on プラン検討から上棟まで (no comments)

上棟まであと1日

とうとう上棟まで残すところあと1日。

今日はいつもより少し早起きして、現場の様子を見に行く。

2013-0603=0803-23

足場が組み上げられている。
何か、土地が立体的になってきた。

2013-0603=0803-16

クレーンを使って、プレカットされた木材が運び込まれてます。

我が家では、というかスタイルハウスさんの標準では、
在来工法の場合、土台はヒノキ、その他の桁や柱には、米松 KD や WW-EW が使われる。

KD はキルンドライ (Kiln-Dried) の略で、普通の空気乾燥 (Air-drying) ではなく、
乾燥釜で強制乾燥させた木材のこと。

WW-EW は、ホワイトウッド (WW) の
エンジニアード・ウッド・プロダクト (Engineered Wood Product) の略。
ホワイトウッドというのはスプルース系の木材のことで、RW (Red Wood) よりも色が白い。

、、、らしい。 詳しくは知らないけど。。

見慣れない略語とか用語が出てくると、一通り全部調べようと思うけど、
今回は 「だから何?」 という感じでよく分かりませんでした。

まあ、分かったところで、KD じゃなく xxx を使ってください!
とは言えないから、というのが大きいですが。。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

基礎工事 ヒノキと断熱材

ついに、コンクリートの上に、
基礎パッキンと木が乗りました。

2013-0601=1527-28

スタイルハウスさんでは、土台には標準でヒノキを使われてます。
新品のきれいなヒノキが見える。

2013-0601=1527-07

基礎パッキンの間に、結構長い隙間が開いてます。
この隙間で通気をするんでしょう。

2013-0601=1526-55

2013-0601=1528-35

浴室 (TOTO のユニットバス) の部分は完全に基礎パッキンで塞がれ、
ユニットバスに冷たい外気が接しないようになっている。

出張続きでしばらく現場を見にいけなかったのが災いして、
既に床の土台となる構造用合板が貼られていた。
床の断熱材の施工が見れなかった。。。 残念。

我が家の床断熱には、コープランフォームの厚さ 90mm が使われます。
上の写真に写っている、発砲スチロールみたいなのがそうで、
こうやって見ると、結構分厚い

本当はもっと分厚くしたかったのだけど、90mm より厚くすると、
その支え専用の木が必要になって費用がグンと上がってしまうのと、

床材には全面、合板じゃなく無垢のフローリングを使うので、
それを加味すると恐らく十分でしょう、ということでこうなった。

パッと見、何か大丈夫そうな感じで一安心。

ちなみにコープランフォームの熱伝導率 λ は 0.038W/mK.
高性能グラスウール 24K と同じくらい。

今回は厚みが 90mm なので、熱抵抗率 R は、d/λ = 2.4 m^2・K/W。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

地鎮祭

さて、、

地盤調査が終わってからというもの、内装の打ち合わせをしたり
検討したりしている間に時間が経ち、いつの間にやら地鎮祭当日に。

地鎮祭と言っても、我が家では大したことはしない。
お米とお酒とお塩と、あとスタイルハウスさんが購入して来てくれた
京都・城南宮の 「清めのお砂」 を、土地の四方と中央に撒き、お祈りを捧げるだけ。

我が家の土地は、古い家を取り壊してその上に建てる訳ではなく、
もともとは森だったところを切り開いて出来ている。

つまり、言わばこの土地に対して 「一番乗り」 であるが故に、
こんな感じにシンプルで十分らしい。

2013-0519=1021-43

こちらは、我が家がこの度の新築をお願いする、
スタイルハウス社長のNさん。

いつも無理難題を言ってしまうのだけど、
何とか叶えようとしていろいろと検討してくださるのです。

もはや、スタイルハウスさんに儲けは無いんじゃないか??
というくらい頑張っていただいています。感謝です。。

2013-0519=1725-59

2013-0519=1722-23

で、こちらは現在の土地の様子。

捨てコンが張られています

on プラン検討から上棟まで (no comments)

窓ガラス決定

この辺の続き。

 「ショールーム巡り #2
 「窓のサイズ
 「エクセルシャノンのショールーム

我が家の窓には、エクセルシャノンさんの真っ白な樹脂サッシを使う。

それは良いのだけど、スタイルハウスさんに話を聞くと、サッシではなくガラスの方は、
どのメーカーのどのガラスになるか、発注するときまで分からないとのこと。

そんな馬鹿な!!

福袋じゃないんだから、こんな高い買い物でそんな
「買わないと何が出てくるか分からない」 なんてことがあるわけがない。

直接問い合わせて良いですか? と聞くとOKだったので、
直接エクセルシャノンさんに、その旨を問い質すことに。

結果としては、スタイルハウスさんが言われる通り、
買ってみないと分からない らしい。。

ただまあ、先方の言う事もよく分かる。

まずエクセルシャノンさんは、日本板硝子さんと旭硝子さんの2社のガラスを、主に使用するとのこと。
そして、自社のサッシにどのガラスを付けて納品するかは、どの工場で作るかといった
工場稼働率やロジスティックスの問題に加え、各工場でのガラスの在庫量に依存するらしい。

つまり、悪い言葉で言うと 「エクセルシャノンさんの勝手な都合」 なのだが、
良い方に捉えると、「原価を下げて施主の負担を出来るだけ下げるための工夫」 と言えると思う。
納得はいかなくても理解は出来るので、ありがとうございました、と言って電話を切った。

その後、この2社のガラス窓のスペック表を
ダウンロードして比較してみると、やっぱり結構スペックが違う。

さまざまなシリーズがあるので一概には言えないが、
同じぐらいのクラスの 「ペアガラス+Low-e」 で比較すると、

 ・ ちょっとでも高い熱貫流率を希望するなら、旭硝子さん。
 ・ 多少の熱貫流率よりも 「紫外線透過率」 の方を気にするなら、日本板硝子さん。

という感じに分けられるように思う。

我が家は、多少の熱貫流率はもう良いから、 「紫外線カット率」 を確保したい。
「ペアガラス+Low-e」 だと、旭硝子さんは大体 60% 前後だが、
日本板硝子だと 80% 超をカットしてくれる。
これはぜひとも、日本板硝子さんにしていただきたい。

、、、というのがこれまでの話で、今日ようやく、
使用するガラスが fix したとの連絡をスタイルハウスさんより受ける。
正式発注をしたいので、エクセルシャノンさんに直接確認いただいて、発注 OK/NG を連絡ください、と。

そんなこと言ったって、今さら “NO!!” なんて言える訳が無い。。
ドキドキしながらエクセルシャノンさんに電話して確認した結果は、、、

全てのサッシで、日本板硝子を使います。

良かったあ~~~

Low-e ガラスで使用するのは、日本板硝子の 「レイボーグ」 という商品。
「遮熱高断熱タイプ」 の、厚み 「3mm + 12mm + 3mm」 (=室外側ガラス+中空層+室内側ガラス) になる。

glass spec

紫外線透過率は 12.8%、つまり紫外線の 87.2% をカットしてくれる。
これで、床や家具の日焼けの心配がかなり減った

、、、それにしても、各ガラスメーカーのカタログを読んでいて思うのは、
こんなに自社の製品のスペックを高らかに謳って営業努力をしているのに、
施主が選べるのは窓サッシだけだということ。 

この世界では当たり前なんだろうけど、素人から見ると変な感じ。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

シーリングファン

内装の仕様が、ようやくそこそこ決まってきた。
それでも、ざっくり 50%? というところ。。

本っ当にいっぱい決めることがあるのだけど、
その上スタイルハウスさんの場合は、
「この中のどれが良い?」 じゃなく、基本的に 「何でもOK」 なので、
選択肢はほとんど無限大。

もちろん提案はしてくれるのだけど、一般的なハウスメーカーのように、
この中で選ばないといけない、ということは無い。

ネットで情報を収集しつつ、少しずつ
「自分たちはどんなスタイルを求めているのか」
を明確にしていくという、「自分探し」 に近いことをしていく。

だから、大変ながらも、「これだ!」 という仕様が
出来上がった時は、本当に嬉しい

、、と書いていて、あー、これが、スタイルハウスさんが
ずっと言っている 「自分スタイルの家づくり」 なんだなぁ、と思った。

で、シーリングファン。

YCF-358IV

当初は、こちら、ユーワのシーリングファン 「YCF-318」 で考えていた。

デザインがとても好みで、一目ぼれに近い状態。
だけど、風量や回転数などのスペックが、どこにも書かれていない。

そこで、直接ユーワさんにメールして聞いてみることに。
今後、性能のみを向上させたマイナーチェンジもあると思うので、
あくまで回答をいただいた 2013/5 時点での
スペックなのだけど、以下のご回答をいただきました。

YCF-358IV spec

60Hz 地域での 「風量・風速・回転数・消費電力」 の
4点を問い合わせたのだけど、びっくりしたのが、
「風量と風速の2点は測定していない」 という回答。

同じ回転数・消費電力のときに、
どれだけの風量・風速(特性)を達成できるか、が
こういうモノづくりの肝だと思っているので、
かなり、納得の行かない回答だった。

つまりこの商品は、
風量・風速というシーリングファンの基本性能よりも、
インテリア性を重視した製品なんだと思う。

デザインはもちろん重要なのだけど、
シーリングファンには 「ゆっくりと優雅に」 まわっていて欲しいので、
ただの飾りになる可能性のあるユーワの製品は、
残念だけど、ちょっと怖くて使えないかなぁ、、と思った。

WF813

そんなこんなしている間に目にとまったのが、
大御所 オーデリックの 「WF813」 というシーリングファン。

カタログには、しっかり上記の4点の数値が載っている。

WF813 spec

ソフトモードで回転数は 45 rpm、風量は 27 m^3/min。
風量は大体でしか分からないのだけど、他の扇風機とかの
スペックと見比べると、結構すごい気がする。

特筆すべきはその回転数で、1分間に45回転ということは、
1秒に1回も回転しない、ということ。

試しに、1秒で1回転になるように指を回してみる。
結構ゆっくりに感じると思うのだけど、
そのスピードよりもゆっくり回転するらしい。

それでいて、この風量。
さすが Φ1192mm

ということで、我が家の勾配天井に設置するシーリングファンは、
ほぼこの WF813 で決まりです。

照明 etc. で、予算が尽きていなければの話だけれど。。 

on プラン検討から上棟まで (no comments)

Sweet Home 3D

Sweet Home 3D という、無料のソフトがある。

sh3d (1)

これがかなり良くて、この一週間、夢中になって使っている。
上が、そのキャプチャ画像。

間取りや家具の正確なサイズを入力できるから、
実際に設置したときにどんな風に見えるのかが良くイメージできる。

しかも ↓ のように、自由にルートを決めて、
実際にそのルートを歩いたときの見える景色
を mp4 形式で保存することができる。

家を新築する方には、ぜひおすすめのソフトです。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

土地の地盤調査とその結果

さて、去る 3/23 の土曜日に、地盤調査が行われました。

先日その結果が上がってきたのだけど、結果はなんと、、、

「地盤改良の必要なし」

土のバランスが、とても良いらしい。
ほんの少しの改良も要らないというのは、結構珍しいとのこと。
地盤改良で見ていた費用45万円が、まるまる浮いたことになります。

これは、地盤調査のときの様子。

スウェーデン式サウンディング試験 (SWS) と言う
地盤調査方式での測定で、費用は税抜7万円。

先端がスクリューの形になった金属の棒を、回転させながら地面に差し込んでいって、
「何回転でどれぐらいの深さまで進んだか」 で地盤の強さを評価するらしい。

その結果がこれ。

いろいろ数値が並んでいるけど、大雑把に言えばこんな感じで、
黒い横バーが長ければ長いほど地盤が固いことを示すらしい。

この画像だと、深くなればなるほどきれいに地盤が固くなっていっているけど、
大抵はちょっと硬くなった後にまた柔らかくなってたり、
数メートル先まで柔らかいままだったり、、ということが多いとのこと。

そのため、このグラフはパッと見で、なかなか優秀な地盤だと判断できるらしい。

この地盤調査は、建物が建つ部分の4コーナーと中央の1箇所で、合計5箇所に対して行うのだけど、
「すべての調査ポイントがこんな感じのグラフになる」 ことは、かなり珍しいとのこと。

ということで、この土地はあまり見られないレベルの、優秀な土地らしい。
よかった!!

on プラン検討から上棟まで (no comments)

自動車の所有権解除

ちょっと前に、ジャックスから、ローン完済のお知らせの葉書が届いた。

我が家はガリバーで中古のシエンタを購入したのだけど、その際に組んだローンがジャックスのものだった。
そして、住宅ローンの仮審査をしてもらうときに、南都銀行の担当さんから

車などのローンが残っていると、審査で不利になることがあります。

と伺ったので、ローンの残りが 10万円台だったこともあって、ええい、もう一括で返してしまえ! と、ほとんど勢いで完済。いくらだったかな、数ヶ月分の金利の支払いが無くなったので、8千円くらいトータル費用は下がったらしい。

という訳で、ジャックスからローン完済のお知らせが届いたのだが、その葉書には、ローン完済の他に、所有権解除したいなら必要書類を送ってね、的なことが書いてある。
別にしなくても良いらしいんだけど、何だか自分のものになった気がしなくて気持ち悪いし、ナンバープレートの交換とかいろいろ溜まっている手続きがあったので、ついでに所有権解除も行うことに。

今のうちの車は、「所有権留保車両」 と言うらしい。
解除したいなら、その申請に必要な書類一式をジャックスに送れと書いてある。

 ① ご契約者もしくは車検証上の使用者の免許証写し
 ② 実印押印の委任状
 ③ 車検証のコピー
 ④ 返信先メモ(住所・氏名/名称・電話番号)

② が良く分からないので電話してみると、解除手続きを本人が行う場合は、不要とのこと。
あと、葉書には書いてないが、このお知らせの葉書の半分を切り取って同封して欲しいとのこと。
そうすれば ④ の返信用メモも不要になるらしい。結果的に、送付が必要な書類はこれだけだった。

 ① 免許証のコピー
 ② 車検証のコピー
 ③ お知らせの葉書

拍子抜けするほど簡単。。
うだうだ言わずに、こう書いとけば良いのに。。

で、これを送るとジャックスから返送されてくるのが、以下の3つの書類。

 ① 譲渡証明書
 ② 印鑑証明書
 ③ 委任状

これらを運輸局に持って行って、手続きを行う。

他のいろんな手続きと一緒に行ったので、所有権解除だけに必要だったものが分からないんだけど、多分、上記の3点と、あと自分の 「印鑑証明書」 と 「実印」 の2点だけで良かったと思う。

で、無事に完了すると、車検証の 「所有者」 欄が、ジャックスから自分に書き換わる。
まあ、それだけと言えばそれだけなんだけど。。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

エクセルシャノンのショールーム

我が家の窓サッシには、エクセルシャノンを採用しようとしています。

理由は、断熱性能抜群のオール樹脂サッシでありながら、
LIXIL のシンフォニーなどの複合サッシとほぼ同じ価格だから。
LIXIL や YKKAP にはない 「アーチ窓」 がある点もプラスになってます。

唯一のネックは、ショールームが無いこと。実物が見れない!!
スタイルハウスさんに 「何とかどこか見れるところ無いもんでしょうか?」 と聞いても、
やっぱり 「無いですねえ」 という回答。

無いなら仕方が無いかあ、、と、
一度は実物を見ないで決めようとしたものの、やっぱり引っ掛かる。

こうやって、まあいっか、と妥協して決めてしまったところが、
実際に家が建ってから後悔したりするんだろうなあ、と思い、
もうちょっとちゃんと手を尽くしてみることに。

とりあえず、エクセルシャノンの大阪支店に電話。

すると、確かにショールームは残念ながら無いのだが、
モデルハウスでエクセルシャノンのサッシを使っている所があるとのこと。
さらに、もしご希望であれば、50cm x 70cm くらいの小さめの窓であれば、
貸し出しという形でお送りすることも出来ますよ、と。

そう、こういう代替案を待ってたんです!
営業の方、素晴らしい!!

ということで、エクセルシャノンのサッシを使ったモデルハウスを
ネットで探して、コンタクトを取ってみる。
見学OKとのことなので、早速行ってみることに。
(営業の方、買う気がないのにごめんなさい・・・)

excel_1.jpg

045/05 の横辷り窓。
かなりがっしりした作り。

excel_2.jpg

150/18 の小さめのテラス用引き違い窓。
すっきりして綺麗な印象。

実物を見てはっきり感じたのが、LIXIL や YKKAP の窓とは、重厚感が全く違うということ。
エクセルシャノンと比べると、隣の家の窓サッシが、風で飛んでいきそうなくらいに軽く華奢に見える。

あと、これだけ重厚感があってガッシリした作りなのに、
無骨な感じは全くなく、清潔感があってキレイなこと。

多分、この純白のサッシの色の効果が大きいんだと思う。
他のサッシがクリーム色に見えるくらい、エクセルシャノンのサッシは真っ白だった。

ということで、本当に、素晴らしいの一言。
他にダメもとで検討していた、エリートフェンスターの木製トリプルガラス窓より、断然良い。

この窓サッシを使えるというだけで、ものすごくテンションが上がる
見に行って良かったと思える、エクセルシャノンでした。

on プラン検討から上棟まで (no comments)

窓のサイズ

さて、間取り決め終了かと思いきや、
新しくもらった間取り図には、今までなかった窓のサイズが。

あれ、これって今までほとんど議論してなかったけど、
間取りと一緒に決めないといけないものなんだっけ??

どうも、「窓のサイズ決め」 という作業が
まだ残っていたらしい。。

打ち合わせ前日にもらった図面には、
「07411」 や 「16520」 などの数字が並ぶ。

はい? ということで調べると、
どうもこれは、「幅 74cm / 高 110cm」 や 「幅 165cm / 高 200cm」
というように解釈すれば良いらしい。

このサイズは 「内法」 と呼ばれるもので、
内法とは 「開口部などの内側の寸法」 のことである模様。

幅 74cm に、高さ 110cm、、、って言われても、、ねえ?
全くもってイメージできないから、良いとも悪いとも言えない。。

そこで、実物大の窓の大きさをイメージ出来るように、
窓の大きさに合わせて養生テープを壁に貼ってみることに。

守護神ミーでちょっと見えないけど、、
うん、これならまあ、イメージ出来なくも無い。

ただ、エクセルシャノンのホームページから、窓サッシのサイズ表を
ダウンロードして確認すると、縦辷り出しやシングルハングは、
横幅5センチとかの刻みでラインナップがある模様。

もう、内法 69cm でも 74cm でも、
大して変わんないんだからどっちでも良いじゃん!

と思いつつも、でもたかだか5センチでも、実際に壁に嵌め込まれたのを
引きで見るとはっきりと分かるような、「最適解」 というのはある気がする。。

しかし、エクセルシャノンにはショールームが無い。
このサッシを勧めてくれたスタイルハウスさんも、実物を見る方法は無いとの見解。
どうしたものか。。。