on 家づくり その後 (no comments)

雑誌のこと

雑誌の取材を受けました!
雑誌の発売日が決まりました

の続きです。

DSC09120.jpg

いやあ、載ってましたよ!
嬉しい・・・

これで、これからは、少し大き目の書店にいけば、
ウチの紹介を出来るようになりました
(夫婦そろってスマホを持ってない…)

雑誌に載るきっかけは、このブログでした。
こういう本に載せるお家を見つけるのに、
結構、ブログを活用というかチェックされているようです。

うちの場合も、ライターさんからブログにコメントを頂いたことがきっかけで、
それで載せていただくことになりました。

最初は半信半疑だったんだけど、
詐欺みたいに個人情報とか口座番号を聞かれることもなく。

教えたのは住所くらいかな。
住所が分かっても大した悪さは出来ないですもんね。。

DSC00231.jpg

そうそう、雑誌には、こちらのスイッチプレートが載ってます。
色校(色が正しく再現されているかを確認する校正)の確認のときに、

「下のフラットタイプの方がお気に入りなんですけど…」 と、
ライターさん経由で、編集部の方に差し替えができないか聞いてみたんだけど、、

DSC00231a.jpg

無理でした

今は、アメリカンスイッチの方が人気があるそうで、
それが一巡したらですかねえ、、と言われてました。

(この辺のスイッチプレート周りは、「ダイニングとリビングについて2」 に載せてます)

あと、コストダウンで工夫したところは? という質問で、
先行配線を自分でがんばったこととか、アンテナを DIY 設置したこととか、
いろいろお話したんですが、その辺はバッサリカット。。

妻へのインタビュー内容がほぼ記事になった格好です。
まあそりゃそうですよね~~

あと、実用性とかメンテナンス性もかなりプッシュしたんですが、
これもほとんど採用にはならず。。

こんなに掃除がしやすい! きれいを維持しやすい! 動線が良い!
というのは、確かに Come home! のスタイルとは違いますもんね

Dovre_Vintage

薪ストーブが Come home! に載ったのも嬉しいです。

我が家のは、ドブレのヴィンテージ50という機種ですが、
この手の雑誌では今まで見たことが無いので、

「へー、こんなのもあるんだ!」
という人が出てくるとうれしいな、と。

バーモント・キャスティングスの薪ストーブはいっぱい見るんですけどね。

DSC07391.jpg
(使いまわしの写真ばっかりですみません…)

撮影に掛かった時間は、ほぼ丸一日。

お昼くらいに来られてから、すぐに撮影が始まったんだけど、
WIC を含め全部屋の撮影が終わったのが夕方くらい。

最後に記念撮影をしてお別れしました
今後また別の雑誌の取材とかで、お世話になるかもしれないですね!と。

ライターさんはフリーの方なんだけど、撮影で全国を飛び回りながら、
合間合間に記事を仕上げて行かないといけないそうで、
かなりご多忙で大変そうでした。

という感じで、ブログを続けてきて良かったなあと
しみじみと感じた、雑誌掲載でした

on 家づくり その後 (no comments)

子どもリビングの小屋裏収納

今日を逃すと、また明日から地獄のような忙しさになるので、
今のうちに立て続けに記事をアップしています。。

さて、前々からやるやると言っていた、
子どもリビングの小屋裏収納+ロフト計画。

ついに施工が始まりました!

DSC09029.jpg

養生しているところ。

で、、、

DSC09050.jpg

開きました!!

子どもも、何だこりゃー、という感じ。

ただ、実はこの初手ですでにちょっと失敗していて、、
本当は、ここは四角じゃなく、アーチにしたかったんですね。

だけど、それを大工さんが失念していて、こんな大きい穴を開けちゃった、と。。

これはこの後、この開口を埋める形でアーチを作る予定です。
この壁面は全部漆喰塗り直しになるのかなあ。。

工務店(スタイルハウスさん)の社長さんは、
すいません、たぶん塗り直しですね、塗り直しますよ。
と言われてました。

DSC09062.jpg

窓の位置決めをしているところ。

窓は、白い剥げた感じのフレームに、フローラガラスが入ります。
ドアは、パステル調の薄い青になる予定です。

ちなみに、今年の2月に計画していたのは、こんな感じ。
子どもリビングのロフト計画

ほとんど、この時の計画通りですね。

小屋裏の中は、こんな感じです。

DSC09068.jpg

こちらは、どんどん床を作って行っているところ。
構造用合板を貼り付けて行っています。

床を貼るのは、いま合板を貼ってくれているところの
一つ手前の柱までにする予定だったんだけど、

ギターケースとかスノボーとかを置くスペースにぴったりだなと思いなおして、
柱をもう一つ分、奥まで床を貼ってもらうことにしました。
狭いから、大工さんの作業が大変です。。

反対側は、壁がないと飾れないから、そこそこの高さの壁も欲しい、
という妻の意見で、予定通りの位置に壁を作ることに。

DSC09109.jpg

天井には石膏ボード。

躯体が覆われていくに従って、意外なことに、
何だか広くなっていく感じがあります。

こういうのは、屋根断熱だから出来ることですね。
天井断熱だと、この空間が暑くなり過ぎちゃう。

DSC09045.jpg

小屋裏スペースから、子どもリビングを見下ろしたところ。

ということで、まだしばらくは施工中です。

本当の部屋っぽくするかどうかは未定で、
取りあえずは収納部屋として、高価な床材を貼ったりはしない予定。

そこで本でも読んでみて、いけるんじゃない? となって、
あとお金がたまったら、次のフェーズとして、もっと部屋っぽくするかもしれません。

なにはともあれ、取りあえずこれが完成したら、ウォークイン・クローゼットから
滅多に使わないものを排除できるので、
ウォークイン・クローゼットをもっと効率的に使えるかな、と考えています

on 家づくり その後 (no comments)

リビングのガラスブロック2

こちらでご紹介した、我が家のガラスブロック。

リビングのガラスブロック

上の記事で、
ガラスブロックから射す光が
本当にキラキラしていて綺麗です

、、と書いてたんだけど、ちょっと(結構?)前から、
あれ、最近キラキラしてるところを
見てない気がするなあ、、と思ってました。

ガラスブロックが汚れてる訳でもないし。
何でかなあ、と思っていたら、、

DSC09088.jpg

復活!!

10月の真ん中くらいからは、連日キラキラ。
どうも季節的なもののようで、冬じゃないとダメみたいです。

ガラスブロックの位置、太陽の高さ、入射角、などなどが絡み合って、
我が家の場合にちょうどキラキラになってくれるのが、
冬ってことなんだと思う。 (よく分かってないけど・・・)

だから何だという話なんだけど、、

今回、久しぶりにキラキラを見て、あらためて
ガラスブロックは良いなあと感じました。

入居から一年たっても、やっぱりオススメです

on 家づくり その後 (4 replies)

子どもリビングの小屋裏収納2

この辺の続きです。

子どもリビングのロフト計画
子どもリビングの小屋裏収納

DSC09221.jpg

出来てきました

大きく開けすぎてしまった穴を塞ぐかたちで、
アーチの入り口が出来てきています。

DSC09224.jpg

窓のところは、内側からカーテンかな?
LED で常夜灯をつけて、明かりが漏れる感じにしても良いかも。

はしごは、パナソニックのアルミはしごになる予定です。

本棚状の常設の階段とかも考えたんだけど、
施工費がバカ高くなってしまうのと、
あとそもそもスペースが足りませんでした。。

次回(次の土曜日?)には、はしごも付けれるかなあ、、という感じです。

on 家づくり その後 (no comments)

子どもリビングの小屋裏収納3

漆喰塗装がはじまりました!

この辺の続きです。

子どもリビングのロフト計画
子どもリビングの小屋裏収納
子どもリビングの小屋裏収納2

DSC09263.jpg

結局、正面の壁一面を塗りなおしてもらうことになりました。

大工さんのミスなので、費用の請求はなし。

当初は、アールの内側部分だけを塗る予定だったんだけど、
おかげさま(?)で全面を塗れることになったので、
継ぎ目とかがすごく綺麗に仕上がることになりました。

大工さんはこってり怒られてるんでしょうけど、、
ウチからすると、グッジョブ!です

DSC09253_20141129171223f36.jpg

塗ってる途中のところ。
内装をやってもらったときと同じ左官屋さんです。

日本漆喰と比べて、西洋漆喰は難しいみたいですね。

「普通に壁を塗るだけでも難しいのに、しかも、こんなアールでしょ?
 それもいっぱい。。ほんま大変ですわ、がっはっは」

と、満面の笑みでおっしゃられてました

DSC09270a.jpg

左官道具。

DSC09284a.jpg

こちらの面だけだけど、時間があるからということで
内側も塗ってくれました!

DSC09283a.jpg

アールの部分はこんな感じ。

madori2_2014112917451678b.png

ちなみに、小屋裏収納を作ったのはこの部分です。

大体、3.6メートル x 2.7メートル ぐらいの空間になっています。

DSC09273.jpg

入って右側は、こんな感じ。

まだ掃除も何も出来てない状態ですが。。

スタイルハウスさんの想定より、柱一つ分、
奥まで床を張ってもらっています。

剥き出しの柱は、やすりを掛けて、
キシラデコールの白(ワイス)で塗ろうかなあ、、と計画中。
(その前に、早く照明を決めないといけないんだけど・・・)

DSC09282.jpg

こちらが、左側。

通路部分も一面収納にしたいなと思ってたんだけど、
いざ小屋裏に上がってみると思っていた以上に狭くて、

せっかく床を張っても突き当たりにしかモノを置けないということで、
910ミリだけ廊下部分にせり出す感じにしてもらいました。

今回は、間にコーディネーターさんが入っていない分、
普段よりちょっと段取りが悪くて、まだ大工作業が終わっていません。

次の金曜日に、ドアおよび窓の塗装と、
はしごを引っ掛ける用のパイプの取り付け、
それに、コンセントと照明の取り付け作業が入る予定です