on 家づくり その後 (2 replies)

床下にもぐって来ました

先日工務店さんに床下点検口を設置してもらってから、
しばらく床下でゴソゴソしてました。

目的は、断熱と気密の向上。
まあ、今のままでも十分暖かいんだけど、多少の労力で
さらに快適になるなら、ちょっとがんばってみようかと。

DSC05153.jpg

床下の温度は5.3℃。
(外気温は 0.5℃ くらい)

長期戦になりそうなので、iPad で音楽をかけます。

DSC05163.jpg

まず目に付いたのがこちら。
トイレの真下です。

灰色の方は、トイレの排水用のパイプで、
青い方は、トイレを流す水が通るサヤ管。

DSC05165a.jpg

断熱材 (スタイロフォーム 90ミリ) をくり抜いて
配管が通されてるんだけど、そこが処理されていない。

床の 「上」 からはある程度処理されてるんだろうけど、
それでもこの状態だと、断熱欠損&隙間風の原因になってしまう。

IMG_0081_201403011816104a3.jpg

これは実は、想像していた通り。

床上でいろんな場所の温度を観測してるんだけど、どうも
トイレの本体と床の接続部分が、周囲の温度よりも 5~8℃ くらい低い。
手を当てると、ほんとに若干だけど、空気の流入がある気がする。

トイレ本体は陶器なので、触れたときに冷たく感じるのは当たり前だけど、
それでも室温に置かれている陶器が、周囲より 5~8℃ も低くなる訳がない。

これは、この隙間の辺りがきっとヒートブリッジになっていて、
トイレの温度をどんどん奪っているんじゃないかと考えてました。

DSC05175a.jpg

ということで、まずはこの断熱欠損を直すために、
工務店さんからもらったグラスウール (GW) を隙間に詰め込みます。

その後 (写真は無いけど)、隙間風が出来ないように
気密テープで隙間をビッシリ塞いで出来上がり。

この効果はかなり顕著に現れて、トイレのこの部分の温度は
ほとんど室温と変わらなくなりました!

Ⅳ地域だから、1月くらいだと大して気にならなかったんだけど、
2月で最低気温が 0℃前後になってくると、
何でこの部屋だけ、こんなにすぐに冷える?と感じるようになる。

特にトイレみたいな狭いスペースの場合、こういう
ちょっとした断熱欠損が結構な体感の差になってくると思う。

他にも、洗面室とかキッチンとかで同じような断熱・気密欠損があったので、
床下を這いずりまわって補修してきました。。

DSC05179a.jpg

こんなのも試してみました。

青いのが水用のさや管で、ピンク色がお湯用のさや管。
お湯の方をぎゅっと握ると、ほんのり暖かい。

暖かいと感じるということは、熱を放出してるわけで、
追加で断熱する余地があるということだろうと判断。

ということで、コーナンプロで買ってきたサヤ管用の断熱材を
巻きつけてみました。2メートル前後で 300円くらい。
(写真はまだ一部だけだけど、ほぼ全体に施工)

結果は、効果があるような無いような。。
まず、お湯が冷めるスピードは、明らかに遅くなりました。

例えば、キッチンで一度お湯を出して、その1時間後にまたお湯を出したとき。
今までは、配管内にたまっていたお湯はほとんど水に近いぐらいまで
冷めちゃってたんだけど、それがぬるいお湯になった。

とはいえ、2時間も経てばやっぱりもう冷たいから、
あんまりこの恩恵を実感することは無い感じ。

さや管を基礎に固定しているサドル部分は追加断熱してないので、
ここをバールで取り外して断熱すれば、もうちょっと変わるのかも。。
また気力があるときにでも実験しようかなあ。。

他にもいろいろ試してるので、
また効果が確認できたらアップします。

on 家づくり その後 (no comments)

換気扇からの冷気

興味の無い人には、どうでも良い話です。。

我が家では、コストとメンテナンス性から、
第三種換気を採用しています。

DSC05288.jpg

で、この24時間換気の換気扇、付けてる間は良いんだけど、
消すと、ここからフワーッと冷気が降りてきてしまいます。

最近、家の気密を高めようと思っていろいろしてるんだけど、
そうやって気密性が上がってくるほど、これが顕著になりました。
(薪ストーブもあるために、かなり屋内が負圧になっている)

DSC05280.jpg

24時間フル稼働で排気しないといけない程
室内の空気が汚れていくとは到底思えないので、
「控えめに」 換気してるんだけど、外の冷気が降りてくるのは困る。

で、何とかならないものかということで、試してみたのがこちら。

いきなりだけど、カバーを外して、裏にペーパータオルを貼り付けてみました。
このペーパータオルが、ちょうど栓になることを期待してます。

で、結果としては、これはダメでした。
ペーパータオルが奥で引っ掛かって、換気扇を OFF にしても戻って来ない。。

DSC05283.jpg

真ん中のバーが邪魔なので、取りあえず外して作戦を練ります。

まず、この真ん中の辺りは複雑なので、養生テープで完全に塞ぐことに。
ついでに、日頃から排気量が多いと感じていたので、半分は完全に塞ぐことに。

ということでこれでトライするも、失敗。。
どうも外周側に開口部を持ってくると、枠に当たって上手くいかないみたい。
通気の穴が少な過ぎるのか、ピュー…という笛みたいな音が鳴るし。。

DSC05291.jpg

その後いろいろ試して、最終的にうまく言ったのがこちら。

羽?を4つにして、内側に開くようにしました。
ただあまり内側に持って来ると、換気扇を OFF にしたときに
ペーパータオルが落ちてきてくれないので、真ん中は養生テープで塞いでます。

あと、ちょっとでも戻りやすくなるように、羽の先にテープで重りを付けました。

DSC05289.jpg

こちらが実際に設置してみたところ。

今は換気扇は ON です。
羽がちゃんと上にあがってます。

DSC05287.jpg

で、こちらが換気扇を OFF にしたところ。

羽がさがって、冷たい風をシャットアウトしてくれてます

DSC05293.jpg

放射温度計で、換気扇の温度を確認。

今までは換気扇を OFF にすると、みるみるうちに温度が下がって
あっという間に 10℃とかになってたんだけど、
あきらかに温度が下がるスピードが遅くなってます。

まあ、向こうが透けて見えるような薄い紙なので、
いずれは冷えては来るんだけど、冷え方が緩やかなので、
室温マイナス 2℃くらいで落ち着いてるようです。

とにかく今までのように、10℃とかの冷たい空気が
そよそよと降りてくることは無くなりました。

逆流防止弁のついた換気扇を買って付け替えようかなあと
考えていたんだけど、ひとまずはこれで様子を見ることにします。

on 家づくり その後 (no comments)

真鍮の表札を付けました

真鍮の表札」 の続きです。

DSC04610.jpg

ちょっと前のことなんですが、
ついに、ようやく、表札を付けました!

DSC04606.jpg
DSC04601.jpg

シャビーな塗装を施した木の板に、
真鍮を黒塗装したレターを貼り付けてます。

ちなみに、手前のポストは BOBI USA というもの。
門灯は、ゴーリキ・アイランドの 「BH1000 NV CL」 というマリンライトです。
 「ポストと外水栓が付きました

DSC04598.jpg

前回、養生テープで試しに貼ってみたときに、黒塗装部分が
剥がれてしまったので、改めて黒のスプレーで塗装し直します。

DSC04599.jpg

アスペンのつや消しラッカースプレー。
ど素人の私でも、上のように全くムラなく塗装できました。

数多のスプレーを試して比較したわけじゃないけど、
とても良い感じのスプレーです。

DSC04600.jpg

上の真鍮製のレターと、ベースの木の板は、
このクリアラッカーでこれでもかというくらいコーティングしました。

クリアなだけあって、塗ったあともクリアで透明だから、
正直こっちは使用感はよく分からない。。
とりあえず、泡が付いたり液ダレしたり、、ということは無かったです。

DSC04637a.jpg

貼り付けるのに使ったのはこちら。
ボンドの、「SU (エスユー)」 という接着剤。

「真鍮+木の板」 と 「木の板+漆喰」 の
両方ともこの接着剤で貼り付けました。

これは本当に良い。
何にでも使えるし、すぐにくっつくし、ゴムみたいな感じだから液ダレは皆無だし、
はみ出した部分はペリペリッて簡単に剥がせるし。

表札に使った木の板は、そんなに軽いものじゃなかったんだけど、
ズレ落ちてくるって感じは全くない。

「ウルトラ多用途・超強力接着剤」 という肩書きはダテじゃないです。
さらに用途が増えたり強力になったら、いったいどんな文句になるんだろうという疑問はありますが。。

DSC04611.jpg

木が腐っちゃったり、錆びが出ちゃったりしたら、
ひっぺがせば良いという安心感?もあります。
裏は漆喰だから、サンドペーパーで削ればほぼ元通りになるし。

取りあえずはこれで様子見です。
(特に何も処理しなかったから、木が反り返らないかが心配。。)

on 家づくり その後 (2 replies)

子どもリビングのロフト計画

あくまでまだ検討中なんだけど、、

DSC05097.jpg

こちらは、2階の子どもリビング。
ここに、ドアと窓を付けて、ロフト+小屋裏収納を作るかもしれません。

DSC05097a.jpg

こんな感じ

前の記事と同様、工務店さんに来てもらったついでに
前々からちょくちょくお話していた本件について相談して、
そのときに出来上がったイメージです。

どんなドアにするか、どんな室内窓にするか、内装はどうするか、
まだまだ検討しないといけないことだらけだけど、
とりあえずこれで大まかな方針は決まりました

3月末までは消費税うんぬんで忙しいので、
春から夏に掛けて作業してもらうことになりそうです。

費用は、大工さん二人分の工賃+部材、という感じ。
(あと電気屋さんか、、照明とかコンセントが必要になるので)

DSC05067.jpg

ちなみに、こちらは、本日の社長さんの工賃、

ザ・お弁当

・・・あ、コーヒーも付いてますね。
あと緑茶もお出ししました。。

朝の 9:30 に来てもらって、点検口を開けてもらっただけじゃなく、
一緒にコーナンPROに行ったり、炉壁に穴を開けたり、
コーキングガンを使った目地の補修方法を教えてもらったり、、

ほんとに助かってます。。

on 薪ストーブについて (6 replies)

炉壁にストーブツール掛け

さて、先日、工務店さんが
床下点検口を開けに来てくれました。

床下にもぐって、何だかんだといろいろ DIY するためです。

その辺はまた今度書くとして、
ここぞとばかりに、いろいろお願いしました。

こちらがその第一弾。
炉壁に、トングなどを掛けるための、アイアンのクギを入れてもらいます。

DSC05072.jpg

高さや間隔を検討しているところ。

ハイ、スタイルハウスのN山さん任せです

DSC05080.jpg

いざ、穴を開けます。

振動ドリルを持ってきてもらう予定だったんだけど、
ちょっと持って来れなかったみたいなので、
普通のインパクトドライバーで穴を開けてます。

モルタル部分より、ベルギーレンガ部分の方がやわらかいらしい。
意外なほどさくっと入っていく。

DSC05083.jpg

今年の初めに雑貨屋さんで買っておいた、
アンティーク調のアイアンネイル。

我慢できなくて、大工さんに穴を開けてもらってるそばから
挿してました。

DSC05117.jpg

この後、中に SU という接着剤を流し込んで完成!

DSC05111a.jpg

良い感じです

あとは、外気導入の検討と、薪棚の作成と、、、
今年は何とか、ギリギリで薪は足りそうです。。