on 家づくり その後 (no comments)

ウッドデッキを白で再塗装

DIY ネタが続きます。

先日降った大雪。(そのときの記事
この子がやってくれました。

屋根に降り積もった雪が、ウッドデッキに落ちてきたんだけど、
その雪、裏というか屋根に接してた部分がめちゃくちゃ汚くて、
雪を除けて溶けた後に見てみると、ウッドデッキがエライことに。。

DSC06106.jpg

ゴシゴシやっても取れない。。
雪の日を境に、一気にウッドデッキが黒ずんでしまいました。

よーく見ると、若干カサカサしてる気もする。
ということで、この辺で油分の補給というか補修することに。

DSC06097.jpg

塗るのはこちら。
キシラデコールの 「ワイス」 です。

前評判?というか工務店さんに聞いていた通り
近くのホームセンターには置いていなかったので、ネットで購入。
この1.6リットル缶で、4,500円くらいでした。

DSC06112.jpg

コテバケで塗っていきます。
右側が塗った後で、左側が未塗装。

このコテバケは、自力で二階の床を塗装したときの余り。
あの頃は本当によくがんばったなあと思う。。(「漆喰と無垢床と電気工事 #01」)

DSC06135.jpg

全面の塗装が終わったところ。
薄汚れた感じは無くなったけど、まだ 「真っ白!」 とは言えない感じ。

もっと輝く白さを!ということで、
翌日もう一回上から塗ることにしました。

あと、塗ってる途中で雨がポツポツ降ってきて、
軽く雨の後がついちゃったのも二度塗りの理由です。。

DSC06202b.jpg

ということで、こちらが次の日に二回目の塗装が終わったところ。

DSC06200a.jpg

もう一回くらい重ね塗りしても良いかな?とも思うけど、
他にもいろいろと DIY やっていて疲れてきたので、
取りあえずはこんなところにしておきます。。

DSC06221a.jpg

ちなみに、ネジの頭が見えていたところは、
こんな感じで白のボンドコークで埋めました。
(まだ全部は出来てないけど、、)

ヒビ割れしていたところもこのボンドコークで穴埋め。
実はこの作業の方が、コテバケでキシラデを塗るより断然大変だった。。

DSC06222a.jpg

ついでに外構の柵も、キシラデコールでメンテナンス。

こちらは何とか、気になる隙間は全部ボンドコークで白に埋め終わりました。
(写真ではまだネジの頭が残ってます)

ネジの頭とかヒビ割れた部分が白くなるだけで、全然印象が変わります。
いずれは全ての隙間を白で埋めたい。。

on 家づくり その後 (7 replies)

エコキュートの昼停止を毎日に

我が家では、パナソニックのエコキュート、
「HE-460SFQS」 を使っています。

DSC06150.jpg

使っている感じ特に困ることはなくて、まあ良い感じなんだけど、
一点だけ、「昼間の沸き上げ停止」 を 「毎日」 に設定できないのが不満でした。

 追記 2015/2/22 :
  設定方法を記事にしました。
  「エコキュートの昼停止を毎日に #2

例えば、家族全員のお風呂が終わって、食洗機での食器洗いも完了、
その日にお湯を使う作業は全部終わり!というときに、
エコキュートのお湯の残りメモリが一つになったとします。

この 「ちょっと余裕があるぐらい」 で終了というのがとても良い感じなのに、
このエコキュートは、残り湯量が少ないと言ってせっせと沸き増しをしてくれます。

ウチの地域の深夜電力は夜の11時から。
深夜電力(ナイトタイム)は10.76円で、11時までのリビングタイムは24.59円。

夜の10時に全部終わった場合、あと1時間待ってくれれば深夜電力なのに、
電気代が倍以上する時間に、もうその日には使わないお湯を勝手に沸き上げる。

これはどう考えても無駄なので、「昼停止」 という設定をするんだけど、
これが設定した当日した有効になってくれないので、
毎日毎日、手動でこの 「昼停止」 をしないといけない訳です。

で、何とかならないものかと思ってパナソニックのサービスセンターに電話。
いろいろと問い詰めた結果、メンテナンス用の裏メニューに、
この昼停止を毎日に設定できるモードがあるとのこと。

早速やりました

DSC06163a.jpg

「昼間沸き上げなし(毎日)」!!

お客様相談室のお姉さん曰く、この辺はサービスの人間が
直接来て行う 「修理」 扱いになるので、有償になりますよ、とか
言ってたんだけど、サービス担当の方は話が分かる人でした(笑)

電話でメンテナンスメニューへの入り方を教えてくれて、
ものの数分で昼停止の毎日設定を通常画面に出せるように

DSC06161a.jpg

ホーム画面での表示も、「毎昼停止」 になってます

こんなに便利で経済的な設定を、なんでわざわざ
裏メニューに持ってくるんだろう、というのが不思議。

「おまかせ」 とか 「おまかせ節約」 だけで、いろんな価値観や
生活習慣を持つユーザーの期待に応えられると思ってるんだろうか。。

おまかせプログラムが賢くなるのは素晴らしいことなんだけど、
ユーザーに自分好みにカスタマイズさせてくれるような懐の深さも
兼ね備えた設計仕様にしてくれた方が嬉しいなあと思う。

#プログラムは悪くないですよ!今までクラッシュしたことは無いので。
#悪いのは(というか私が好きじゃないのは)、あくまで 「設計仕様」 です。
#(というよりも、初期出荷状態の設定かな)

on 家づくり その後 (no comments)

くるみの木と彫り込み表札

先日、「くるみの木」 という、奈良にあるカフェに行ってきました。

30年の歴史を持つカフェだそうで、いろんなものが、
ただ古いだけじゃなく 「アンティーク」 な趣を出しているお店。

DSC05904.jpg

その中で我が家にも取り入れたい!

と思ったのが、くるみの木さんのこちらの看板。

DSC05902.jpg

これ、分かりますか?
木の板に、文字を彫り込んでるんです。

これを見た瞬間、「これで表札を作りたい!」 と思いました。

DSC05903.jpg

海外だとこういうのってよくあるんだけど、それはあくまで看板。

日本でこんな感じに木にアルファベットを彫り込んだもの、
それもそれを 「表札に」 って言うのは、今まで見たことが無い。

ということで、今の表札がヘタッて来たら、
がんばってこんな感じの表札を作ろうと思ってます。

DSC05901.jpg

他にもこの、看板に埋め込まれた木の椅子。

かっこいいです。
このアイデアを何かに使えないかなあ、とか、、

DSC05905.jpg

ちなみにこのお店、料理もすさまじく美味しかったです。

DSC05907.jpg

「いただきます。」 のお箸

DSC05908.jpg

裏返すと 「ごちそうさま。」

on 家づくり その後 (no comments)

マキタのコードレス掃除機について4

またまた、マキタのコードレス掃除機についてです。

この機種は、本体内部にフィルターが付いていて、
それが目詰まりを起こすと吸引力が低下します。

これまで2回ほど、本体を分解してフィルターを水洗いしたんだけど、
そもそもこのフィルターって、何のためにあるんだっけ??

と疑問に思ったのがきっかけで、、

DSC05534.jpg

取ってみました。

結果としては、すごく良い感じ。

どんな粉末を吸い込んでも、目詰まりすることが無い(当たり前だけど)。
吸引力は、購入した当初より 「ちょっと強いぐらい」 を、ずーっとキープしてます。
ただ、音はちょっとだけ大きくなった気がする。。

細かい粉末を吸い込んだときに、それを本体内部のフィルターで止めるか、
そのまま外(室内)に排気するかの違いだと思うんだけど、

どんどん吸引力が低下していくぐらいなら、
そのまま外に排気してくれた方が良いと思う。

そういう微小粒子は、空気清浄機に任せます。

これで心おきなく、薪ストーブの炉台の灰を吸えるようになりました

※追記 2014/4/6

マキタ掃除機のその他の記事です。

マキタの掃除機を買いました
マキタの掃除機を分解修理
マキタのコードレス掃除機について3
マキタのコードレス掃除機について4」  ←

on 家づくり その後 (no comments)

可動棚を追加しました2

可動棚を追加しました」 の続きです。

この前にダボレールを設置したときは、
レールの厚み分だけ棚の幅が狭くなっちゃって、
残念ながら用意していた棚が入りませんでした。。

で、その後、丸のこを買おうかどうか考えてたんだけど、
結構なお値段がするので本格的な工具を買うのはまた今度にして、

今回は 「ソーガイド」 という、ノコギリを直角や 45度に固定するための
パーツを購入して対応することにしました。

DSC05777.jpg

ぴったり90度じゃなく、たぶん85度くらいになっちゃったけど、
設置してみると全然気にならないレベルでは切ることが出来ました

DSC05776.jpg

厚みが約30ミリのパイン材。
ウォークインクローゼットで余った木です。

この微妙な白さがここには合っているので、
この棚板は無塗装にしておく予定。

DSC05780.jpg

階段下にしては、かなり居心地がよくなってきました。

ところで、さっきの2つ目の写真にあった黒いフック。

あれを取り外して、白に塗装してみました。

DSC05790a.jpg

DSC05785a.jpg

ダンボールがちょうど良いです。

塗料は、こちらで使ったアスペンのラッカースプレーの、
つや消し白タイプ。

DSC05819c.jpg

こんな感じ

ラッカーなので使ってるうちに剥げてくるけど、
また塗ればよい話なので、別に良いかなと。