームプロジェクターの初心者なので、
そういう目は良くないんだろうけど…)

もちろん、スクリーンと並べて比較したら分かるんだろうけど、
「あ、これで十分」 と即決出来るレベルの品質はありました。

迷光対策とか、いろいろ勉強はしていたんだけど、
その辺が全部吹っ飛んじゃった感じ…

いつか、この画質に目が慣れてしまって、
物足りなくなって来たら考えれば良いかな、と。
(4K プロジェクタが標準になったくらい??)

DSC02752.jpg

同じ画面を、引いて見たところ。
「インセプション」 のブルーレイを一時停止して撮影。

本当に綺麗。。

ホームシアターについて」 で導入した
5.1ch サラウンドと合わせると、没入感が半端ない

ほんと、これは買って良かったです。

on 家づくり その後 (no comments)

プロジェクターを買いました2

プロジェクターを買いました」 の続き。

DSC02793.jpg

我が家の先行配線で使っている CD管は、直径22mm。
これだと HDMI ケーブルが通らん!! ということで、困っていました。

プラグ部分の小さい Mini HDMI だったら通るんだけど、
10メートルの長さがあるものはノーブランド品しかない。

このノーブランドの10メートルは、今家に3本あるんだけど、
どうも品質がいまいちらしく、、

残念ながら、うちの EPSON のプロジェクター (EH-TW5350) と
SONY のアンプ (BDV-N1B) とでは、相性の問題もあるのか、
「信号が検出できません」 エラーが出て3本とも映りませんでした。。

DSC02808.jpg

ということで、悩んだ結果、
最後の手段… ということで試したのが、上の写真。
HORIC の、「壁内配線用 HDMI ケーブル」。

こんな感じで、10メートルのケーブルと、1メートルのケーブルに分かれます。

DSC02803.jpg

各々の先端は、こんな感じですごく小さいから、
最小で 16mm の配管まで入るらしい。

実際、22mm の配管には余裕で入りました。

HORIC のケーブルは、普通の10メートルの HDMI ケーブルを持ってるんだけど、
どの機器とも全く問題なくつながるし、イコライザー無しでも数メートル延長しても
問題なく映ってくれるので、品質は良いんだろうなと。

今回買ったものは、11メートルで 9000円とちょっと高かったんだけど、
実際届いたのを見てみると、メッシュのケーブルがすごくしっかりしていて、
「あ、これで 9000円って、実はすごい安いというか、良心的な価格なのかも…」
と思いました

DSC02829.jpg

配線を通すために、小屋裏収納に開けておいたもらった穴を通って、、
(もちろん、普段は石膏ボードでフタしてます)

DSC02809.jpg

屋根裏(廊下の上に当たる)に入ります。

DSC02826.jpg

ちょっと分かりにくいけど、
22mm の CD管 (オレンジ色) に、HORIC のケーブルを通したところ。

一度も突っ掛かることなく、全く問題なく通りました。

DSC02818.jpg

壁側には、CD管を短く切ったものを差し込んで、
それを使って部屋にケーブルを出すようにしました。

写真は、壁に通した CD管の周囲をコーキングして、
CD管にエアコン用のパテを詰め込んでいるところ。

HDMI ケーブルと電源ケーブルが通ってます。

DSC02836.jpg

室内側はこんな感じ。
コンセントボックス的なものを付ける程でもないかな?
ということで、簡単に済ませてます。

DSC02898_20160131175829cbb.jpg

配線を通した部分には、
ピクチャーフレームを掛けて目隠し。

DSC02835.jpg

DSC02840.jpg

DSC02834_2016013117482184e.jpg

ということで、
無事に壁内配線化できました!!!

ちなみに、、、

SONY のホームシアターアンプ、BDV-N1B は、
HDMI の映像出力ポートが、1つしかありません。

つまり、テレビかプロジェクター、どちらかにしか映像を出力できない。

DSC02901.jpg

ということで、導入したのがこれ。
プリンストンの、2ポート HDMI 切換器 「PHM-SW201」。

「①入力1、出力2」 と 「②入力2、出力1」 の、両方に対応。

① が出来る製品って限られているんだけど、
その中でも大きめのプッシュスイッチで切り替えが可能なのは、
これくらいしかありません。

(2画面同時に出力可能な、いわゆるスプリッタというやつは、
 ポート1に接続した方の解像度がポート2にも適用されてしまう)

何はともあれ、このスイッチの ON/OFF で、
手軽に出力先をテレビとプロジェクターで切り替えられるようになりました。

便利です

on 家づくり その後 (no comments)

キッチンにタイルを貼りました

ブログはさぼり気味なんですが、
最近、ちょこちょこと家をいじりました。

まずはキッチン。

DSC03586.jpg

タイルを貼りました!

DSC03592.jpg

引いて見たところ。
洗面室やトイレから見た景色がこんな感じです。

DSC03580.jpg

近くで撮ったところ。
シンクの反対側なので、汚れを気にせずタイルを使えます。

SmokyTone.jpg

タイルは、LIXIL の「スモーキートーン」 というもの。
右下の写真と同じく、ホワイト・ベージュ・ブルーの3色を使っています。
目地は、このカタログよりちょっと広めですね。

去年、スタイルハウスさんと一緒に、タイルカタログを見ているときに
これを見つけて、ぜひ使いたいという話になったんだけど、
在庫切れ&入荷日未定。。。

長らく待ったけど、ようやく使うことができました。

2015-0516=1510-20.jpg

、、、気になって古い写真を調べてたら、
スタイルハウスさんとこのタイルのカタログを見ていたの、
去年の5月でした。。

11ヶ月も前だったのかぁ…
ちょっと仕事が忙し過ぎたです。。

DSC03400.jpg

タイルの配置を決めているところ。

まずはカタログの配置の通りに並べてみて、
その配置をリピートして全体に広げる。
その後、全体のバランスを見ながら微調整。

並べた感じ、ブルーが多いと重くなってくるみたいで、
ブルーは少なめにしてくれています。

最終的に、ものすごく良い感じになって、
タイルを見せたいがために、電子レンジをキッチンから撤去。
パントリー側に持って行きました。

パントリーも収納などなどを少し変更しているので、またどこかで。。