on 家づくり その後 (no comments)

庭にパーゴラ設置3

庭にパーゴラ設置1
庭にパーゴラ設置2

の続き。

DSC01222a.jpg

屋根が付きました

雨どいも付けてくれています。

DSC01102.jpg

最初は、こんな感じで透明の屋根だけだったんだけど、
ちょっと汚れが気になり過ぎる?
雨ならまだしも、黄砂の季節とかやばいかも??

という話になって、スタイルハウスさんがこの上からさらに、
乳白色のポリカーボネイト板を取り付けてくれました。

この下に、サンシェードとして
ロールスクリーンが付く予定です。

ちなみに、透明の方はアクリル板。
両方合わせた強度は相当なもので、普通にその上に乗っても大丈夫らしい。
(実際、大工さんが普通に乗ってた…)

DSC01243.jpg

道路から見たところ。

ウッドデッキだけだった頃よりも、
明らかにプライベート感は上がってる感じ。

DSC01293.jpg

床も出来てきました!!

東京水産の、
VENEZIA (ヴェネツィア)」 というタイル。

非常に良い感じです
玄関とかに使うとすごく良さそう。

DSC01296.jpg

転ばぬ先の杖ということで、アプローチのレンガでも
使ったサーファポア (撥水材) を塗布。 (残りもの)

アプローチのレンガについては、
ガラコみたいに水を弾いていたのは本当に最初だけで、
その後は効いてるのかどうか分からない感じでした。

でも、他の場所で野ざらしにされているレンガと比べると、
もう雲泥の差で汚れの付き方が違う。

パッと見では弾いてなくても、ちゃんと撥水してるっぽいと
いうことで、その後もタイルとかレンガとか目地とかには
サーファポアを使うようにしています。

DSC01298.jpg

乳白色のサラサラの液体。
塗るそばから乾いていくから、どこまで塗ったのかが
すぐ分からなくなっちゃう。。

このタイルは自然石なので、
タイル本体にも撥水効果がありそうです。

ここでBBQをする予定で、
油やら何やらがいっぱい飛び散るはずなので、
少しでも汚れが付きにくくなると良いなと

DSC01342.jpg

枕木の周りには、防草シート (ザバーン) の余りを敷いて、
その上に瓦チップ、さらにその上に、くるみの殻を敷き詰めました。

DSC01343.jpg

6月中に完成予定!と言いながら、
連日の雨で思うように進んでいなくて、
7月に入っちゃってます。。

今は電気工事待ち。

on 家づくり その後 (no comments)

マジックホースの破裂と修理

マジックホース」 の続き。

使い始めてから約1ヶ月半。
ついに? マジックホースが破断しました。。

DSC01347.jpg

工務店さんにパーゴラの設置をしてもらってるんだけど、
多分誰かが、普通のホースの感覚で、無理に引っ張っちゃったんでしょう。

中はゴムで出来ているので、引っ掛かったまま引っ張ると、
一箇所に負荷が掛かって、簡単にゴムが切れちゃうんだと思う。

最初は、穴が開いて水漏れする感じだったんだけど、
その後 1~2回だましだまし使ったら、完全に真っ二つになりました

ただ、ホース自体は、布チューブの中にゴムチューブが
入っているだけの、超簡単構造。

一度ジェットで Stop & Go を繰り返していたときに、
シャワーヘッドが吹っ飛んでびっくりしたことがあったんだけど、
この構造だと破れても簡単に直せそうだな、という感触がありました。

ということで、布地をハサミで切って、
ゴムチューブを露出させたのが上の写真。

DSC01349_20150701221045e40.jpg

こちらは、水栓への取り付け部分。
回せば簡単に外れるので、外します。

DSC01353.jpg

こんな感じ。

その後、もともと付いていたチューブを外して(途中で断裂してるので)、
シャワーヘッドに繋がっている方のチューブを取り付けます。

上の写真は、そうやって作業した直後なんだけど、、
もうシワみたいに薄い部分が見える。。

うーん、、見るからに脆そうですね。。

DSC01358.jpg

何はともあれ、ちょっと短くなったけど元通り!
全然問題なく使えます

手探りで作業を始めてから5分くらいしか掛かってない。
組み立てに迷いようのないほど簡単な構造です。

これは、あれですね。
破裂と修復を繰り返すとともに、ホースがどんどん短くなって、
最後に腕の長さぐらいのホースになって、その一生を終えるという。。

まあ、一回破れたぐらいなら、もっとも運が悪くても
ホースが半分になっちゃうだけなので、
そういう意味ではそこそこ長く使えるのかも。。

あと、マジックホースに、引っ張りは厳禁ということがよく分かりました [emoji:i-280]
普通に水を出しているときのゴムの膨張で、限界な感じがします。

ちなみに、3つに分かれているうち真ん中の1つは、布地だけです。
ゴムチューブが布チューブの奥に入って取りにくかったので、
面倒になって切っちゃいました。

on 家づくり その後 (no comments)

庭にパーゴラ設置2

庭にパーゴラ設置1」 の続き。

パーゴラには、二つ照明を付ける予定で、
先日その照明スイッチを購入しました。

DSC01057.jpg

こちらです。
RUSTY SWITCH BOX というもの。

照明がインダストリアルな感じなので、
スイッチもインダストリアルな感じのものを探しました。

が、一つ気付かなかった落とし穴があって、、、

DSC01061.jpg

裏面なんだけど、、ん??
スイッチじゃない…??

DSC01063.jpg

本製品の使用方法。

そう、既存の普通のスイッチの上に被せるだけの、
ただのカバーだったんです。。

購入サイトには、でかでかとしっかり書いてあったのに、
あろうことか完全にスルーしてました。。

でも、さすがに新設スイッチにこれは無いだろう、、
ということで、ちょっと考えました。

DSC01064.jpg

トグルスイッチ。(スナップスイッチ)

近くのホームセンターで、1個 380円。

本当はもうちょっとアンペア数の大きいものを買いたかったんだけど、
よく考えたら負荷は最大でも 100W の電球を1個だけだよなあと思い、
最大 3A でも十分だろうということで、これにしました。

DSC01074.jpg

取り付け前の写真。

こういうのって、径のサイズって規格とかで決まってるのかな?
ぴったり合うサイズでした。

DSC01076.jpg

2個とも取り替え完了!

パチンっ!パチンっ!と、非常に気持ちの良い音で
ON/OFF が切り替わります。

あとは、電気屋さんが、
これで問題ないよと言ってくれるかどうか。

軽く防水処理が必要だったりするかもなので、
もしかすると却下されちゃうかも。。

追記 (2015/9/18) :
 電気屋さんに聞いたところ、全然問題ないそうです。
 実際に外壁に取り付けてもらいました。

DSC01001.jpg

電気屋さんの OK が出ればだけど、

こんな感じで、旧ウッドデッキ前の外壁に
2個並べて付ける予定です

on 家づくり その後 (no comments)

庭にパーゴラ設置1

突然ですが、、

ウッドデッキの一部を解体して、
大きめのパーゴラを設置することにしました。

DSC01036.jpg

途中だけど、こんな感じ。

我が家の庭で、失敗したなあ~と思ってたことが一つあって、
それは、「ウッドデッキの位置が高すぎる」 こと。

庭の壁に比べて、ウッドデッキの背が高すぎるから、
ウッドデッキの上に椅子を置いて座ると、
道路から丸見えになっちゃうのです。。

DSC01969_20150620170623898.jpg

設置した当時はこんな感じ。

これはこれで良かったんだけど、実際に使ってみると、
プライベートな囲まれ感があまりないんですね。

道路を歩いている人と目が合っちゃうこともしばしば。
本当にゆったりとお茶をするのは難しかった。

どうするか。

道路の前の壁をもっと高くするとか、目隠しの植物を植えるとか、
いろいろ考えたんだけど、結局のところウッドデッキを低くしないと、
どのプランでもあまりプライベートな空間にはならなさそうだよね、、

ということになって、
まだ綺麗なのですごくもったいない感じはあるんだけど、
仕方ない!ということで、ウッドデッキの一部を取ることになりました。

IMG_1042.jpg

ということで、カット開始。。

IMG_1048.jpg

着々と解体されていきます。

悲しい。。
けど、だましだまし落ち着かずに使い続けるよりも、
思い切って壊しちゃう方が良いんでしょう。。

DSC01028.jpg

セメントを練って、土台のブロックを設置。

子どもが手伝おうとするんだけど、
邪魔以外の何ものでもありません。。

DSC01039.jpg

さっきの土台の上に柱を立てて、
こんな感じで屋根を作っていきます。

全部 2×4 かな?

計画としては、この上に透明のアクリル板を張って、
雨の日でも外でお茶ができるようにします。

あと、アクリル板の下にロールスクリーンを付けて、
屋根のシェードの代わりにするつもり。

これで直射日光を防げるので、
木陰の下みたいな感じのスペースになるはず…!!

6月中には、完成の予定です [emoji:i-221]

on 家づくり その後 (4 replies)

マジックホース

ホームシアターはちょっと置いておいて、、

同じくこの GW に、「マジックホース」 なるものを購入しました。

追記 : 2016/4/22
うーん、、結論としては、ものの数ヵ月しか持ちませんでした。
2セット買ったものの、ブチブチ途中で切れて、どんどん短くなって、
結局使い物にならなくなってしまった。。
今のレベルの耐久性では、ちょっと使えないという感想です。

DSC00819.jpg

それがこちら。

「3倍に伸びる!」 とか、
「からまない!!」 などと有名なやつです。

マジックホースとか、伸びるホースとか、
英語圏では Stretch hose と呼ばれてるみたい。

5m から 15m に伸びるタイプで、送料込みで 1,980円。

色が、ブルーとグリーン、それに限定色のブラウンの3色しか無いのが辛いところ。。
(US版の Stretch hose にはオレンジとか他にも色があるみたい)

ブラウンが色としてはマシなんだけど、少し高くなるみたいなので、
今回はお試しということで、ひとまず価格の手頃なグリーンにしました。

DSC00892.jpg

早速使ってみました。

こちらがまだ水を出す前の状態。
フニャフニャなので、こんな感じで木箱に押し込めます。

DSC00889.jpg

蛇口を捻って大体10秒後には、こんな感じに!
確かに 3倍くらいに伸びてる!

まだ耐久性は分からないけど、使い勝手はかなり良いです。

というのも、ほんとに絡まない。
伸びた状態でも、縮んだ状態でも、どちらでも本当に絡まないです

シャワーヘッドだけを持って、ぐーっと引っ張っていっても、
普通のホースのように捩れて水が止まっちゃうようなことは無い。

蛇口を閉めた状態でホースから水を出せば、
自然に(自力で)ホース内から水が出て、
もとのクシャクシャな状態まで縮まります。

シャワーヘッドも、普通にホームセンターで
売っているホースよりも、作りが良いと思う。

前にコーナンで 3000円くらいで買ったホースは、
シャワーヘッドからボタボタ水が落ちてくるし、
シャワーの水量が多すぎて勢いが無いしでダメダメだったんだけど、
こちらはそういうストレスは全然ないです

DSC00820.jpg

前から使っていたホースホルダーに置いてみたところ。

こう、くるくる回して収納しなくて良いんですよね。
あれが面倒だったので、これは本当に楽

DSC00895.jpg

ただ、ホースの色がちょっと浮いてる感じなので、
今はその辺にあった木箱の中に入れるようにしています。

ホースの水抜きをして縮めながら、
ぐしゃっと集めて、ぽいっと木箱に入れれば片付け完了。

これは本当に買ってよかったです

(一ヵ月後とかに断裂してなければだけど…)

追記 : 2015/6/6

DSC00925.jpg

ちょうどスタイルハウスの社長さんがお家に来られたときに、
ホースの収納をどうしようか考えている、とお話したら、

「そのまま無造作に出してるのが、案外良いんじゃないですか?」

ということで、その場でがさごそして、こんな感じになりました。

確かに悪くないです。
使い勝手もよくなったし!

ちなみにこの前、配管の洗浄のためにジェットモードばかり使っていたら、
負荷が掛かり過ぎたのか、シャワーヘッドが吹っ飛びました。。

ただ、構造は簡単なので、カチャッとはめ直して元通りに。
念のため、ヘッドのところのネジ?を、強めに締めておきました。

元栓を止めても、ホース内の水が無くなるまですごい勢いで
水が出続けるので、ホースが暴れるのを抑え続けるのが大変だった。。