on 上棟から引渡しまで (no comments)

CD管で先行配線

上棟13日目の日曜日。

スタイルハウスNさんと、二人で先行配管(先行配線?)をやってきた。

2013-0616=1158-16.jpg

使うのはこの、未来工業のCD管 (Combined Duct)。
内径22mm を50メートル。 送料込みで2800円くらい。

CD管とかPF管とか、いろんな種類があって良く分からないので、
スタイルハウスさん経由で電気屋さんに聞いてもらった。

「CD管が良いですよ」 とのことだったので、これに決定。
もちろん施主支給です。
(というか、施主が勝手に買って、勝手に施工してるだけ)

電気屋さんは φ16mm を良く使うらしいけど、
それは電話線とか LAN とか、何か1本だけを通すから。

今回は HDMI とか LAN とか BS/CS/地デジの混合同軸ケーブルとか、
いろんなケーブルを一気に通すことを考えているので、φ22mm にすることに。

2013-0616=1152-24.jpg

ということで、早速開始。

φ30mm のドリルで、穴を開けていく。

普通の家だと天井の上にスペースがあるので、こんなところに
穴なんて開けなくても、先行配管はし放題 (天井にビスで留めるだけ)。

しかし我が家では、構造用の梁を見せるようにするので、
こういう所に穴を開ける必要が出てくる。

2013-0616=1213-49.jpg

とりあえずこの梁については、
CD管4本+スピーカーケーブル用の穴が完成!

こんな感じで、CD管を通す経路にどんどん穴を開けていく。

2013-0616=1225-03.jpg

そんなこんなして、
リビングまでの全経路の穴あけとCD管配管が終わったところ。

悪くない

2013-0616=1227-34.jpg

ただ、外壁側なので、断熱材の施工が大変そう。。

2013-0616=1443-52.jpg

配管していて分かったこと。
それは、、

CD管は硬い!!

押せばペコッと凹むような、そんなヤワなもんじゃない。
爪で弾くと、カンッと高い音が鳴るぐらい、硬い。

だから、こんな感じでねじれて絡まる。
これ、もうこの状態から、振っても引いてもビクともしない。
本当に、ただねじれているだけなのに。。

2013-0616=1249-15.jpg

こちらは、一階から二階へCD管を上げるところ。

2013-0616=1503-36.jpg

2013-0616=1507-40.jpg

二階に出て来ました。
将来この部屋を8畳と6畳に分割する可能性を考えて、CD管は2本準備。
HDMI と地デジ同軸ケーブルが通ります。

2013-0616=1508-07.jpg

二階の主寝室へのCD管。
こちらも HDMI と地デジ同軸ケーブルが通る予定。

2013-0616=1520-05.jpg

また、こんな感じで、
二階の勾配天井の梁の上までCD管を延ばして、、

2013-0616=1515-27.jpg

梁の上をケーブルが這えるようにしておいたりもする。

(プロジェクターの設置を想定)

2013-0616=1547-44.jpg

こちらは、さっき穴を6個開けていた、リビング+ダイニングの天井。
CD管はすべて PC ルームに吸い込まれていきます。

2013-0616=1154-59.jpg

意外に大変だったのが最後の片付け。
ホウキとチリトリでがんばって掃除する。

ドリルでの穴あけ作業はNさんにやってもらい、
その後の実際にCD管を通す作業は自分で行った (Nさんはもともと大工さん)。

暑いなか、結構大変な作業だったのに、Nさんへの日当などは特になし。
まあ、楽しんで一緒にやりましょう、想い出にもなりますし、という感じ。

スタイルハウスさんには、営業がいない。
営業するような時間があったら、施主さんが予算内で理想の家を
つくるためのお手伝いに時間を使いたい、というのがNさんの考えで、

実際、今日この先行配管を一緒にやってもらったおかげで、
多分10~20万円くらいは電気工事にかかる費用が浮いている。

一緒にお昼にお弁当を食べながら話している時に、
「営業とかやってるより、施主さんと一緒にこういう事してる方がよっぽど良いですよ」
と言われて、確かにその通りだよなあと心底思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)