on 家づくり その後 (no comments)

ローリエを植えました

遡ること二ヶ月前。

悩みに悩んだ結果、パーゴラ横の木のスペースには、
ローリエを植えることにました。

DSC08485.jpg

家の近くの植木屋さんには置いてなかったので、
ネットの通販で購入。

樹高2.2メートルの二本挿しで、1万円前半。
安い!!

・常緑であること
・そこそこ背が高いこと (お隣さんや道路からの目隠しに使うため)
・和っぽくないこと
・何かしら、使えるものを収穫できること

という条件を満たすものを探し求めて、辿り着きました。

DSC08486.jpg

植えているところ。
ほぼこの状態で送られてきました。

穴を掘って、ローリエを埋めるだけで完成。
特に大変なことは何もなく、それで今も元気です。

ちなみに、ローリエの和名は、月桂樹。

料理で使うローリエの葉っぱって、月桂樹の葉のことだったんだ、、
と、今さらながら理解しました。。

かっこいい名前ですよね

DSC08584.jpg

こちらが現在のローリエさん。
上の写真から二ヵ月後です。

何か、横に植えてた木がやたらと大きくなっちゃって、
どうしようかという所なんだけど。。

植えてみての感想だけど、かなり気に入っています

そこそこの樹高があって、かつ葉がけっこう密集しているので、
「お隣さんや道路からの目隠し」、という目的については、
しっかりその役目を果たしてくれてます。

あと、見た目も良い。
こういう西洋風の建物とよく合う気がします。

オリーブとの相性も良くて、
同じ空間にあることが、とても自然な感じ

DSC08595.jpg

あと、ただ植えるだけじゃもったいない、何か収穫したい、
という思いがあったんだけど、この辺も良い感じで、
ハーブとしてとても重宝しています。

カレーとか煮込み系の料理に、このローリエの生葉を入れると、
ぐっと味に深みが出るみたい。

今まではスーパーに売ってる乾燥ローリエを使っていたんだけど、
今後は庭で収穫できるようになりました。

なかなか良い選択でした

on 家づくり その後 (no comments)

PCルームについて2

PCルームについての続きです。(ようやく…)

PCルームについて
可動棚を追加しました
可動棚を追加しました2

DSC08514.jpg

こちらが現在の正面側で、、

DSC08574.jpg

こちらが背面側。
この背面側の構造は、ほんとうに苦労して今の形になりました。

今はプリンターとスキャナー(とスピーカー)を置いてるんだけど、
ここはもともと石膏ボードで塞がれていて、棚も付いてませんでした。

DSC08513.jpg

こちらが、ちょうどその頃の写真。

2~3日に1回は、夜な夜な施工状況を見に行ってたんだけど、
この日見に行ったら、この背面側の全面に石膏ボードが!

PCroom.png

その当時こうしたいな、と思っていたのは、こんな感じ。

モニターを横に2台置けるような横幅を確保するのと同時に、
奥行きがあって邪魔なプリンターを何とかしたいと思ってました。

DSC08512.jpg

明日には机を作っちゃうという話だったので、
何とかするには今しかない。。

ということで、真夏の暑い日に、蚊に刺されながら、
あーでもないこーでもないと検討。。
夜の9時に現場に入って、

「これだとプリンタを置くスペースが確保できる!」

というプランを作ることが出来たのが、夜の12時すぎくらい。

上の写真が、そのときに書いた、大工さんへの指示です。
この日は、机の奥行きは何センチにしてくださいとか、他にもいろいろ
指示(お願い)を書いてきたので、枚数が多くなってますが…

で、これをPCルームの壁に貼り付けて、朝イチで工務店さんに電話。

「壁にいっぱいお願い事を貼ってきたんですけど、
 出来そうか検討してもらえませんか!?
 今日作り付けの机を付けるって言われてたんで、急ぎで…!!」

しばらく待つと、工務店のコーディネーターさんから電話が来て、

「大工に聞いたら、だいじょうぶみたいです。
 壁の指示の内容で進めますね~」

、、ということで出来上がったのが、最初の写真の背面机

DSC08520a.jpg

この記事を書いたあとに探してたら、
その後の週末?に撮った写真がありました。

矢印の部分が、大工さんが石膏ボードを剥がしてくれた部分。

あのとき、蚊に刺されようが
頑張っておいて良かったぁと、今でも思います

on 家づくり その後 (no comments)

ウインドウフレームを付けました

雑誌の取材のタイミングに合わせて、
ウインドウフレームを付けました。

DSC08499.jpg

こんなのです。

なんばにある 「緑の雑貨屋さん」 で、7000円ちょっとでした。

DSC08502a.jpg

こんな感じで、リビングの勾配天井のある壁に付けてます。

DSC08498.jpg

棚板は、ホームセンターで買った、何の変哲もない木の板に、
ミルクペイント (Corner Cupboard Yellowish White) を塗ったもの。

ブラケットは、我が家で何度も登場しているもの。
こういう系の雑貨屋さんではたいてい置いてあるので、
紹介するほどのものでも無いんですが。。

DSC08507.jpg

開きます!

on Web内覧会 (no comments)

雑誌の取材を受けました!

ご無沙汰しております。。

ついにブログの下に広告まで出てしまったんだけど、、
この三連休で、ようやく少し時間が取れたので、一つご報告を。

先日なんと、雑誌の取材を受けました!

DSC08202.jpg

10月くらいに発売、だったかな?

発売したら、取材を受けたときのことをいろいろ書いて良いらしいんだけど、
いまはまだ、雑誌とかテーマとかは載せちゃダメみたい。

ただ、今回載せていただく雑誌は、
我が家が家を建てる上で、おそらく一番参考にした雑誌です

近々、初稿を見せて頂けるそうで、とても楽しみです。

DSC07391.jpg

ということで、今の時点では大したことは書けないので、
最近の、、でもない、この2ヶ月くらいにとった写真をいくつか。。

DSC08203.jpg

パーゴラ前の花だんも、にぎやかになって来ました。

パーゴラを這って登っているのは、ジャスミンさん。

DSC07504.jpg

サイクルポートを作ってくれているところ

DSC08263.jpg

サイクルポートで照明を点けると、
外構のガラスブロックから光が漏れてキレイです。

DSC08204.jpg

庭作業をしてるときに時間が分かるようにと、
外に時計を付けました

DSC08174.jpg

煙突掃除のときに撮った、煙突からの景色。
アイボリーの屋根瓦は、まだまだきれいなままでした。

まだしばらく忙しい日が続くんだけど、
Web内覧会とか建築時に検討したこととか、

まだ書ききれてないことがいろいろたまってるので、
ぼちぼち書き出していきたいと思ってます。

今後ともよろしくお願いします。

on 家づくり その後 (no comments)

ブースターが壊れました

久しぶりに、テレビアンテナについてです。

設置した当初は全く問題なかったんだけど、
半年ぐらい経った頃から、大雨とか風が強い日に、
テレビが映らなくなることがありました。

アンテナは、地デジ、BS/CS ともに自分で設置したんだけど、
その辺の記事がこちらです。(去年のもの)

石膏ボード貼り
アンテナ設置 DIY #01
アンテナ設置 DIY #02
漆喰の外壁などなど #02

DSC00120.jpg

DSC00179.jpg

DIY だから、アンテナの角度がズレたりとか
しちゃったのかなあ、、と心配だったんだけど、

調べてみると、どうもアンテナっぽくない。
というのは、

・テレビが映らなくなるときは、地デジ、BS/CS どちらも映らなくなる。
・受信レベルが低くなるのではなく、一気にゼロまで落ちる。

という症状があったため。

ただこの頃は、しばらく待つと何故か自然に回復して、
また見れるようになるので、放置してました。

が、先日ついに、受信レベルがゼロに落ちたまま回復せず、
ウンともスンとも言わない状態に。。

ということで、本腰を入れて調査することに。

DSC08229.jpg

我が家のブースターは、屋外に付いてます。
(ブースターは、アンテナの直近に付けるのが大原則)

二階の壁面に付いているので、長バシコを用意しないと
アクセス出来ないと思ってたんだけど、
先日ダメもとで、窓から身を乗り出してみたら、
窓枠に足を掛けると、アンテナマストまで手が届くことが分かりました。

上の写真では、念のため、
安全帯のフックをカーテンレールに引っ掛けてます。

もし落ちたら、きっとカーテンレールは引っこ抜けると思うけど、
レールが窓に引っかかって、地面には転落しないでしょう…

DSC08236.jpg

窓から身を乗り出したところ。

窓枠に足をかけると、ブースター部分に手が届きます。

設置当時はケアできて無かったんだけど、
こういうアクセスが出来るような位置への設置になってて、
本当に良かったと思う。。

ちなみに、アンテナの向きなどは、
別途設置した壁面はしごから大屋根に登って、
そこから調整できます。

DSC08239.jpg

こちらが、今故障を疑っている、
DXアンテナの 33dB ブースター。

しばらく確認して気が付いたのが、
「パイロットランプが付いてない…」

この機種は、電源部と増幅部が分かれていて、
電源部は屋内、増幅部は屋外に設置します。

DSC08244.jpg

こちらが電源部ですね。
この2つを同軸ケーブルでつないで、増幅部に電源供給します。

そのケーブルの断線の可能性を確認するために、
別のケーブルを使って電源部と増幅部を直結してみたんだけど、
やっぱりパイロットランプが点灯しない。。

念のためということで、
テレビと地デジアンテナを直結してみると、
やっぱり、、、ちゃんと映ります。

DXアンテナに問い合わせて、
不具合の絞り込みのために実施したことを伝えると、
故障の可能性が高いですね、という回答。

ということで、ブースターを交換することになりました。
保障期間内なので、無償交換してくれます

DSC08249.jpg

取りあえず、ブースターが届くまでは、
地デジのアンテナと、屋内引き込み用の同軸ケーブルを
接続しておくことにしました。

6分配しているので、信号強度の弱いチャンネルが
いくつか映らないんだけど、まあ当面はこれで問題なし。

今回、特に思ったけど、アンテナを DIY するときは、
不具合があったときに全部自分で調べられるように、
設置位置とかアクセス方法を考えておいた方が良いです。

長バシコを買えば、大抵のことには対応できるんだろうけど、
多分、結構邪魔になります。。

上の写真は、屋内引き込み用の同軸ケーブルに、
F型接線の中継コネクタを接続してるところ。
ケーブルを長めに切ってあったので、こうやって
窓まで持って来て、屋内で作業できました