on 上棟から引渡しまで (no comments)

Piedra 玄関タイル

さっきと同じく、上棟69日目。

DSC00612.jpg

我が家を後ろから見たところ。
緑の草と漆喰がよく似合う

DSC00620.jpg

DSC00622.jpg

こちらが、ちょっと前に付いた玄関タイル。

平田タイルの、ピエドラ (Piedra) というもの。

サンプルを見る限り、同じ品番でもかなり色ムラがあったので、
ここも屋根瓦と同じく、一番アイボリーっぽい P1003 一色で統一することにした。

DSC00623.jpg

まだ目地の施工がされてないから、ちょっと暗く、汚れたように見えるけど、
アイボリー(オフホワイト?)の目地が施工されたら、もっと輝いて見えるはず

DSC00635.jpg

洗面室の中から見た、アンティーク・ステンドグラス。

DSC00631.jpg

シングルハングが4つ付いた、子どもリビング。

on 上棟から引渡しまで (no comments)

上棟78日目 #01

上棟78日目。

DSC00671.jpg

この一週間ちょっとで撮りためた写真が、300枚以上。。
家づくりもラストスパートで、めちゃくちゃ忙しい日々です。

目に見える進捗がいっぱいあるのだけど、
まずは 8/13 ぐらいから撮りためた、家の外観から。

DSC00708_20130820200021139.jpg

こちらは、家の南面。

DSC00661.jpg

DSC00660.jpg

DSC00669.jpg

DSC00675.jpg

こちらは、家の西側。

西日は入って欲しくないので、
正面の南側に比べてぐっと窓の数を少なくしている。

DSC00676.jpg

DSC00682.jpg

で、こちらが家の裏にあたる北側。

このちょっとした凹みが、何だか良い感じ。
将来、物置きを置こうかと思っていたけど、もったいない気もする。

DSC00687.jpg

DSC00731.jpg

話は変わって、こちらは窓枠の木をヤスリ掛けしているところ。

DSC00728.jpg

こちらがビフォー。

まずは #180、次に #240 でサンドペーパーを掛けていく。

DSC00740.jpg

こちらがアフター!

うーん、、分かりにくい。。
でも、手で触ると全然ちがいます

これで、手触りが良くなるだけじゃなく、オスモカラーなどの塗料を
塗ったときの色ムラが、かなり低減されるはず! (ここはクリアの予定だけど)

1箇所だけなら、ただ楽しいだけなんだけど、
家の全ての窓枠をサンドペーパー処理するのは、かなり大変。

しかも明るい間は仕事があるから、夜な夜な家に潜り込み、
エアコンもなく暑い中、蚊と格闘しながらの作業。。

目に見えない苦労があるわけです。

DSC00758.jpg

こちらは、巾木の施工の様子。

確かパナソニックの巾木で、色はエクセルピュアホワイト。
厚みは、一番薄いものを選んだはず。

「巾木って…何??」 という議論をしていたのが、遠い昔のよう。。

つづく。

on 上棟から引渡しまで (no comments)

上棟78日目 #02

さて。

上棟78日目までに撮りためた写真の続きを。。

DSC00977.jpg

こちらは、1階のリビングとキッチンの様子。
撮った日が(多分)違うので、微妙に施工状況が違うけど、大体今もこんな感じ。

DSC00783.jpg

こちらは、キッチンからの眺め。
構造上必要だった3本の柱をはさんで、
左側がリビング、右側がダイニングとなる予定。

DSC00664.jpg

天井には、白の漆喰

DSC00976.jpg

ローラーを使った作業だからか、この天井の漆喰塗りは、
左官屋さんではなく大工さんが対応されていた。

DSC00768.jpg

こちらが、その漆喰。

DSC00764.jpg

先行配線のときにお世話になったドリルが、漆喰をこねる作業にも活躍。
なかなかの万能ぶり

DSC00816.jpg

こちらは、玄関タイルの目地を施工されているところ。

こんな感じで、ざーっと目地を埋めて、、、

DSC00879.jpg

綺麗に拭き取って完成!
(もちろん、実際の作業はこんな簡単なものじゃないんだけど…)

DSC00878.jpg

スタイルハウスさん曰く、
ベージュ色の目地を使っているところはほとんど無いらしい。

前々から何度も 「ベージュ色の目地は良いですよ~」 と
お話されていただけあって、ものすごく良い感じ。

目地を入れる前と後とでは、もう全然見た目の美しさが違う

DSC00824.jpg

さて次は、興味の無い人にはどうでも良いであろう、
先行配線のプレートのお話。

まずこちらは、スライドボックスに合わせて石工ボードを切り取ったところ。
スライドボックスは、未来工業の SB22-2、
CD管は、同じく未来工業のミラフレキ MFCD-22。

DSC00827.jpg

このスライドボックスに、パナソニックの取り付け枠 (WTF3710K) と、
コスモシリーズ ワイド21 のチップを取り付けたところ。

6個付いている白いのがそのチップなのだけど、
いろいろあって選ぶのが何だか楽しい

DSC00829.jpg

で、その取り付け枠に、スクエアタイプの
フェイスプレート WTF8006W の土台部分をネジ留め。

DSC00833.jpg

最後に、上記のフェイスプレートのプレート部分を
手でカチッと留めれば完成!

想像以上に簡単。
というかアンテナと同じく、本当に良く考えられてる

さて、最後に、どうでも良い人には、本っ当にどうでも良いであろう、
先行配線と HDMI ケーブルの話を、延々と。。

φ22mm の CD 管には、HDMI ケーブルは通らない!
ということが分かって早一ヶ月。
調べに調べて、ようやく全く妥協の無い、ベストと思える解決策が見つかった。

それは、、

DSC00863.jpg

Mini HDMI!!
あるいは HDMI タイプC コネクター。

DSC00865.jpg

ほら、普通の HDMI 端子 (Type A) と比べて、こんなに小さい。
これだとちゃんと、φ22mm の CD 管に入る。

探していて最初に目に付いたのは、HDMI を LAN ケーブルに変換する商品。
しかしこれだと、伝送速度の問題で、LAN では伝送できないデータがあるらしい。

そのため、HDMI version 1.3a とか 1.4 とかの正式なバージョンに
ちゃんと準拠出来なくなって、Deep Color には対応してるけど
3D には対応してないとか、そういうことが起こる。

他にも、対応していない機種があったり、PC のサードモニタには使えない
とかの制限があって、ちょっと、高い割に微妙だなあ、、というところ。

後は、コネクタの角を削るとか。。
でも、削ったところで CD 管の R 部分を、無事通過できる気がしない。。

最後の手段は、プラグをケーブルから切断して CD 管を通した後、
別に買ったプラグをはんだ付けでくっ付けてしまうという案。

まあ、やってやれない事は無いんだろうけど、細い線を 19本も
はんだ付けかあ、、と考えた瞬間に面倒くさくて挫折しそうになる。

DSC00861.jpg

と、そんなこんな考えていた時に見つけたのが、HDMI mini ケーブル。
これだと、HDMI 1.4 準拠のケーブルをそのまま劣化せず使うことが出来る。

しかも値段が、10メートルで何と 1,000円ちょっと!

Mini HDMI (Type C) ⇒ HDMI (Type A) の変換コネクタが 300円ちょいなので、
両方合わせても送料入れても 2,000円もしない

DSC00870.jpg

実際に CD 管を通してみたところ。
スイスイ入ります

ちなみに、左に見えるケーブルが S-5CFB の同軸ケーブル (TV のケーブル) なので、
それよりちょっと細いくらい。 つまり、とても良い感じ

つづく。。

on 上棟から引渡しまで (no comments)

上棟78日目 #03

上棟78日目シリーズの最後。

これは正真正銘、上棟78日目の写真です。
ようやくブログが追いついた…

ついについに、、!
内壁の漆喰が塗られ始めました!!

DSC00957.jpg

DSC00979.jpg

DSC00942.jpg

DSC00982.jpg

まっしろ・・・

DSC00954.jpg

DSC00948.jpg

そしてキッチンには、アルコローレのレンジフードが!!

DSC00971.jpg

DSC00968.jpg

on 上棟から引渡しまで (no comments)

漆喰と無垢床と電気工事 #01

引渡しを明後日に控え、、
家づくりもラストスパートで、めちゃくちゃ忙しい日々です。

とはいえこのままだと、ブログをアップせずに引き渡しになりそうなので、
(前回に引き続き)これまでの進捗のダイジェストを。。

■8/22 (木)

2013-0822=0626-47.jpg

壁紙付きニッチ。
スタイルハウスさんの提案で、一番大きい部屋には、横長のニッチを設置。

2013-0822=0628-49.jpg

PC ルームの R 壁!!

2013-0822=0629-04.jpg

R のところの巾木の施工。
普通と違うことをすると、こんな感じでいろんなところが大変に。。

2013-0819=2325-34.jpg

これは、工事が押してるにも関わらず、
「階段の最初の二段だけ、ちょっと長く出来ないもんでしょうか…?」
というお願いを、スタイルハウスさんが聞いてくれたところ。

階段に貼ったメープルの床材を引き剥がして、
1段目と2段目それぞれ、5cm ずつ伸ばしてくれた。

工事が押していて工期がギリギリの中、
1円の追加料金も取らず、、

おかげ様で、「階段が急かも…」 と思いながら
この先何十年を過ごさなくてもよくなった。

、、、という、感激の一枚

■ 8/24 (土)

2013-0825=0912-40.jpg

2013-0825=0923-42.jpg

こちらは、休日返上で床のクリア塗装をしているところ。
使うのは、プラネットのハードクリアオイル。

死ぬほど大変だったのは、オイル塗装前の前準備。

まず、床の上に置かれている脚立やら棚板やらの、多くは重量物を退けて、
床一面に二重に敷かれている、大量の養生シートを剥がして一階に持って行き、
木の粉などのゴミを掃除機で吸い取って、、、

2013-0825=0923-48.jpg

床をキレイにウエスで拭き取り、
ウエスでは落ちないところはサンドペーパーで削り取って、
建具のケーシングなどの養生を行って、
ようやく…! クリア塗装の準備が整う。

実際、2階全体を対応したので、この作業だけで延べ1日は掛かったと思う。
「クリア塗装、やりますよ~」 と自分から志願したのを後悔するぐらい、
本っ当に、泣きそうになるぐらい大変だった

2013-0825=0924-47.jpg

二階で地獄を見ていた頃の、
一階の愉快な左官屋さん

2013-0825=0925-42.jpg

「すごい綺麗ですね~」
「でも大変ですよ。ほんま、逃げたいくらいですわ。」

こんな問答に何だかすごく励まされ、よし、残りの養生シートも
剥がしてやろう! と思ったことを思い出す。。

2013-0825=1024-55.jpg

2013-0825=1025-22.jpg

2013-0825=0944-39.jpg

2013-0825=0945-53.jpg

2013-0825=1752-45.jpg