on 家づくり その後 (no comments)

真鍮の表札を付けました

真鍮の表札」 の続きです。

DSC04610.jpg

ちょっと前のことなんですが、
ついに、ようやく、表札を付けました!

DSC04606.jpg
DSC04601.jpg

シャビーな塗装を施した木の板に、
真鍮を黒塗装したレターを貼り付けてます。

ちなみに、手前のポストは BOBI USA というもの。
門灯は、ゴーリキ・アイランドの 「BH1000 NV CL」 というマリンライトです。
 「ポストと外水栓が付きました

DSC04598.jpg

前回、養生テープで試しに貼ってみたときに、黒塗装部分が
剥がれてしまったので、改めて黒のスプレーで塗装し直します。

DSC04599.jpg

アスペンのつや消しラッカースプレー。
ど素人の私でも、上のように全くムラなく塗装できました。

数多のスプレーを試して比較したわけじゃないけど、
とても良い感じのスプレーです。

DSC04600.jpg

上の真鍮製のレターと、ベースの木の板は、
このクリアラッカーでこれでもかというくらいコーティングしました。

クリアなだけあって、塗ったあともクリアで透明だから、
正直こっちは使用感はよく分からない。。
とりあえず、泡が付いたり液ダレしたり、、ということは無かったです。

DSC04637a.jpg

貼り付けるのに使ったのはこちら。
ボンドの、「SU (エスユー)」 という接着剤。

「真鍮+木の板」 と 「木の板+漆喰」 の
両方ともこの接着剤で貼り付けました。

これは本当に良い。
何にでも使えるし、すぐにくっつくし、ゴムみたいな感じだから液ダレは皆無だし、
はみ出した部分はペリペリッて簡単に剥がせるし。

表札に使った木の板は、そんなに軽いものじゃなかったんだけど、
ズレ落ちてくるって感じは全くない。

「ウルトラ多用途・超強力接着剤」 という肩書きはダテじゃないです。
さらに用途が増えたり強力になったら、いったいどんな文句になるんだろうという疑問はありますが。。

DSC04611.jpg

木が腐っちゃったり、錆びが出ちゃったりしたら、
ひっぺがせば良いという安心感?もあります。
裏は漆喰だから、サンドペーパーで削ればほぼ元通りになるし。

取りあえずはこれで様子見です。
(特に何も処理しなかったから、木が反り返らないかが心配。。)

on 家づくり その後 (2 replies)

子どもリビングのロフト計画

あくまでまだ検討中なんだけど、、

DSC05097.jpg

こちらは、2階の子どもリビング。
ここに、ドアと窓を付けて、ロフト+小屋裏収納を作るかもしれません。

DSC05097a.jpg

こんな感じ

前の記事と同様、工務店さんに来てもらったついでに
前々からちょくちょくお話していた本件について相談して、
そのときに出来上がったイメージです。

どんなドアにするか、どんな室内窓にするか、内装はどうするか、
まだまだ検討しないといけないことだらけだけど、
とりあえずこれで大まかな方針は決まりました

3月末までは消費税うんぬんで忙しいので、
春から夏に掛けて作業してもらうことになりそうです。

費用は、大工さん二人分の工賃+部材、という感じ。
(あと電気屋さんか、、照明とかコンセントが必要になるので)

DSC05067.jpg

ちなみに、こちらは、本日の社長さんの工賃、

ザ・お弁当

・・・あ、コーヒーも付いてますね。
あと緑茶もお出ししました。。

朝の 9:30 に来てもらって、点検口を開けてもらっただけじゃなく、
一緒にコーナンPROに行ったり、炉壁に穴を開けたり、
コーキングガンを使った目地の補修方法を教えてもらったり、、

ほんとに助かってます。。

on 薪ストーブについて (6 replies)

炉壁にストーブツール掛け

さて、先日、工務店さんが
床下点検口を開けに来てくれました。

床下にもぐって、何だかんだといろいろ DIY するためです。

その辺はまた今度書くとして、
ここぞとばかりに、いろいろお願いしました。

こちらがその第一弾。
炉壁に、トングなどを掛けるための、アイアンのクギを入れてもらいます。

DSC05072.jpg

高さや間隔を検討しているところ。

ハイ、スタイルハウスのN山さん任せです

DSC05080.jpg

いざ、穴を開けます。

振動ドリルを持ってきてもらう予定だったんだけど、
ちょっと持って来れなかったみたいなので、
普通のインパクトドライバーで穴を開けてます。

モルタル部分より、ベルギーレンガ部分の方がやわらかいらしい。
意外なほどさくっと入っていく。

DSC05083.jpg

今年の初めに雑貨屋さんで買っておいた、
アンティーク調のアイアンネイル。

我慢できなくて、大工さんに穴を開けてもらってるそばから
挿してました。

DSC05117.jpg

この後、中に SU という接着剤を流し込んで完成!

DSC05111a.jpg

良い感じです

あとは、外気導入の検討と、薪棚の作成と、、、
今年は何とか、ギリギリで薪は足りそうです。。

on Web内覧会 (5 replies)

キッチンについて

ようやくキッチンのご紹介です。

少しずついきます。

DSC04794.jpg

IH 周りはこんな感じ。

奥のアーチをくぐった先は、3畳のパントリー。
大容量の壁面収納と、ミシンなどのための作業台があります。

DSC04769.jpg
DSC04819.jpg

こちらは、最近取り付けた調味料ラック。
とある雑貨屋さんで、どこに付けるかも決まらないまま衝動買いしたもの。

キッチンの最初に紹介するほど、気に入ってます

DSC00971a.jpg

キッチンの換気扇はアルコローレ。
カラーはフローラルホワイト (HIN-22 FW) です。
(こちらは、施工当時の写真)

ネットで検索しても社名も分からない、謎のキッチンフード。
ちなみに、購入した後でもよく分かってない…
だって、説明書にも載ってないんだもの。

ただ、本体の内部には、「光栄工業」 という
おそらくは製造元である社名が載ってました。
そこのホームページにアルコローレは載ってないんだけど、
吉川化成からデザインレンジフード事業の商権引継いだとか何とか。。

ところで、似たタイプにヤマゼンの 「クックフードル」 があるんだけど、
我が家は検討の末、アルコローレにすることにしました。

DSC04798_20140216121317bd3.jpg

検討したポイントだけど、まずクックフードルは、
円筒部分(チムニーカバー)に縦のスリットが開いてます。

アルコローレでは、チムニーカバーにスリットは開いていない。
全面真っ白がよかったので、スリットは無い方が好みでした。
何だかホコリがスリット部分にたまりそうな気もしたし。。

DSC04922.jpg

あと、クックフードルは、フィルターの左右が黒になってます。
フィルターの先には、おたまを掛けれるようなメタリックなプレートが付いている。

出来るだけ白で統一したかったから、ここはウチにとってはちょっと残念な感じ。
アルコローレは、もちろんというか何というか、全面ホワイトです。

DSC04915.jpg

こういう見た目のデザインがかわいいものって、
機能面ではいまいちだったりしないかな、というのが心配だったのだけど、
今のところ機能面でもかなり気に入っています。

まず、無駄な機能がなくてシンプルである点。
機能は、「換気(三段階)」 「照明(25Wx2)」 「三分タイマー」 の3つだけ。
シンプルにして必要十分!

DSC03765.jpg

フィルターを取り外したところ。
最近はどれもそうなんだろうけど、本当に洗いやすい。

フィルターに付いた油汚れは、ティッシュでゴシゴシすると
ホコリみたいに固まって簡単に取れます。
メラミンスポンジを使うまでもない感じ。

その後、食器用洗剤とか石けんで洗えば完成。
とても簡単です。

DSC04916.jpg

あと、このカサになっている部分の、ホコリの目立ちにくさと掃除のしやすさ。

アパートで使っていた換気扇は、ボディが黒だから本当にホコリが目立ったし、
表面がツルツルの光沢だったから、中途半端な拭き取りだと逆に汚く見えて、
掃除をするのがかなり面倒でした。

対してこのアルコローレは、ホコリが積もってもほとんど目立ちません。
間近で見上げたときに気付くぐらいで、遠目で見る分には全く分からない。

あと、この部分の表面はマットな仕上がりになっているので、
サーッと拭くだけで簡単にホコリ掃除ができます。

、、、ということで、案の定、
これだけ書いても全然キッチンの紹介が進まない。。

on 家づくり その後 (2 replies)

今度は大雪が降りました

DSC04692.jpg

またしても雪が降りました
記録的な大雪らしい。

DSC04684.jpg

雪の中、この道を原付で帰って来ましたよ。。

もちろん最徐行です。。

DSC04675.jpg

やっと撮れた、雪化粧の BOBI!

DSC04670a.jpg

ソチの合間に、寒い中がんばって長時間露光でいっぱい撮ったのに、
最初の一枚以外は、ほとんどこんな感じでピンボケ。。

後ろの風景に焦点が合ってるのがくやしい。。

DSC04691.jpg

DSC04664.jpg

夜中に、ドンッ…ドンッ…って音が聞こえるから、
いったい何だろうと思ってたら、屋根に積もった雪が、地面に落ちる音でした。

  * * *

DSC04709.jpg
DSC04713.jpg

一夜明けて、、、
BOBI の上の雪は溶けてました。

DSC04717.jpg

DSC04735.jpg

平屋部分に積もった雪は、ほとんど全部
ウッドデッキの上に落ちたみたい。

DSC04723.jpg

何だかんだで未だに屋根を付けれていないログラック。。

薪はウッドデッキや玄関やストーブの横で乾かしてから使うので、
雨に濡れるのはあまり気にならなくなってきました。

関西に住んでると、やっぱり雪は嬉しい