on 上棟から引渡しまで (1 reply)

アンテナ設置 DIY #02

前回のアンテナ設置の続き。

まず最初に、BS/CS アンテナの方向の調整を行う。

このアンテナチェッカーの仕様として、BS/CS の受信レベルの確認のためには、
テレビやブースターなどから、同軸ケーブルを経由して電源を受け取らないといけない。

まあ何か理由があるんだろうけど、
UHF (地デジ) は単4電池で行けたので、面倒ではある。

DSC00179.jpg

ということで設置したブースター。
DXアンテナの 「GCU33L2」 という機種で、UHF と BS/CS の混合、及び増幅が出来る。

これでチェッカーへの電源供給を行い、アンテナの方向を調整することに。

DSC00184.jpg

アンテナを適当に左右に動かしていると、一瞬チェッカーの LED が真っ赤に。

LED が光るところまで少し戻り、チェッカーの感度を落として微調整。
こちらも地デジと同じく、本当にあっという間に調整ができてしまった。

ちなみに、上下方向は 「仰角」 で、左右方向は 「方位角」。
仰角は地域によって 41.5度などとはっきりと決まっているので、
地面に対してアンテナを垂直に設置できている限り、微調整は要らない。

今回調整したのは、方位角。

今回のチェッカはあくまで角度調整用の簡易チェッカーなので、
レベルが最大になる向きは分かっても、受信レベルの絶対値は分からない。

電気屋さんとかなら、ちゃんと絶対値を測定できる機器を持ってるんだけど、
そんなものを買う余裕はない。 (あったら自分で設置せず頼んでる)

ということで、実際にテレビに接続して、映るかを確認すると、、、

DSC00206.jpg

映った!!

しかし、ギリギリの感度で映っているのか余裕があるのかは、これだけでは分からない。
そのため、テレビに付いているレベル確認機能を使ってレベルを見てみる。

DSC00224.jpg

最大値 72 に対し、ピークが 68。
ブースト前でこの数値は悪くない
結構マージンがある。

BS/CS に切り替えてレベルを見てみるが、こちらも問題なし!

DSC00209.jpg

地デジの自動チャンネルスキャンの結果、想定していたチャンネルは全て検出できている模様。
一つ一つのチャンネルでレベルを確認するが、どれも問題ない。

、、、どうやら、上手く設置できたらしい

ただ、わざわざ重いテレビをここまで運んだのだから、念には念を入れて、
すべての経路を実際の入居後の経路と同じにして、確認することに。

DSC00273.jpg

同軸ケーブルが足りなくなってきたので、新たに作成。
こちらは、ブースターに付属していた、S-5CFB 用の F型接線。
作るのは慣れればとても簡単。

1階の室内にテレビを降ろし、負荷はないものの分配器を間に挟んで、
いざ、電源オン!

DSC00261.jpg

映った~!!

DSC00251.jpg

UHF/BS/CS すべて、アンテナレベルも問題なし!

あとは最後に、コーキングなどでサイドベースの
ネジ止め部分の防水処理を行い、すべて完了。

壁面取り付け用のサイドベースと 1.6m マスト、
地デジアンテナ、BS/CS アンテナ、ブースター、分配器、、

全て合わせても、ざっくり2万5千円くらい。
ちゃんと映ってくれて、本当によかった。。

on 上棟から引渡しまで (no comments)

漆喰の外壁などなど #01

上棟 63日目。

DSC00389_20130806074244506.jpg

外観はほぼ完成。
もうすぐ仮設足場が外れる予定。

DSC00394.jpg

漆喰のアーチ玄関!

DSC00392.jpg

この、質感と手触りがたまらない。。
面取りされているというか、角がすごくなめらかに仕上げてくれている。

DSC00454.jpg

エクセルシャノンの窓枠と合わせ、本当に真っ白の外観。

2013-0726=1642-00.jpg

漆喰は、石灰石という 「石」 が原料。
こうやって塗るためにいったんは柔らかくするのだけど、
その後再びゆっくりと、100年などの時間をかけて、石に戻っていく。 (再石灰化)

DSC00457.jpg

外壁によく使われる 「サイディング」 は、完成直後が一番キレイで、
そこからどんどん劣化が始まるのだけど、漆喰はある意味 100年かけて
完成されていくらしい。

DSC00344.jpg

こちらは、煙突のビフォー。

DSC00441.jpg

で、アフター。
屋根瓦と合わせて、アイボリー。

DSC00378.jpg

内装もどんどん出来上がってきてます

DSC00409.jpg

こちらは、パントリーから見たキッチン。

aaaa_201308060819056a5.jpg

洗面室へのアーチの入り口。

bbbb.jpg

こんな感じで石膏ボードを曲げて作っている。
「ここはアーチで!」 ってお願いするのは簡単だけど、作る方は大変です。。

壁紙が貼られたり、キッチンが出来たり、階段が付いたり…と
いろいろあるのだけど、ちょっと時間が足りないので、続きは次回。。

on 上棟から引渡しまで (no comments)

漆喰の外壁などなど #02

上棟 63日目。

、、、のちょっと前までの写真を。。

DSC00528.jpg

こちらは、玄関を入って右側の、ファミリー玄関。(の入り口)

アーチの奥にある 2×8 のガラスブロックのおかげで、
玄関を開けている時と同じくらい、玄関が明るい

DSC00316.jpg

こちらは、アーチ窓前のカウンターテーブル。
アーチ窓から太陽の光がいっぱいに入る。

机の天板は、IKEA の NUMERAR というオーク材のワークトップ。
厚さ 3.8cm とかなりの重厚感がある上、手触りがほんとに良い!

DSC00472.jpg

こちらは洗面室。
リビングから一続きになっている、「見せる洗面室」。
現場で使っている 200W? くらいのランプが、何だか意外にかっこいい。。

DSC00473.jpg

正面の壁には、散々悩んだ末に見つけた、Norwall Wallcoverings の壁紙。
ちょうど良い感じで、周りの漆喰の壁を締しめてくれそう。

DSC00478.jpg

こちらは、二階の子どもリビングの入り口。
将来に部屋を分割できるように、ドアは2つ設置。

実はこれ、ドアの開く向きが反対になっているのだけど、
見てみたら 「こっちの方が良いじゃん!」 ということになって、
大工さんにお願いしてこのままで進めてもらうことになった。

工期も押してるので、結果オーライで良かった

DSC00476.jpg

子どもリビングは、勾配天井のおかげで、かなり広く感じる。

この真ん中の大きな木には、ブランコモックをぶら下げたり、
プロジェクターを設置したりする予定。

DSC00474.jpg

同じく子どもリビングのニッチ。
ここにだけ、さっきの Norwall の壁紙を貼ってもらった

DSC00479.jpg

そして、ついに階段が!
これで、手を使わずに二階に上れる!!

階段ってほんとにすごい。 めっちゃくちゃ便利

気にしていた階段の踏み面は、23cm 以上は確保出来るらしい。
結構急な階段になるのかなあと心配していたので、一安心。

DSC00310.jpg

そして最後はキッチン。
IKEA の Faktum + Lidingo (リーディンゴ) で作った、オーダーキッチン。

ワークトップは真っ白の人工大理石。
、、なのだけど、養生されていてまだ見れない。。

DSC00413.jpg

キッチンの裏側についている、同じく IKEA のキャビネット。
扉を上に上げると、この位置でしっかりホールドされ、
ある程度まで扉を下げると、後は自動でゆーっくりと閉まる。

バタンッと勢いよく閉まることがなくて、かなり使い勝手が良さそう。

、、、こんな感じで、内装も着々と進んでます

DSC00439.jpg

あと、アンテナはちょっと強度が心配ということで、
破風から外壁に移してもらった。

破風にドリルで穴を開けたとき、木屑が出なかったので心配になって見てもらったら、
やっぱり木がある部分には止めれていなかったみたい。

今サイドベースが付いているところは、ちゃんと下地に木(柱)が入っているので、
強度は問題ない。

ただ、改めてテレビを持ち込んで付けてみると、、、映らない。。
いろいろ調べた結果、BS/CS アンテナの位置が前よりも良くなったために信号のレベルが上がり
それがさらにブースターで増幅された結果、クリッピングを起こしていたらしい。

ブースターのアッテネータで BS/CS のみ -10dB で減衰させたら、
UHF/BS/CS すべてちゃんと映るようになった。

これで安心して、足場を外してもらえる

on 上棟から引渡しまで (1 reply)

足場が外れた!

8月6日、上棟から 64 日目。。。

ついに!
足場が外れた!!

明るい間は仕事で行けなかったので、
夜、カーテンレールの寸法を測るついでに、いそいそと現場へ。

DSC00562.jpg

すごい…!

DSC00559.jpg

かっこいい…!!

on 上棟から引渡しまで (no comments)

外観とシーリングファン

上棟69日目。

今日は、お昼時の外観を。

DSC00611.jpg

ハの字型のアーチ玄関

DSC00607.jpg

エクセルシャノンのアーチ窓とシングルハングに、
2×2 のガラスブロックを2つ。

DSC00604.jpg

全体像はこんな感じ。

DSC00598.jpg

キッチンと、その奥のパントリー。

DSC00596.jpg

引きの写真。

アーチの曲線部分は、弓型と丸型の2種類から選べたのだけど、
我が家はすべて丸型で統一。

DSC00594.jpg

こちらは2階の子どもリビング。
天井に開いている正方形の穴は、2階を貫通する煙突用

DSC00591.jpg

主寝室。
石膏ボードを貼り終わったら、断熱材が見えていたときよりも
何だか広く見える。

DSC00589.jpg

WICL こと、ウォークイン・クローゼット。
厚さ 3mm のパイン材を使用。

WICL 03

こちらは、WICL を上から見たところ。

ちょっと分かりにくいんだけど、
横幅 1.32 メートル、高さ 2.4 メートル、奥行き 45センチ、の棚が3つと、
横幅 2.13 メートルのハンガー掛けが1箇所ある。

WICL 02

こちらが南側(入り口側)。
棚の保持にダボレールを使うことで、好きな高さに棚板を設置できるようにした。
また、3つの棚の横幅はすべて同じサイズなので、6枚ある棚板は好きな棚に移動可能。

WICL 01

こちらは北側。ハンガー掛けは、
丈の短いもの用に、パイプを上下に設置したところと、
丈の長いもの用に、パイプを一段にしたところを、作ってもらうようにしている。

、、、このプランが出来るまで、何度も何度もプランを練り直した。
WICL だけじゃなく、いろんなことに対して、こういうことを
考えないといけないので、こだわる人には、注文住宅は本っ当に大変。。

まあ、「じゃあこれで、、」 「やっぱりこれで、、」 と、何度も
修正させられるスタイルハウスさんの方が大変なんだろうけど。。

2013-0804=1551-37.jpg

さて、最後にこちらは、シーリングファンを
どんなのにするかを検討していたところ。

2013-0804=1550-51.jpg

まずは1階の勾配天井リビング。
石膏ボードをいろんな長さにカットして試してみた結果、

・直径 (φ) 約 900mm のシーリングファンを、
・天井から 515mm に設置 (延長パイプ 300mm 使用)

がベストっぽい。

2013-0804=1534-04.jpg

こちらは、2階の子どもリビング用のシーリングファン。

天井が高いので、延長パイプは 600mm が良いかな? と思っていたけど、
実際に φ 1100mm の石膏ボードをぶら下げて見たところ、

延長 600mm (トータル 815mm) は意外にも低過ぎる感じで、
こちらも1階と同じく 515mm がベストなことが分かった。

2013-0804=1533-10.jpg

面倒だったけど、試してみて良かった