on 家づくり その後 (no comments)

ウッドデッキ前のレンガスペース

もう一息で、外構ネタも一段落です。

先日ようやく、ウッドデッキ側が(ほぼ)完成しました。

DSC07743.jpg

こんな感じ。

こちらの出来るまでを少し。。

DSC07270.jpg

まず、アプローチの施工のついでに、
大工さんにパサを水平に敷いてもらいました。
(水勾配は付いてます)

何だかんだで、結局ついでにはならず、
これとまた別件のためだけに、わざわざ来てくれたんだけど。。

DSC07331.jpg

ここに敷くレンガを運びました。
ここからは DIY です。

ちなみに、この量では足りません。
ベルギーレンガを700個買いました」 で買ったレンガなんだけど、
アプローチやら花壇やらを全部あわせると、770個をほぼ使い切ります。。

DSC07402.jpg

レンガを置いて、イメージを練っているところ。

3日くらい掛けていくつかのパターンを検討した結果、
結局オーソドックスに、ある程度規則的に並べたのが
一番きれいだったので、それで作業を進めることに。

こういうところで、ゆっくり時間を置いて考えられるのが、
DIY の良いところ。

DSC00009.jpg

ようやく実際の作業に移るんだけど、
セメントだけを水で溶いた、ノロと呼ばれるものを作って、
レンガを土台に接着していきます。

ちゃんと直線状にレンガが並ぶように、と神経を使ったのと、
あと量が量なので、これに確か、3日くらい掛かったと思う。

本当は、土台を作るときにレンガもくっつけてしまえば
一気に終わったんだけど、途中でいろいろプランを変更したので、
こんな感じの二度手間になってしまいました。

# 最初は、レンガはぴったりくっつけて、
# 珪砂(けいしゃ)で目地を埋める予定だった。

DSC00008.jpg

で、その後、というか上の作業をやりながらだけど、
目地をある程度の高さまで埋めていきました。

途中までは、ホワイトセメントに砂を混ぜたものを使っていたんだけど、
それでも高価なホワイトセメント食いすぎてしまうので、
途中からは安価な普通の灰色のセメントを使うように変更。

周りのレンガに灰色のセメントが付かないように注意して
やらないといけなかったので、これも、確か2日くらい掛かった気が。。

この辺、仕事が忙しくて夜の遅くにしか時間が取れなかったので、
一週間くらい毎日、夜中の10時から1時くらいの間に作業してました。

ほんとにヘトヘトになってやってたんだけど、
別にいつまでにやり切る必要とかは、特にありません。

ほとんど、「早く完成した外構を見ながらビールを飲みたい」
という、ただその一心で動いてました。。

DSC07507.jpg

で、その次に、
ホワイトセメントで目地埋め&レンガの表面をコーティング。

きれいに目地を埋めるって、簡単そうに見えて何故か意外に難しくて、
これにまた3日くらい掛かりました。

最後に、「レンガのアプローチの撥水材」 で使った
コンクリート用の撥水材を塗布して、完成です

DSC07731.jpg

レンガ部分の施工が終わった後は、
周囲の土がどうしようもなく汚かったので、
またしても砂を入れることにしました。

ざっくり、コンマ8リューベくらい。

コメリで見つけた黒いベルギーレンガを並べて、
飛び石風にしています。

DSC07744.jpg

こんな感じ。
やっぱり、砂は良いです。

雨が降っても泥ハネしないし、
水はけが良くなって水たまりが出来なくなるし、
乾くと、白に近い明るい色になるから、スペースが広く見えるし。

普通の新築時は、外構の地面は真砂土(まさつち)で
カバーされることが多いと思うんだけど、少しお金を掛けて、
真砂土じゃなく砂にしてもらうのも良いのかな、と思う。

砂を持って来てくれる建材屋さん曰く、
真砂土は相当、安いとのこと。

単価としては、砂の半分か、それ以下の値段。

でも感覚的にはもっと安くて、砂だったら、
コンマ5リューベなら、コンマ5リューベをぴったり持ってくるけど、
真砂土だったら、適当にダンプ一杯とか持って来ることが多いらしい。

砂は高価だから、セメントを練るとかのために注文されることが多い。
うちみたいに、真砂土の代わりに入れてるお家は滅多にみない、と。

DSC00005.png

何はともあれ、ようやくこの最初のプラン通りの
庭が出来てきました

あともうちょっと、多分記事にして数本書いたら、
外構は一段落して、屋内のネタに移れそうです。。

on 家づくり その後 (no comments)

芝生のその後

芝生を植えました」 の続き。

芝生を植えてから、約10日経ちました。
今の様子です。

DSC07729.jpg

あっという間に、ものすごく緑が濃くなってきた感じ。

ほんと、いつの間にやらです。

DSC07748.jpg

ちょっと見にくいけど、芝の芽?みたいなのが
大量に生えてきてます。

最初見つけたときは、スギナの小さいのと勘違いして、
コノヤロウと2~3本引っこ抜いたんだけど、
よくよく見ると葉っぱがスギナじゃなく芝生っぽい。。

DSC07726.jpg

まだ目地が目立つけど、
緑が濃いからか、あんまり気にならない。

今のところは、順調に根を張りつつあるみたいです。

何ヶ月というスパンで徐々に緑になっていくものだとばかり思ってたので、
こんなにすぐに、これほど緑になるとは想像もしてませんでした

on 家づくり その後 (2 replies)

薪ストーブの最近

冬にとてもお世話になった、
薪ストーブのヴィンテージくん。

その節には、体の芯から暖めていただきました。

DSC07669a.jpg

オフシーズンにも、そこにあるだけで、
素敵なオブジェになってくれています。

ベビーゲートを外したので、すっかり広々になりました。

DSC07661.jpg

ヴィンテージのとびらのノブは、
こんな感じで取り外すことが出来ます。

オフシーズンには、こどもが勝手に開けたりできないように、
ノブだけを取り外すようにしてます。

DSC07630.jpg

ちょうど良いくらいの高さの机になるみたいで、
ときどきこんな感じで遊んでたり。。

DSC07674.jpg

あんまり関係ないけど、
庭に植えているバジルがどんどん大きくなって
間引かないといけなくなったので、一本切ってきました。

DSC07676.jpg

苦いらしい。。

オムレツに入れていただきます

on 家づくり その後 (3 replies)

芝生を植えました

庭に砂を入れました」 と、
庭に砂を入れました2」 の続き。

ついに最終段階、芝生を植えました!

DSC07642.jpg

今回購入したのは、tm9 (ティーエム・ナイン) という、
高麗芝(こうらいしば)をベースに改良された品種。

最初は、
「冬を含め、一年中緑の芝生!」
「葉は細かく柔らかで、色がとても鮮やか!」
などの文句に釣られて、寒地型の西洋芝を植えようとしてました。

実は、すでにケンタッキーブルーグラスの種まで買ってあったんだけど、
その後いろいろ調べると、何だか思っていた以上に大変そう。。

大変なのはまあ大変で良いとしても、
失敗して枯らしてしまうリスクが高いのは怖い。

何より、一番の決め手だったのが、
「夏にプールを芝生の上に置いたままにすると、その部分の芝生が枯れる」
という情報。

しかも、一回枯れてしまうと、
冬まで待たないと回復してくれないらしい。

あー、これはうちにはダメだ、、と。。

一面のお砂場は、このデリケートな西洋芝のためもあったんだけど、
まあ、別にどんな芝にしても、無駄にはならないでしょう。。

DSC07581.jpg

話は戻って、、

tm9 の苗は、OOSUMI というネットショップで購入しました。
こんなダンボールに入って、クール便でやって来ます。

この時期、コーナンなどのホームセンターには、
枯れたような芝生しか置いてません。

というか、ホームセンターに納入している園芸業者の方の話では、
ホームセンターは本っ当に買い叩きがひどいらしくて、
正直なところ、良い苗なんてとても持って来れないらしい。

この辺は、実体験として妻も感じていて、
ホームセンターで買った苗は枯れちゃうことが多いけど、
ネットで買った苗はすごく元気なことが多く、
見た目のバランスも良いことが多いみたい。

今回 OOSUMI で購入した芝生も、それはそれは緑です。
黒くて栄養豊富そうなキレイな土が、裏面にしっかり付いていて、
素人が見るレベルだと、非の打ち所がない感じ。

DSC07583.jpg

上は、ちょうど 1束分を並べてみたところです。
(上のシート 9枚を、1束と呼んでいる)

メジャーで測って面積を計算すると、芝生が必要なのは大体 10㎡。
1㎡ で 1束必要らしいので、全部で 10束を購入しました。

取りあえず、一般的な 「目地張り」 で張っていきます。

DSC07594a.jpg

が、しばらくして挫折。。

というのも、試しに 「全面張り」 という目地を取らない
方法で張ってみると、なんか、思ったより良い感じだったんですよね。

ぴったり張っていけば良いから、並べるのも楽だし、
全面が芝生になるので、当然張ってすぐの仕上がりもきれい。

あと、目地張りだと、目土が意外とバカにならないです。
目地張りすると、芝生のシートとシートの間を、この目土で埋めてあげないと
いけないんだけど、この目土も、そんなに安価なものじゃない訳です。

とすると、わざわざ高い目土を入れて芝生が広がるのを何ヶ月も待つより、
最初から芝を詰めて張っちゃえば良いんじゃないの??

というのが我が家の結論。

全面張りに、方針変更です。

DSC07657.jpg

で、こちらが、芝生を植えた 「翌日」 の写真。

一夜にして、びっくりするほど芝生になりました

DSC07658.jpg

全面張りに変更してしまったので、
奥の方で一部、芝生が足りてません。

後でもう 1束買い足す予定。
正直、目土を買い足すのと費用は大して変わらない。

あとは、この芝生がちゃんと根付いてくれれば、、!! という感じ。
床土がそこそこの深さまで砂なので、踏み圧には強いはず。

取りあえず今は、水遣りがとても楽しいです

on 家づくり その後 (no comments)

庭に砂を入れました2

庭に砂を入れました」 の続き。

砂を買いました。

DSC07309.jpg

工務店さんが使っている建材屋さんの電話番号を教えてもらって、
砂を購入&配達してもらいました。

これで、0.5リューベくらい。

DSC07377.jpg

こんな感じで持って来てくれる。

ちなみにこの 「リューベ」 という単位、最初聞いたときは、
プロだけが知っているドイツかどこかの単位かと思ってたんだけど、

話を聞くと、これは 「立米」、つまり立方メートルのことでした

平方メートルでヘーベーは知ってたけど、
なるほど、体積だとリューベーになるのね。。

DSC07329.jpg

コンマ5リューベを入れきったところ。
まだ足りません。。

この後さらに、合計で 1.3リューベを買い増しました。
ちなみに、0.1リューベで大体1000円くらい。

DSC07341.jpg

ちなみに、この砂、色が違うのが分かるでしょうか?

上側の茶色っぽいのがコーナンで買った砂で、
下側の赤っぽい砂が建材屋さんで買った砂。

知り合いの砂屋さん曰く、赤い砂の方が高品質らしい。
詳しいことは分からないけど、少なくとも見た目の感じは、
建材屋さんで買った砂の方が断然キレイです。

モルタルを練るぐらいなら良いんだろうけど、
お砂場を作ろうと思ったら、建材屋さんの砂だなと思う。

DSC07285.jpg

粘土がメインの残土は、このときついでに引き取ってもらうことに。
土のう袋に入れてるんだけど、パンパンに入れてるからめちゃくちゃ重い。。

DSC07320.jpg

量が量なので、砂を運ぶのもとにかく大変です。

DSC07404.jpg

で、まだちょっと汚いんだけど、こちらがようやく、
もともと考えていた高さまで砂を入れ終わったところ。

がんばった甲斐あって?すさまじく水はけが良いです。
ずーっとホースで水を撒き続けても、水溜りが出来る気配は全くない。

アプローチが泥で汚れることも無くなったし、
何よりなんだか、広くなりました

DSC07416.jpg

ただ、
「広いお砂場ができたよ、思う存分あそびなさい!」
とスコップを渡しても、こちらの思い通りには動いてくれないのがうちの子供。

少し砂を掘ったかと思うと、花壇の土を掘り返したり、
こうやって重しをズルズル引きずり下ろしたり…

まあ、何はともあれ、ようやくアプローチ周りも形になってきました。
ちなみに、この記事を書いてる今は、ここは芝生になってます