on Web内覧会 (no comments)

間取りについて考えたこと

間取り決めについて、
我が家で検討したことを書きだしてみます。

最初に工務店さんから提示された間取りは、こんな感じ。

この図面でまず気になったのが、、

この廊下部分。
このスペースは、通路としてしか使えない。

我が家は、メーターモジュールではなく、尺モジュールです。
尺モジュール1個分=910mm x 910mm のスペースのことを、
上手い言い方を知らないので、1コマと呼んでいました。
2コマ=1畳、4コマ=1坪です。

つまりただの通路として、2コマ無駄になる訳です。
豪邸ではない我が家としては、とにかくこうした通路を減らす方向で考えました。

もう一点気になるのは、トイレの向き。
この図面だと、2コマ(1畳)の短辺側から入る形になる。

ここは好き嫌いがあると思うんだけど、短辺側から入るトイレは、
トイレの奥行きが強調されるために、横幅が狭く感じる気がします。

これは写真で見てもそうだし、実際に体験してもそうでした。
トイレは、長辺側にドアを設けた方が、広く感じる。
最近はタンクレスが多いので、余計にそう感じると思います。

ということで、トイレは何とか長辺側から入れるように工夫したい。

最後にこの間取りだと、このスペースが、
空調するのかどうか微妙なエリアになってしまう。

例えば冬にこのスペースを暖めようと思うと、洗面室にエアコンを付けるか、
リビング・ダイニングへと続くドアを開けっ放しにするかしかない。
(全館空調はそもそも不採用に決まってました)

頭の中で、実際の生活をイメージしながらシミュレーションすると、やっぱり微妙。
多分、エアコンは設置しない。 ダイニングのドアは閉めると思う。
つまり、この赤枠のスペースは極寒になるわけで、
まるで 「家の中の外」 のような、素敵とは言い難い空間になってしまう。

他にも、

・洗面室と脱衣室は、出来るだけ分けたい。
・お風呂は 1616 (1坪) よりも大きくしたい。
・玄関にシューズクローゼットを置く場所が無い。
・トイレのドアは引き戸が良い。
・洗面室は、二人が同時に手を洗えるようにしたい。

などと、希望・不満がいっぱいあります。

すさまじく安易だけど、最初はこんなプランも考えました。

単純に壁を取れば通路が消失する訳だけど、
この問題点は、トイレがリビングに直接つながっている点。

特にお客様は、この間取りだとトイレに行きにくいと思うので、
やはりトイレはある程度奥まった所に配置した方が良いなというのが、
このプランでシミュレートした結果から得た教訓。

ダイニングから玄関が丸見えというのも微妙。
ただ、ダイニングは一気に広くなる。

あちらを立てればこちらが立たず。。

絶対に後悔はしたくないから、ベターじゃだめで、ベストを探さないといけないと思ってました。
仕方ないで済ませた後、「こうしとけば良かった」 というプランを思い付いてしまったら、
今後 35年、ずっとそう思い続けながら生活しないといけない。

住んでれば慣れる、と言う人もいるけど、この段階で 「慣れ」 をアテにしてしまうと
家がどんどん 「妥協の産物」 になってしまうと思ったので、慣れは封印しました。

そこで作ったのがこのプラン。

かなり最終プランに近いんだけど、
最初のプランが12月初め、このプランが2月なので、
ここに至るまでに、実に三ヵ月近く掛かってます。

トイレのドアが長辺側にきて、開き戸ではなく引き戸になっている。
洗面室の奥にあるので、「奥まった場所」 をクリアしているだけでなく、
出てすぐの洗面室で手を洗える。(実際にはトイレの中にも手洗い器を設置)

通路で消費されていた2コマに、ダイニングから拝借した2コマを追加して、
合計4コマの脱衣室に。おかげで洗面室に洗濯機を置かなくて良くなるので、
二人が同時に身支度を出来るだけのスペースも確保できています。

「洗面室の奥にトイレを配置する」、というアイデアは、
一緒に間取りを考えてくれた叔母によるもの。
間取り検討は、このアイデアがブレイクスルーだったと思う。

間取りを考え始めて二ヵ月目くらいのとき、どう動かしても
納得の行くプランが作れなくて、もう無理かも… と思い始めていたのだけど、
そのときにこのアイデアをもらって、「あ、やばい、何とかなりそう」 と
気分が一転したのを覚えています。

何より、広さ的にはダイニング側の2コマをいただいただけなのに、
各パーツの移動によって、ここまで不満が解消されて希望が実現したことに、
自分で作りながら驚きました。

「ほら~、やっぱり納得の行くプランが存在するんじゃん!
隠れてないでさっさと出て来てくれたら良かったのに」 という感じ

こちらが、ようやく完成したプラン。

最後の最後に、禁じ手 「坪数アップ」 を使って、
お風呂を念願の 1.25坪 (1620) にして、脱衣室をさらに広げました。

これで、脱衣室に洗濯物を干しても、息苦しい狭さにはならないはず。
洗濯機と干す場所が同じなので、動線も問題なし。
洗面室に収納スペース (IKEA のキャビネットを設置予定) を設けたので、
干す場所から収納場所への動線も良い感じです。

建築床面積を増やすために、ローンの金額を上げないといけなくて、
その辺の銀行とのやり取りは面倒だったけど、その価値はありました。

脱衣室のドアは、防犯の観点から削除。
泥棒が入るとしたら、真っ先にここをチェックするだろうし、
その上かなりの頻度で、鍵を閉め忘れる気がします。

何より、こういうドアは高いです。その割に使用頻度は高くない。
要は、コストパフォーマンスがあまりよくない。
これ一個を減らすだけで、残りの窓をグレードアップ出来てしまう。

これで自分たちが理想とする間取りは出来上がったのだけど、
構造上の問題はノーケアです。 案の定、問題ありました。。

自分たちで考えていたときは、あえて構造上の問題は気にしないことにしていました。
理想的な間取りも出来上がってないのに、そこに 「構造」 という制約パラメータを
入れてしまうと、何が何だか分からなくなる。
そこはプロに任せましょう。お金払ってるんだから。

ということで、上記のプランは、工務店さん曰く
「プロの設計士なら絶対に書かないような間取り」 らしい。
まあ、二階の壁の位置とか、通し柱の位置とか、完全無視でしたからね。。

そこは工務店さんに 「何とぞ、上手いことよろしく…!」 と伝えて、頑張ってもらいました。
結果、上の写真の赤丸の部分、ここに柱を立てて良ければ、
構造上の問題は解決するけど、どうですか? という提案をいただいて、検討。

結果、前に書いたように 「構造上の柱を見せ柱にする」 というアイデアに
辿り着いて、これでめでたく、構造チェックをクリアした理想の間取りが完成しました。

IMG_0003.jpg

これは、完成後の Web内覧会 (「ダイニングとリビングについて」) の写真だけど、
奥の2本が、上の図面で赤丸を付けていた柱です。

その後も、「脱衣室をR壁にするとドアが小さくなる=洗濯機が通らなくなる」 など、
素人ではなかなか気が回らない点をチェックしてくれて改善しています。
結局R壁は、PCルームに移動しました。 (「PCルームについて」)

あと、ここには書いてないけど、実はキッチン側の方がもっと大変でした。
構造上の問題が大きかったのもキッチン側。
あーでもない、こーでもない、と、N山さんと設計士さんで知恵を絞ってくれたようです。

「あー、無理ですね」 とサラッと言って終わりにしない所がスタイルハウスさんの良いところで、
せっかくお施主さんがここまで考えられたんだから、何とか実現しよう、という
心遣いがヒシヒシと伝わってきました。

未だにあんまり進んでないけど、Web内覧会の様子です。
これで、上の図面が大体どんな感じになったかが分かると思う。
また追記していきます。

ダイニングとリビングについて
トイレについて
脱衣室について
PCルームについて
洗面室について2
家のコト/玄関について

on Web内覧会 (no comments)

二階の子どもリビング

ふたたび重い腰を上げて、、

二階の子ども部屋です。

DSC03814.jpg

14畳の勾配天井。

「子どもリビング」 として、子どもが集まって思い思いに遊べる、
子ども専用のリビングを目指しました。

将来はここにソファとテーブルを置いて、子どもたちが好きな映画を見たり、
好きな本や雑誌を読んだり、一緒に勉強したり出来るような空間になると良いな、と。

DSC03817.jpg

具体的な数値は忘れたけど、床から天井の一番高いところまで
4メートル近くあるので、かなりの開放感があります。

この部屋の押入れをなくす代わりに、勾配天井にしてもらいました。
ピッタリ相殺できたのかどうかは、、覚えてない。。

ただ、押入れが意外なほど高くつくのにびっくりした記憶があります。
そのため、我が家では4畳の WICL で集中収納して、各部屋には必要に応じて
IKEA とかの背の高いキャビネットを置くことにしました。

押入れを後からなくすのは大変だけど、キャビネットなら簡単に模様替えできる。
この辺はまた記事にします。

シーリングファンはオーデリックの WF813.
前にも書いたけど、静かというよりは 「無音」 です。
それでいて、はっきりと風を感じるくらい、風量は大きい。

その辺は、こちらで少し記事にしてます。
 「シーリングファン
 「外観とシーリングファン
 「外構工事 #03 と薪ストーブ検討

この部屋は、ダウンライトの選択が難しかった。
勾配部分に付ける上に、シーリングファンの羽に出来るだけ干渉させたくないから、
照射角度にかなり気を使いました。 この辺もまた今度。。

DSC03815a.jpg
DSC03831.jpg

こんな感じで、壁沿いにおもちゃ入れを置いてます。
ニューブロック用、プラレール用とかちゃんと分けてるんだけど、
まあ子どもに取っては知ったこっちゃ無いんでしょう、自然とミックスされていきます。

DSC03909a.jpg

煙突の横は音楽コーナー。
アップライトがほしい。。

ギターは子どもに触られると危ないので、壁掛けです。
それに、スタンドよりも壁掛けの方が、地震のときに安全らしい。

DSC03856a.jpg

HERCULES STANDS (ハーキュレス・スタンド) というもの。
ギターを持ち上げると、このフタ?、みたいなものが持ち上がる仕組み。

いろいろ悩んだんだけど、アコースティックギターみたいにネックから背板までが
分厚いタイプは、これぐらい壁から前に出てるのが良いみたい。
別にエレキギターも掛けようと思っているのだけど、そちらはもっと薄いタイプで良い。

DSC03839.jpg

ドアは二つ。
ここで部屋を区切って、14畳を6畳と8畳に分けれるようにしています。

本当はさっき書いたように、子どもリビングとしてみんなで使える空間に
なった方がうれしいんだけど、まあでもきっと、個室が欲しいって言うんだろうな。。

DSC03850.jpg

ドアノブは、クイックセット (Kwikset) というメーカーのもの。
「コモンウエルス」 というタイプの、「アンティークブラス」 というカラー。

中から光る感じの落ち着いた光沢が特徴で、開閉もスムーズです。
とある雑貨屋さんで見つけて、これが良いなと思っていたら、
ちょうど建具を選ぼうとしていた NAGAI というメーカーが取り扱っていたので、
ちょっとプラスになるけどこれにしました。

ドア+ドアノブもまた別に記事にします。

DSC03923.jpg

ハンモックは、浮遊 (Fuyuu) というメーカーのもの。
正確には、ハンモックではなく 「ブランコモック」 です。

DSC03960.jpg
DSC03961.jpg

FESTA エーデルワイス」 というタイプなんだけど、色がすごく綺麗。
こんな感じで、セットで付いてくるカラビナで吊り下げます。

DSC03854_20140119162050c36.jpg

DSC03941.jpg

こんな感じで、ブランコモックに揺られながらテレビを見れる。

テレビは、一階のテレビと同じく、LAN と HDMI が配線されてます。
これはソニーの BRAVIA だけど、LAN でホームネットワークに接続されているので、
DLNA で一階の REGZA で録画した番組が見れる。

最初は CD 管に LAN ケーブル (10メートル) を通すのが面倒だったので、
手元にあった無線 LAN ルーターで接続してたんだけど、残念ながら接続が不安定。

接続された機器 (要はレグザ) の検索に 1/10 ぐらいの確率で失敗するのと、
見つかっても、録画した番組のリストを表示するのが遅かったりする。

まあ、そんなに電波強度の高いルーターじゃないからかもしれないけど、
有線に変えたら一気にサクサク動作するようになりました。

DSC02905.jpg

と、そんなこんなの二階子ども部屋でした。

 「上棟78日目 #03
 「石膏ボード貼り

on Web内覧会 (6 replies)

洗濯物干しアイアンハンガー2

脱衣室について」 と、
洗濯物干しアイアンハンガー」 でご紹介した、
アイアン製の洗濯物干しについて。

DSC04379a.jpg

2013年の9月から使い始めたので、そろそろ半年弱。

今のところの使用感だけど、非常に使い勝手が良いです

最近はストーブの前で乾かすことが多いんだけど、
それでも洗濯機から取り出した洗濯物は、ここでいったんピンチハンガーなどに
干していくので、この場所に物干しがあるのはとーっても便利。

もちろん、ここは脱衣室なので、洗濯物だけじゃなく
お風呂に入る時に脱いだ服とかも掛けておけます。

DSC04381.jpg

脱衣室の天井の高さは 2400mm。
(ここは梁を出してないので、標準的な高さになっている)

で、このアイアン製の物干しは、床から 1940mm、
天井から 460mm の位置に設置しています。

この高さは、

1) 頭が当たらない
2) 軽く腕を伸ばした状態でポールを掴める

で決めました。
これは、オーダーするときに高さや長さを決めないといけないので、
我が家の場合はアパートで検討して決めました。

DSC04383.jpg

ちょっと難しかったのが、前後左右の設置場所決め。

洗濯物を干したときでも部屋の奥まで照明が届いて、
かつ干す作業のときに照明が邪魔にならない位置。

madori.png

工務店さんの女性の方々と一緒に、現場で検討して決めました。

大体こんな感じの位置です。

DSC04442.jpg

ところでこのアイアン製の物干し(本当はカーテンレールなんだけど…)は、
ドロッグリという雑貨屋さんでオーダーで作っていただいたもの。

そのときに、クリア塗装をするかどうかを選べたので、
一応クリア塗装してもらいました。

DSC04435.jpg

これが、クリア塗装をしてから半年弱たった後の表面。
結構剥げてます。。

これは上から撮ったところなんだけど、ハンガーを左右に動かしたりするので、
どうしても上の部分は剥げてツルツルになっちゃうみたい。

まあ吹付け塗装なので、仕方が無いですね。
室内での使用だから、錆びが出たりという問題は特に無いだろうと思ってます。

DSC04414.jpg

こちらは、いつもの目線というか、下から見たところ。

ところどころ剥げてるけど、これが味になってるというか、
この使い古した感が意外と気に入ってます。

結果的には、吹付けのクリア塗装でよかったかな、という感じ。
全体的には、本当に満足度が高くて気に入ってます

on Web内覧会 (5 replies)

室内ドアのチャイルドロック

「付けておいて本当に良かった!」 と思うものに、
室内ドアのチャイルドロックがあります。

DSC04517.jpg

これがその、室内ドアのチャイルドロック。
こだわったポイントは、このロック、反対側も同じ形状なんです。

上の写真が玄関側で、、

DSC04514.jpg

こっちが室内(ダイニング)側。

自力で探したときは、どうしても片面がカギを挿すタイプになっていて、
こういう両面サムターンタイプは見つけれませんでした。

でも、チャイルドロックのために、室内にカギを掛けるなんて
面倒なことはしたくない(面倒なことは続かない)。

LIXIL などのドアには似たようなロックを特注で付けれることもあるんだけど、
我が家は木製のドアを使うと決めていたので、それも不可。

ということで、自力では無理、、と思い、
スタイルハウスのインテリアコーディネイターのHさんに相談すると、、

case_key.jpg

見つけてきてくれました!!!

スペースケース鎌錠」 というもの。
希望のとおり、両面サムターンです。

LIXIL だと、「チャイルドロックの取付位置変更対応はできません」 なんていう
制約が付いてくるんだけど、こちらは設置高さは自由自在です。

ドリルで穴を開けれる材質なら、どんなドアにも付けられる。
こちらが指定した位置に、大工さんがさくっと付けてくれました。

で、こちらがその効果です。

DSC04518.jpg

ドアをガチャガチャして、玄関に出て行こうとしています。
(前のアパートでは、こうやって何度も脱走されました)

DSC04521a.jpg

が、開きません。
チャイルドロックが掛かってます

DSC04523.jpg

どうやら、疲れてきた模様。

DSC04525a.jpg

あきらめました!!

、、、と、こんな感じで、
我が家では無くてはならないモノになってます

on Web内覧会 (11 replies)

スタイルハウスさんで家を建てた感想

このブログで事あるごとに名前を出してますが、、

我が家は、スタイルハウスさん(以下SH)という
京都の工務店さんに家を建ててもらいました。

StyleHouse.png

http://www.plusstylehouse.com/

家を建てて約半年が経ったので、良いこと悪いこと含め、
「我が家から見た」 スタイルハウスさんの印象を書いてみます。

結構な長文です。
写真も使い回しなので、興味のある方だけ読んで下さい。。

(※ 最後にちょっと追記しました)