on 引渡しから外構完成まで (2 replies)

レンガで仕切りを作りました

防草シートを敷きました」 の続きです。

DSC00005a.jpg

こんな感じで、我が家の外構には、

「グラベルと芝生の境界」 と
「グラベルとレンガ舗装の境界」 があります。

で、GW 中に何とか、この境界をレンガで作りました。

DSC06873.jpg

まずはレンガを水に浸します。
何か、お豆腐みたい…
コメリで買った、ホワイトタイプのベルギーレンガです。

あと、写真は無いけど、施工する場所に深めの穴を掘って
踏み固めておきます。

DSC06834.jpg

それらが終わったら、次はモルタルを作ります。

ホームセンターで買ってきた、
360円くらいの 「ポルトランドセメント (25kg)」 と、
200円くらいの 「砂 (18kg)」。

セメントがめちゃくちゃ安くてビックリしました。
キロ単価で言うと、砂とほとんど変わらない…

で、モルタルだけど、セメントと砂を、大体1:3くらいで混ぜます。
(ちなみに、これにあと砂利を混ぜると、コンクリートになります)

スコップ山盛り3杯の砂を、バケツに入れたあと、
スコップ山盛り1杯のセメントを、バケツに入れる感じ。

先にセメントを入れると、セメントが底に貼り付いて、混ぜるときにちょっと苦労します。
まあ大したことは無いんだけど。。

本当はセメントを練る用のプラ舟を使うと楽なんだろうけど、
少量使用の DIY のために数千円払って後で邪魔になるものを買うのも
どうかと思ったので、ここは100均のバケツを使ってます。

で、水をちょっとずつ入れながら、ぐるぐる混ぜていきます。
上にもうちょっと水を入れたぐらいがちょうど良いと思う。

まあ、水が多すぎたらセメントと砂を追加すれば良いだけだし、
大して強度が問題になる場所でも無いので、この辺は適当です。

DSC06837.jpg

事前に掘って踏み固めておいた穴に、
モルタルをバケツ3杯分くらい流し込んで、
コテで均してレベルで水平を取ります。

一応セオリーでは、モルタルを流し込む前に、
砕石(さいせき)を敷いて転圧(締め固めること)した方が良いらしいんだけど、
レンガを数段積むぐらいなら、土に直接モルタルで十分でしょう、と。

DSC06846.jpg

モルタルが乾いちゃう前に、急いで一段目のレンガを施工します。
ここで真っ直ぐにピシッと水平が取れていれば、もう峠は越えたようなもの。

ちょっと一服しましょう。。

DSC06878.jpg

2段目以降は、灰色の目地はイヤだったので、白セメントを使いました。

以前に工務店さんと一緒に炉壁用のモルタルを作ったときは、
工務店さんが白セメントを持って来てくれたんだけど、

自分でホームセンターで探した限りでは、コメリもコーナンにも
「インスタントセメント」 というすでに骨材(こつざい、砂とか砂利のこと)が
入ってるものしか売ってませんでした。

ちょっとぐらい骨材が増えたところで問題はないでしょう、という店員さんの言葉を信じ、
インスタントセメントと砂を、1:1くらいの割合で混ぜて使ってます。
これでもし蹴って倒れるぐらいの強度にしかならなかったら、文句言いに行きます。。

ちなみにインスタントセメントは、4kg で 500円強と、
普通のセメントと比べて大幅に割高でした。

DSC06865.jpg

こうして練り上げたベージュ・モルタルを使い、レンガを積んでいきます。
(上の写真では左端のレンガがちょっと歪んでるけど、ちゃんと直してます…)

そう、レンガを切断するために、別途ディスクグラインダーを買いました。
(前の炉壁のときは、工務店さんに借りた)

コーナンで何と、お値段わずか1980円!
ダイアモンドカッターが980円だったので、全部で3000円ちょいで買えました。

パワーが弱めで、連続運転時間も短いんだけど、
やわらかいレンガを数個切るくらいなら十分です

DSC06869.jpg

3段積んで完成!

下から 1.2段くらいは地面で隠れるので、
実際はたぶん、1.8段くらいの低めの境界になる予定。

DSC06904.jpg

防草シートとグラベルを元に戻して完成です。

ちょっと、感無量。。

DSC06915a.jpg

反対から見たところ。

こんな感じの境界になってます。

DSC06889.jpg

こっちは、家の左側の境界。

二回目なので、さっきまでよりかなりパパッとここまで出来ました。

ちなみに、雨どい周辺の複雑な部分は、
防草シートをこれに合わせるのが大変なので、
あまったモルタルを流し込んで塞いでます。

後日、このレンガの上に乗ってジャンプしてみたけど、
ビクともしませんでした [emoji:i-278]

on 引渡しから外構完成まで (2 replies)

防草シートを敷きました

先日の記事で軽く触れた、家の裏側の防草シートについて。

GW にやった内容です。

DSC06672.jpg

大量に生えていたスギナ etc. の雑草の処理をして、
地面を均してようやくここに至るわけですが、
その間の写真はほとんど消えてしまいました。。

唯一ちゃんとサルベージできたのがこちら。

DSC06604.jpg

何てことのない、雨水マスと汚水マス。

が、高さが違います。。
外構屋さんが高さを合わせるのを忘れて行ったんでしょうか。。

仕方ないから、自分でφ250 の丸マス用アジャスターを買ってきて、
高さを合わせました。

DSC06607_Thx.jpg

サムネイルしか取り出せなかったんだけど、、こんなのです。
コーナンプロで、数百円。
上からパカっとはめるだけで、雨水マスの高さを高くできます。

DSC06677.jpg

準備が出来たら、防草シートを敷きます。

いろいろ調べて悩んだんだけど、結局一番?有名な、
デュポン社の 「ザバーン」 にしました。
136G というタイプです。

安い防草シートは、耐久年数が3年とかしかなくて、やっぱり安いなりの性能なんだけど、
ザバーンの場合は、上に小石などを敷いて紫外線を遮ってあげれば、半永久的に使えるらしい。
かなり昔からある商品だから、10年20年スパンの施工例もゴロゴロ見つかる。

「ザバーンは高級品」 というイメージがあったんだけど、
うちで買った幅1メートルの長さ50メートルのものだと、大体14000円くらいでした。
10メートルで約2800円と、意外に安い。。

実際に触った感じ、さすがというか、何か安心して任せられる感じでした
貫通力のあるスギナには、実はもうちょっと分厚めの 240 の方が良いらしいんだけど、
何とかこの 136 でがんばってほしいところです。

DSC06698.jpg

ということで、ざーっとザバーンを敷き詰めます。
緑のじゅうたんみたい

尖った石がシートの下に入ってるとまずいので、
靴を脱いでシートの上をまんべんなく歩いて、
足の裏に出っ張りを感じたらシートをめくって石を取り除きます。

大きい石はシートを敷く前に取っておいて、
小さい石はシートを敷いてから、こんな感じで取り除けば良いと思う。

DSC06692.jpg

エアコンの室外機の下には、こんな発砲スチロールの
ブロックをかませて、かさ上げしました。

何年持つかは分からないけど、今のところは
防草シートを傷つける心配もなく、良い感じです。

DSC06710.jpg

シートの上から敷くのはこちら。
コーナンで買った 「ガーデングラベル」。

一袋 10kg で税込 230円くらいと、このカテゴリーでは
かなり安い方なんだけど、、相当な量が必要です…

DSC00005.png

先に書いてしまうと、家の左サイド(上の図の上側)で 43袋、
家の裏側(上の図の右側)で 77袋必要でした。。

合計で 120袋。
実に 1.2トンをここまで運んで敷き詰めた計算になります。

袋詰めじゃないのを、軽トラとかで買って来た方が安かったかも、、

DSC06694.jpg

ということで話は戻って、こんな感じで敷いていきます。

DSC06696.jpg

端っこの処理はこんな感じ。

最初の写真を見てもらうと分かると思うんだけど、
端になる部分は地面をスコップで掘ってレベルを低くしています。

この溝に小石を詰めることで、シート全体がかなりしっかり固定されるので、
大抵の場合に別売りになっている防草シートの固定ピンを使わなくてもよくなります。

(このピンが、たかがピンのくせに、結構高い)

DSC06896.jpg

後はとにかく、せっせとガーデングラベルを運んでは敷き詰めていきます。

この雨水マスとか汚水マスのところの防草シートが面倒でした。。

DSC06898.jpg

ちなみにこちらは、高さの合っていなかった、雨水マスと汚水マスです。
丸マス用アジャスターを使って、無事、大体ツラになりました。

あとは端まで防草シートとグラベルを敷き詰めれば完成なんだけど、
その境界となるレンガの仕切りがまだ出来てません。

次は、その辺のお話です。

on 引渡しから外構完成まで (3 replies)

ベルギーレンガを700個買いました

ベルギーレンガを700個買いました。

、、、と、最初からちゃんとご説明すると、、

DSC00005.png

こちらが、最近の我が家の外構計画です。
4月の中旬?くらいに、パワーポイントでせっせと作りました。
家作りの間は、ほぼ毎日こんな感じで資料を作ってた気がする。。

家の裏と左サイドには小石を敷く予定で、
すでに作業の8割方は完了しています。

で右サイドなんだけど、こちらには薪棚を置きたいので、小石だと掃除が難しそう。
さっとホウキで木くずを掃けて、デッキブラシでゴシゴシ洗えるようなのが良い。

と考えると、コンクリートとか洗い出しとかになると思うんだけど、
紆余曲折あった結果、我が家ではレンガを敷くことになりました。

ついでにウッドデッキの前にも、バーベキューセットとかを
安定して置けるようにレンガを敷き詰めたい。。

ということで工務店さんと相談した結果、
パサを敷いて水平を取るところまでは職人さんにやってもらって、
レンガの調達と施工はこちらでやることになりました。

DSC06634.jpg

ということで、レンガを購入。

近くのコーナンじゃなく、
ちょっと離れたところにあるコメリパワーで購入。

軽トラの無料貸し出しサービス (90分) があったので、
コメリの軽トラでご帰宅です。

DSC06643.jpg

ベルギーレンガのホワイトを2パレット。
すごい量…

DSC06799.jpg

KOMERI-BIANCO M50 というレンガらしい。
1パレットで385個なので、770個買ったことになります。

DSC06653.jpg

駐車場に降ろしたところ。
これだけで一苦労。。

職人さんにパサをひいてもらうのはまだ先なので、
とりあえずはここで作業終了です。

DSC06791.jpg

ちなみにこちらは、レンガを検討していたときの比較写真。
全部100円以下です (80円ちょいのはず)。

中央が、以前にコーナンで買ったベルギーレンガ。
炉壁や今のアプローチには、これを使ってます。

一番左(手前)が、今回コメリで大量に買った、ベルギーレンガのホワイト。
コーナンのベルギーレンガと比べて、かなり色が白いです。
というか、こんな白いベルギーレンガがあるなんて、
コメリに行ってたまたま発見するまで知らなかった。。

で、一番奥が、コーナンでちょっと魅かれて試しに買った、アーザンブリックというもの。
アンティークレンガ (お高いので使えなかった) みたいに面取りされていて、
ベルギーレンガみたいに粉がパラパラ落ちてくる感じが無く、
表面がスベスベで価格も安くて、これ良いなあと思ってたんだけど、、、

DSC06721.jpg

レンガを水に浸して濡らしてみたところ。
アーザンブリックはかなり色が濃くなってしまってます。

つまり、このレンガを外構に使うと、
雨降りの日には、家がかなり暗くなってしまう可能性が高い。

それに対してベルギーレンガは、どちらも色がほとんど変わりません。

コーナンのレンガは濡れるとちょっと色が濃くなるんだけど、
コメリのレンガは、塗らしても真っ白のまま。
パッと見だと濡れてるのかどうか分からないくらいです。

外に使うレンガは、買う前に一度塗らしてみた方が良いと思う。

ということで、5月の中旬から終わりにかけて、
この大量のレンガをモルタルで施工していくことになります。。

まだまだ大変。。

on 引渡しから外構完成まで (no comments)

外構工事 #04

ついに!
カメラが修理から帰って来ました!!

SONY の Alpha-33 です。

IMG_0492.jpg

子どもの運動会で写真を撮っていたら、
いきなり電源が入らなくなり、そのまま修理へ。

修理完了報告書を見ると、
「シャッター駆動モーター部の電気故障」 だったらしい。

えっ、モーターだったの?
IC やモニターが生きてるんだったら、エラーコードをモニターに
表示させるぐらい出来るだろうに良いのに。。

まあ何にせよ、無事修理が済んでよかったです

ということで、早速この一眼で、
iPhone では難しかった夜景を撮ってみました。

DSC00093_20131108001640c1d.jpg

さすが、、きれい。。 

iPhone も思った以上に綺麗なんだけど、
暗いところに弱かったり、フォーカスをロック出来なかったり、、
という所は、デジタル一眼レフには負ける。

、、って当たり前か。。

iPhone がこれだけ善戦してるのが、
ものすごいことだと思う。

多分、レンズやイメージセンサーというより、
画像処理が優れてるんだろうなと思う。

DSC00090.jpg

外構です。
ついにアプローチ側の壁にも、漆喰が塗られました。
ガラスブロックにまだ目地が入っていないけど、
それでもかなり綺麗。。

ちなみに、この写真がぼやけてるのは焦点が合ってないからで、
何で合ってないかというと、漆喰が白すぎるから

DSC00087.jpg

ちゃんとフォーカスがあえば、こんなに鮮明に写る。
階段のタイルと門扉が、きれいに施工されてます。

ちなみに、次を含めたこの 4枚の写真は全て、
夜の 11 時過ぎに撮った写真。
ISO を 400 に絞って、露光時間 10秒で撮ったもの。

DSC00088.jpg

こちらは、同じ場所から後ろを向いて撮ったところ。
門扉の影が、アーチ窓に映っている。

こうやって夜の写真を撮って思うのは、すごく、色が自然だということ。

表札を照らしたりするのに一般的に使われる外灯の照明って、
蛍光灯か LED が一般的なんだけど、それだと、こんな自然な色は出ない。

2013-1026=1417-13.jpg

我が家の照明は、前にも書いたとおり、ゴーリキ・アイランドのマリンライト。
その電球が 40W の白熱球なのだけど、白熱球は、演色性 (Ra) がめちゃくちゃ高い。

LED だ省エネだと、肩身の狭い白熱球だけど、いやいや、
さすがだなあ、というのを、今回夜景を撮ってヒシヒシと感じた。

on 引渡しから外構完成まで (no comments)

外構工事 #03 と薪ストーブ検討

外構工事の続きです。

IMG_0438.jpg

まずは、門扉。

IMG_0318.jpg

結構大きいタイプなので、
必然的に階段の幅も広くなりました。

開くときに 「ギー」 と音が鳴るので、油をささないと。。。

カギも付いてるので、よじ登らない限り、
子どもは外へ出れないです。

IMG_0373.jpg

そしてこちら、ついに門灯が付きました!

IMG_0397.jpg

明かりを付けるとこんな感じ。
かなりきれいです

夜はもっと綺麗なんだけど、iPhone じゃこの暗闇は撮れない。。
早くカメラ直らないかなあ。。

IMG_0421.jpg

もう一つ。
ついに1階のリビングにも
シーリングファンが付きました。

2階と同じオーデリック製の DC シーリングファン。
WF811 という機種で、2階の WF813 より直径が一回り小さい。
こちらも 30センチの延長パイプ (WF713) を使って、
天井から離しています。

でも、さすがはオーデリック。
ゆったりした回転数でも、しっかり風が来ます。

しかも、扇風機みたいな風じゃなく、
そよ風みたいな、さらさら~っとした感じの風。

IMG_0472.jpg

それにこのシーリングファンは、
DC モーターのおかげかは分からないけど、
本当にものすごく静か。

「静か」 というよりは、
「無音」 と言った方が近い感じ。

夜に風量を 「強」 にして、
耳を澄ましながら ON/OFF を繰り返してみても、
モーターの駆動音や風切り音は全く聞こえなかった。
冷蔵庫の方がよっぽどうるさいです。。

当然ながら、場所も取らないので、基本的に、
サーキュレーションのために一日中付けておく予定。
DC なので、電気代も全然かからないし。。
(引越し前に買った無印のサーキュレータは、早々に撤去しました

話は変わって、
薪ストーブの設置について。

IMG_0484.jpg

どこに本体を設置するか、炉壁と炉台はどうするか、
などなどを検討しているところ。

採用予定の、ドブレ社のヴィンテージ50という薪ストーブは、
横幅が 690mm なので、大体パンパース2箱と同じくらい。

当初は煙突をまっすぐ伸ばすつもりだったので、
キッチン側の壁から20センチと、かなり左に寄った位置に置く予定だったのだけど、
実際にパンパースの箱を置いてみると、やっぱり近すぎる。。
(写真のパンパースの位置は、壁から60センチ離している)

ということで、下のように 45度のエルボーパーツを使って、
もうちょっと右にズラそうかと検討中。

Picture4.png

この位置で、大体壁から50センチくらい。

炉壁にはベルギーレンガを使おうかと思っていたけど、
ブリックタイルの方が薄い分薪ストーブを後ろに出来そうなので、
今のところ、ブリックタイルを採用する可能性が高い。

SnapCrab_NoName_2013-10-28_0-59-14_No-00.png

で、こちらは、配置をちゃんと数字で考えているところ。

ドブレのヴィンテージ50の場合は、後ろ側はかなり壁に近づけることが出来て、
25mm の通気層(空気による断熱層)を設けた壁の仕上がり面から
8センチ離すだけで良いことになっている。

キッチンの仕切り壁の長さが 66センチなので、ブリックタイルにして薄くすれば、
仕切り壁より7センチくらい本体を奥に置けそうな感じ。

左右は、50センチ以上離せば通気層を作らなくても良いらしいので、
壁に直接ブリックタイルを貼っちゃっても大丈夫。

外構とは何の関係もないけど、、
まあ、こんな感じで考えてます

on 引渡しから外構完成まで (no comments)

外構工事 #02

さて、外構工事の続きです。

IMG_0249.jpg

1.駐車場部分の土をショベルカーで掘り返して、
2.土留めブロック用の基礎コンクリートを固めて、
3.土留めブロックを積んで土を戻して、
4.階段と塀を、同じくブロックで施工して、
5.駐車場にコンクリートを流して、
6.ブロックにモルタルを塗って、
7.その上から真っ白の漆喰を塗って、
8.外灯やインターフォンなどの電気工事をして、、

という流れの、6番まで来ました。

上がちょうど、ブロックの上にモルタルを塗ったところ。

IMG_0241.jpg

階段を上った先のアプローチから見ると、こんな感じ。
土留めブロックと比べて、一回り小さいブロックを使ってます。

IMG_0244.jpg

ガラスブロック。。

aaaaa.jpg

ようやく駐車場に入れた、シエンタくんとビーノくん。
車もう一台を入れるのは、厳しいですね。。

IMG_0247.jpg

階段部分。
踏み面にはテラコッタ調のタイルを敷いて、
垂直部分には漆喰を塗ります。

何やらパイプが出てるのは、
インターフォンと外灯用の CD管 (PF管?).。

IMG_0246.jpg

ここに門扉が付きます。
これで、子どもたちを庭に解き放っても、道路に出ることは出来くなる

というのを考えての、この位置です。

IMG_0251.jpg

こちらは、前回の記事からちょっとアップグレードしたウッドデッキ。
余っていた IKEA の棚を、ウッドデッキに出してみた。

というか、この棚を置くことを想定してウッドデッキの位置と大きさを決めたので、
想定通りにピッタリおさまって、一安心といったところ。

思った以上に良い感じ。
コップやティッシュ箱も置けて、すごく使いやすい

IMG_0163.jpg

晴れた日には、朝からこんな感じで遊べます。
太陽の下で風に吹かれていると、やっぱり気持ちいい。

寝起きにパジャマのまま、コーヒーを持ってぶらっと外に出れる、
この手軽さが素晴らしい。。

IMG_0252.jpg

雨降りの後のウッドデッキ。
塗装したてだからというのもあるけど、しっかり水を弾いている。
キシラデコールだから、防腐性能も完璧。

ただ、本物の木である以上、定期的なメンテナンスは必須。
前にも書いた通り、日々の掃除はほとんど要らないのだけど、
風雨と太陽に晒されることを考えると、半年~一年に一度は
塗料 兼 防腐剤を塗りなおした方が良いらしい。

まあそれだけの労力でこのウッドデッキが維持できるなら、安いもんです。

IMG_0222.jpg

ちなみにこちらは、さっきの外の階段部分の、
外灯として設置予定のマリンライト。

「ゴーリキ アイランド」 というメーカーの、「BH1000 NV CL」 という商品。
ネイビーブルーの、落ち着いた上品な塗装で、ものすごくかっこいい。
材質が真鍮だからか、手で持ってみると、ずっしりと重い。

\15,000 ぐらいと結構高いんだけど、衝動的にもう一個欲しくなるくらい、
高級感があってかっこいいライトです。

IMG_0240.jpg

最後に、前から気になっていたこれ。。

IMG_0238.jpg

漆喰のナチュラルな外壁に取り付けられた、
新品ですでに中古の雰囲気漂う、防水コンセント。
まさに、異物。

インターフォン取り付け etc. のときに、ついでにウッドデッキにコンセントを
追加してもらうのだけど、それ用に購入した防水コンセントがこちら。

IMG_0260.jpg

パナソニックの、WK4602WK というもの。
スマートデザイン・シリーズというらしい。
これなら、真っ白の漆喰に取り付けても変じゃない。

IMG_0262.jpg

ということで、これを合計で2個買って、さっきの古びたコンセントと
ついでに取り替えてもらう予定

on 引渡しから外構完成まで (no comments)

外構工事 #01

家づくりの続きです。

外構工事が始まりました

DSC01603.jpg

駐車場(2台分)になる予定の場所が、
ガバーッと掘削されてます。

DSC01608.jpg

うず高く積まれた、土留め用のブロック。
こういうの、運んでこうして並べるだけで一苦労だよなあ、と思ったり。。

DSC01614.jpg

土の重みでブロックが倒れないように、コンクリートを打って鉄骨を入れてます。
何か、地層が面白い

ここで何日かコンクリートを休ませて、、

DSC01739.jpg

台風前日、ブロックが積まれ始めました。

DSC01736.jpg

ブロックを一段積む度に、ブロック上部の穴からセメントを流し込んでいく。
思っていたより、かなり根気が要りそうな作業。。

積んでいる最中に、スタイルハウスN山さんとポストの話に。
使いたいと思っているポストのデザインを iPad で見せたら、

「じゃあ階段は、真っ直ぐじゃなくて途中で90度曲げる感じにしましょうか!
 ポストはここに横向きに置く感じにして、で、ここには壁を作って、、、」

、、、どんどん running change していきます

DSC01784.jpg

写真は、新しい仕様の実現方法を職人さんと相談しているN山さん。

施工する側にとっては、最初からカチッと仕様を全部決めてくれた方がやりやすいんだろうけど、
施主としては、こんな感じで調整しながら進めていけると、とても助かる

やっぱり、最初から全部をイメージするのは無理です。。

DSC01812.jpg

職人さんが集まって一気に片付けてくれたおかげで、
その日のうちに、土留めブロックの施工が完成!

もうちょっと背は高くなる予定だけど、
取りあえずこれで、土は戻せるようになった。

土を戻してならすと、ようやく庭の広さが実物で確認できるようになる。
それがすごく楽しなのだけど、それよりもこの日聞いた、

「外構のブロック壁にも漆喰 (!!) を塗る予定」
という話に、テンションが上がってます

on 引渡しから外構完成まで (no comments)

完成!!

ついに、、、!!
ついに完成しました!!

毎日毎日、本っっっ当に大変だったけど、
そうして出来あがった家は、もう超が付くほど完璧・・・
「あ~、ここをこうしとけば…」 という点が、今のところ全くない

ただ、家作りの緊張の糸が切れてしまったようで、
引渡し&引越しのピークの忙しさを過ぎた後は、今日に至るまでかなりぐったり。

ということで、今回は取りあえず、撮影日もぐちゃぐちゃだけど、
新居の一階の写真をいくつか。。
これからちゃんと、Web内覧会やります。。

2013-0901=1529-27.jpg

2013-0831=1807-57.jpg

2013-0829=1455-53.jpg

2013-0830=1901-12.jpg

2013-0901=1642-14.jpg

2013-0829=1846-30.jpg

2013-0901=1526-53.jpg

スタイルハウス様、大工のみなさま、設備工事のみなさま、
施主のわがままにお付き合いいただき、本当にありがとうございました!!

(・・・外構工事も、よろしくお願いします!!)