on Web内覧会 (no comments)

ダイニングとリビングについて3

「ダイニングとリビング」 の続きで、
次はリビングです。

DSC00856.jpg

チビ2匹がゴロゴロしてますが。。

広さとしては6畳とそんなに広くないのだけど、
ダイニングと一続きなので、体感的には
もっと広く感じます。

DSC00886.jpg

天井にはシーリングファン。
無音&低消費電力なので、ほぼずーっと付けっぱなしで
空気の循環をさせている。

DSC00900.jpg

テレビは壁掛け。
このために、補強のベニヤを入れてもらっている。

ちょうど、ソファに座ったときの目線の高さが
テレビの上から3分の1の位置に来るように、
テレビの高さを調整してます。
(床からテレビの上端まで 131センチ)

DSC00899.jpg

子どもがぶら下がったりしないかな、、と
ちょっと不安だったのだけど、、

こんな感じでモニターをぺちぺち叩くくらいで、
ぶら下がれるようなものじゃないです。

子どもの手なので液晶は汚れるけど、
拭けばすぐキレイになるので、問題なし

一人で集中して作業したので、写真が全然ないのだけど、、
壁掛けには、ACE-PLB-148S という、
エース・オブ・パーツという楽天のショップで買った金具を使ってます。

この金具を使ったときの、
壁からテレビまでの距離は、たったの 3.6センチ。

テレビの厚みが 5.3センチなので、
壁からテレビの前面までは、8.6センチになる。

、、のはずなのだけど、今測ってみたら、
テレビの前面まで 7.6センチだった。。
何でだろ? まあ、薄い分には全然良いんだけど。。

cd.jpg

これは、このテレビへ向かうCD管 (φ22) を施工しているところ。

このテレビには、この壁内のCD管を通って、
HDMI (v1.4) と LAN (Cat5e) と同軸ケーブル (5CFB) の
3本が接続されていて、それぞれ、
パソコン、ルーター、ブースターに繋がってます。

やっぱり壁内へのCD管埋設は、
「後から何とでも出来る」 という
柔軟性、安心感が大きいと思う。

今後、HDMI や同軸に変わるどんな規格が主流になっても大丈夫。
もちろん、これから様々なものが無線になるだろうけど、
データ転送量の大きいものは、これからも有線が使われると思う。

何より、CD管で先行配線したからと言って、
無線が使えなくなる訳じゃないし
使える手は、多い方が良いでしょう。

まあ、この辺の話はちょっと長くなるので、また後ほど。。

on Web内覧会 (no comments)

リビングのガラスブロック

リビングのガラスブロックの話です。

DSC00990.jpg

我が家のリビングのテレビの横には、
明かり取りのためのガラスブロックが付いてます。

DSC00900.jpg

2×2 のガラスブロックが、
上下に2箇所。

DSC00992.jpg

明るい上に、ガラスブロックそのものがキレイで、
本当に言うことないぐらい素晴らしいんだけど、
さらに気に入っているのが、、

DSC00873a.jpg

この、ガラスブロックから射す光。

ぼけーっと眺めてたくなるぐらい、
本当にキラキラしてます

DSC00879_20131119012837d32.jpg

FIX窓の設置を検討している人には、
FIX の代わりにガラスブロックを検討してみても良いと思う。

よほど道から近づける位置に無い限り、カーテンは要らないし、
ガラスブロック本体も、波打って光が乱反射しているので、
普通の窓みたいに汚れが気にならないし。

DSC01204.jpg

DSC01196.jpg

オススメです

on Web内覧会 (1 reply)

リモコンキーの電池が切れたときの玄関の開け方

ずーっと書きたかった、玄関のカギの話。
(玄関の紹介もしないまま、いきなりカギの話ですが、、)

DSC01588.jpg

LIXIL の断熱ドア 「ジエスタ」。
カラーは 「エクリュアイボリー」。

ジエスタ含め最近の LIXIL の玄関ドアには、
リモコンキーで解錠できるタイプのものがあります。

リモコンで鍵を開けられるからとても便利なんだけど、
鍵(リモコンキー)の電池が無くなると、
「入れない!」 という事態が発生します。

我が家は、入居して早々、そういう事態になってしまいました。。

DSC01591.jpg

これが、リモコンキーの受信部。

リモコンキーの電池が切れると、当然開きません。

DSC01592a.jpg

そういうときは、上の写真のように、
まず、リモコンを受信部に密着させます。

次に、リモコンキーを密着させたまま、もう片方の手で
上のボタンを押し続けます (1秒くらい)。

これで、開くはず。

key.jpg

ちなみに、タッチキーの説明書には、上のように書いてます。

正規の方法は、ピッピッと2回鳴るまでボタンを押して、
その後にリモコンキーを受信部(リーダー)に当てる、と。

ただこの正規の手順より、上で書いたやり方の方が
覚えることが少なくて良いと思います。

また、これさえ覚えておけば、
リモコンの電池は 「切れてから取り替え」 で OK です。
(リモコンのランプが点滅してるかとか、普段見ないので…)

我が家は、これを知らずに締め出されてしまったので、困りました。。
ネットで、「ジエスタ リモコン 電池切れ」 で検索しても、
上のやり方が出て来ないんですね。。

しょうがないから、ちょうど外構工事をしていた大工さんに
リモコンのフタを開けてもらって、中から出てきた電池 (CR2032) を
コンビニで買ってきて、何とか開けることが出来ました。

ということで、、
電池切れでカギが開かなくなった人が、スマホなどで
この記事を見つけて、無事に家に入れることを祈って、、

on Web内覧会 (3 replies)

お風呂について2

ようやく、お風呂の続きです。
といっても、大したことは書いてないけど。。

DSC00186.jpg

鏡は、横長の 「ワイドミラー」。
W1940 x H400 らしい。
おかげで、お風呂がとても広く感じます。

標準の鏡からの追加費用は、定価で \18,500。
まあ普通は、この定価から2~3割引きでの納品でしょう。

DSC00182.jpg

窓の大きさは 060/07.

もう少し大きくしようとしてたのだけど、
構造上の問題で、この大きさが限界だった。

とはいえ、これだけでも結構光が入ってくるので、
結果的にはこれで十分な大きさだと思う。

「開放感」 というよりも、適度な 「囲まれ感」、といった感じ。

カタログとかショールームでは、開放的な広い窓を良くみるけど、
自分がお風呂に 「開放感」 を求めているのか
「囲まれ感」 を求めているのかは、
よくよく考えておいた方が良いと思う。

例えば、日が射している間は、広い窓は明るくて
きれいだけど、これって夜はどうなの? とか。

DSC00156.jpg

何度も記事に登場している、「タオル棚」。
追加費用は、定価で \6,800.

タオルを置いたり服を置いたり、
あるいはお風呂で読むための小説を置いたり、、

実際に使ってみた後でも、やっぱりこれは
コストパフォーマンスの高いオプションだなと思う

DSC00144.jpg

この、「カウンター下収納」 がなかなか便利。
目立たない位置にあるから、浴槽を洗うためのスポンジとかを置ける。

しかも、簡単に壁から取り外して丸洗い出来るので、
そういう点も使い勝手を考えられてて良い感じ

あと、1620 サイズだと、ドアと天井の高さを、追加費用なしで高くできる。

option (2)

option (1)

うまく写真を撮れないので、見積もりをしてもらった時に
もらった pdf の仕様書からの抜粋で。

1620 にするなら、これは絶対に採用した方が良い。
一応ショールームで、両方の扉と天井を見てみたけど、
断然こっちの方が開放感があります。

、、、お風呂はこんなところかなあ。。
また何かあったら記事にします。

ご参考まで。

on Web内覧会 (no comments)

階段について

我が家の階段です。

DSC02075.jpg

踏み板は、床と同じメープル。
というか、床と全く同じ床材を使っている。

メープルのラスティックグレード、横幅は 130ミリ。
チャネルオリジナルで扱っている建材です。

DSC02077a.jpg

厚みは 15ミリ.

この 「薄さ」 がポイントで、これが階段に、
とてもスッキリした印象を与えています。

DSC02136.jpg

床と同じものを使っているから、
階段と床の間も違和感なく、シームレスな印象。

DSC02082b.jpg

寝れてしまうぐらい気持ち良いらしいです。。

DSC02140.jpg

階段のアイアン手すりは、
スタイルハウスさんによる特注品。

ポールの部分は NAGAI というメーカーのものなんだけど、
こう、手すりの部分を 「く」 の字に曲げて、
その先端をくるんっと丸くしたり、、というのは、
スタイルハウスさんが知り合いの鉄工所に頼んで
作ってもらったらしい。

DSC02072.jpg

手すりの受けの部分の金属も、黒いものが無かったらしく、
スタイルハウスさんがスプレーで黒く塗ってくれました。

DSC00010.jpg

階段の腰壁。

笠木を付けてないのと、高さを1メートルに抑えている点、
それに二箇所に穴を開けているのがポイントで、
この辺のおかげで、尺モジュール1つ分の廊下だけど、
全然圧迫感を感じずにいられる。

DSC00011.jpg

最後に、階段の一番上には 160/03 の FIX窓。
間取り決定前の土壇場で追加した窓です。

DSC00013.jpg
DSC00014.jpg

照明はマックスレイ。

「出っ張ってなくて、肘が当たっても割れたりしないような照明」
を探していてようやく見つけたもの。

ガードが付いてるから、
荷物を運ぶときにぶつけても大丈夫

DSC00012.jpg