on 家づくり その後 (2 replies)

アイアンハンガーの下地の補修

洗面室のアイアンハンガー。

重い冬服を掛け過ぎたせいか、
壁から抜けかけてます。。

DSC04320a.jpg

こんな感じ。
服を結構掛けていたせいか、上側のネジが壁から抜けてきてます。

工務店さんに電話したら、「直しに行きますよー」 とのことだったのだけど、
何だかとても忙しそうだし、これぐらい自分でやろうかな、ということで、やってみました。

DSC04321.jpg

使ったのはこちら、「どこでも下地 完璧ネジロック」。

硬化液で石膏ボードを硬くして、そこにアンカーを打ち込むらしい。
だから、下地が無くても、ネジ一個で35kg まで耐えられるとのこと。

8箇所用で大体 1500円くらい。
Amazon で頼んだら翌日に来ました。

DSC04350c.jpg

アイアンハンガーを外したら、石膏ボード用のアンカーが付いてあったので、
まずはそれを外します。

で、説明書の通りに7~8ミリの穴を開けようと思ったのだけど、
試しに7ミリのドリルビットを挿し込んだらピッタリ入ったので、
このままで次に進むことに。

このとき気付いたのだけど、何だか下地のベニヤが入ってない気が。。
入れ忘れてはないと思うので、高さが違うかったのかな、、

DSC04344.jpg

付属の綿棒で、硬化液を石膏ボードの断面に染み込ませたところ。
ちょっとはみ出てるけど、、まあ良いでしょう。。

ちなみに、綿棒はすぐにダメになります。
予備を用意しておいた方が良いと思う。
ネジ一箇所に綿棒1本あると安心かな?という感じ。

DSC04443_20140209155654b3d.jpg

硬化液を塗ったら、10分程度以内にアンカーをねじ込みます。

これで一通り完成。
あとは約一時間半、石膏ボードが硬化するのを待ちます。

DSC04448.jpg
DSC04457a.jpg

付属のネジでアイアンハンガーを固定します。

DSC04476a.jpg

完成!!

ネジ1箇所あたり 35kg の強度があるらしいので、
このハンガー掛け全体で、140kg の重さに耐えられることになるはず。

DSC04533.jpg
DSC04538.jpg

まだまだ 「準備運動」 みたいな量だけど、今までと違ってビクともしない!
冬物を20着くらい掛けても余裕そうな感じ。

今後、補強の入ってないところに何か重いものを付けたくなっても、
これだと後付けで結構何とでもリカバリーできそうです。

on Web内覧会 (no comments)

洗面室と洗濯物の動線

洗面室について2」 でご紹介した洗面室。

この反対側と、あと洗濯物の動線について書いてみます。

madori_20140209205034f34.png

こちらは、スタイルハウスさんとの打ち合わせのために作った、
洗面室の反対側のイメージ。
(2と書いてあるのは、2口コンセントの指定)

DSC04478.jpg

こちらが、さっきのイメージから出来上がった洗面室です。
(狭くて引きの写真が撮れない…)

最初はウォークインクローゼット (WICL) を一階に作りたかったのだけど、
それだとリビングとダイニングがあまりに狭くなってしまうので、中止。

でも、洗濯が終わった洋服などを仕舞える場所は一階に欲しい。
わざわざ二階にまで持って行きたくない、というのがありました。

そこでいろいろと検討した結果、

・靴下や下着などは脱衣室に収納
・良く使う洋服は洗面室のチェストに収納

という方針で行くことに。

小さい子どもの服も洗面室です。
自分で管理できる年齢になったら、子どもの部屋でそれぞれ管理してもらう。
WICL は、「普段はあまり着ないもの」 を収納することにしました。

madori_3.png

間取りはこんな感じ。

収納力のあるキャビネットを置くために、
洗面室の収納側は、70センチの奥行きを取ってます。

DSC04502.jpg

洗面室の奥はトイレです。

ハンガー掛けは、ドロッグリで買った 「アイアンワークドレスバーハンガーsh175
(オリジナル商品ではないみたいなので、他のショップにも売ってますが…)

棚受けとキャビネットは、どちらも IKEA のものです。

DSC04483.jpg

反対側にはステンドグラス。

DSC04493.jpg

IKEA のキャビネットの上は、
マキタ掃除機の充電器の定位置になってます。

普段は他にも、おもちゃの箱とか、保育園で持っていくものとかが
積んであって、あまり綺麗では無いんだけど、、

DSC04481.jpg

ハンガー掛けの下にはちょっとしたスペースがあるので、
こんな感じでカゴを置いてます。
普段はカバンなどもこの辺に…

間取り的に奥行きが結構あるおかげで、
ここにカゴとかカバンを置いても、隠れちゃうというか、
あまり散らかってるとかゴミゴミしてる印象は受けません。

DSC04505.jpg
DSC04497.jpg

当初の目論見通り、洗濯~着替えは、
全部一階で済んでます。

ときどき、あまり着ない服を WICL に持っていって、
代わりのものを洗面室に持ってくるぐらい。

脱衣室に、靴下とか下着とかTシャツとか
そういうインナー系を収納するのも当たりで、、、

DSC00345a.jpg

脱衣室のここから、タオルと下着を取って、、

DSC00156a.jpg

ここに置いてから、お風呂に入ります。

パジャマとかシャツも脱衣室に置いているので、
手ぶらで脱衣室に行っても、ちゃんと服を着てから出て来れる。
その後、洗面室で保湿クリームを塗ったり、上着を着たりという感じ。

この辺りの動線は、今のところは想定していた以上にうまく行っています。

と、最後の方は少しずれちゃったけど、
こんな感じでした。

on Web内覧会 (11 replies)

スタイルハウスさんで家を建てた感想

このブログで事あるごとに名前を出してますが、、

我が家は、スタイルハウスさん(以下SH)という
京都の工務店さんに家を建ててもらいました。

StyleHouse.png

http://www.plusstylehouse.com/

家を建てて約半年が経ったので、良いこと悪いこと含め、
「我が家から見た」 スタイルハウスさんの印象を書いてみます。

結構な長文です。
写真も使い回しなので、興味のある方だけ読んで下さい。。

(※ 最後にちょっと追記しました)

on Web内覧会 (4 replies)

室内ドアのチャイルドロック

「付けておいて本当に良かった!」 と思うものに、
室内ドアのチャイルドロックがあります。

DSC04517.jpg

これがその、室内ドアのチャイルドロック。
こだわったポイントは、このロック、反対側も同じ形状なんです。

上の写真が玄関側で、、

DSC04514.jpg

こっちが室内(ダイニング)側。

自力で探したときは、どうしても片面がカギを挿すタイプになっていて、
こういう両面サムターンタイプは見つけれませんでした。

でも、チャイルドロックのために、室内にカギを掛けるなんて
面倒なことはしたくない(面倒なことは続かない)。

LIXIL などのドアには似たようなロックを特注で付けれることもあるんだけど、
我が家は木製のドアを使うと決めていたので、それも不可。

ということで、自力では無理、、と思い、
スタイルハウスのインテリアコーディネイターのHさんに相談すると、、

case_key.jpg

見つけてきてくれました!!!

スペースケース鎌錠」 というもの。
希望のとおり、両面サムターンです。

LIXIL だと、「チャイルドロックの取付位置変更対応はできません」 なんていう
制約が付いてくるんだけど、こちらは設置高さは自由自在です。

ドリルで穴を開けれる材質なら、どんなドアにも付けられる。
こちらが指定した位置に、大工さんがさくっと付けてくれました。

で、こちらがその効果です。

DSC04518.jpg

ドアをガチャガチャして、玄関に出て行こうとしています。
(前のアパートでは、こうやって何度も脱走されました)

DSC04521a.jpg

が、開きません。
チャイルドロックが掛かってます

DSC04523.jpg

どうやら、疲れてきた模様。

DSC04525a.jpg

あきらめました!!

、、、と、こんな感じで、
我が家では無くてはならないモノになってます

on 家づくり その後 (no comments)

雪が降りました

雪が降りました

DSC04264.jpg

雪が降ると、庭が二割増しでキレイに見えます。

ベンチがあるだけで、すごく風景が変わる気がする。

DSC04263.jpg

DSC04278.jpg

ただそれだけのエントリーでした